小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << August 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「すま猫・小径 もんじゃリベンジの道行き」
昨夜、ついに決行致しました、「もんじゃリベンジ」

前回挑戦したお店は、ついに正体がわからずおばけ
夜営業しているはずの時間に電話しても
「只今近くにおりません」とかなったらしい(すま猫さん言)

それで別のお店を発掘して予約までして行きました。

作り方も食べ方もよく解らないから・・・と前おきしたら
全部店員さんがやってくれました。

でも、その前にビールでかんぱーい!!
焼けるまでに注文したおつまみも美味しかった。

そしていよいよ、憧れのもんじゃ焼きハート

小さなコテを取り出すと、
ふたりとも「わ〜〜!テレビでもこれで食べてた!」\(*^▽^*)ノ

と、なんでも感動、感激してしまうふたり。

「もう食べていいですよ。この辺のおコゲの部分から・・・」と言われ
早速コテですくって食べて見たら・・・

「いや〜〜!!美味しいじゃないの!!」\(◎o◎)/!
「予想以上だわ!」
「ふん、ふん、美味しい!」
を連発しながらもおしゃべりにも花を咲かせ
ビールが半額だというので「もう1杯」

もんじゃだけではやはり満腹にはならないので
すま猫さんは食べたことがないと言う
「ソバめし」を注文。

これもとっても美味しかった。
そして締めにはやはりお好み焼きですね。

これも「今まで食べたことのないのにしよう」と言う事で
「チーズと餅」というのを食べました。

これもまた大層美味でありました。
何か、別のお酒を注文しようか・・・と思いましたが
もし、歩けなかったら困るからとやめにしました。

夜遊びは初めてのすま猫さんも、今夜は急いで帰らずともよい
ということで、その後はカフェでお茶をして
9時過ぎにはお開きにしました。

本当に楽しい一夜でした月

| komichi | - | 18:54 | comments(2) | - |
TERUさんの話題・・・ふたつ
これは昨日mixiに書いた記事ですが
こちらにも・・・

グレ友さんからメールが来て
「TERUさんのブログ『365の光り』で、TERUさんの指が大変なことになってる!!」って来ました。

出先だったので、帰宅して真っ先にPCの電源いれて見ました。

先日のサンフランシスコで入れた
指のTatoo。

それが、いつもの所が休みだったので
別のところでして貰ったとかで
化膿した後なのか、瘡蓋になってるみたいな写真がアップしてありました

「気持ち悪い人は見ないで・・・」みたいなこと書いてあったけど
見てしまいました。

このTatooには、ファンから凄い反響があったらしい。

「綺麗なTERUさんの指にTatooはやめて〜〜!!」と。

本人は「別に自分の手が綺麗だとは思ってない」と書いてましたけど
これは、認識不足ですよ。

私がGLAYを好きになってすぐ、テレビを見ていて「あっ!!」と衝撃を受けたのは、バラードを歌う時にマイクを掴んでいる
その手の美しさ

あれから9年が経ったけど、
今でも手だけに見とれているときも沢山あるのです。

Tatoo自体、それほどいけないこととは思いません。
ただ、やっぱり体に負担がかかることと
一度いれたら、消すのがとっても困難だから
一時の衝動、若気の至りで入れてしまって
その後後悔している人も多いらしいから
その辺のことも考えて欲しいなぁ・・・って思ってしまうのです。

TERUさ〜〜〜ん、あなたの指は宝物ですよ〜〜!!
わかってくださいね〜〜!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、明日の「笑っていいとも」の
テレフォンショッキングは・・・TERUさんです!!

今日のゲストはFLOW(名前が確かでないのですが・・・)で
100人のアンケートまで見てテレビ消してしまいました(>_<)

その後にお友達紹介でTERUさんが出たんですよね!!(T_T)

残念〜〜!

少しして、今東京に遊びに行ってる娘からメールがきて
この情報を教えてくれました。

早速皆さんに「速報!」で流しました。
その後にまた娘からメールで
原宿「キャンディー・ストリッパー前で
ロケをしているタモさん」という写メが来ました。

多分タモリ倶楽部だろうと思います。

タモリさ〜ん!明日お手やわらかにね。
| komichi | - | 17:54 | comments(2) | - |
☆読了☆

春から読み始めた「チボー家の人々」
やっと読み終わりました。

あと解説が数ページ残っているのですが
今朝、いつもなら二度寝するところを寝ないで読み、本編読了。

いや〜〜、凄かった!!

13巻の超長編で、途中、第一次世界大戦前夜の
ヨーロッパの情勢が延々と語られるところは
睡魔との闘いでしたが(笑)
いよいよ、開戦!と同時に
話は怒涛のごとく進んで行きました。

それと同時に止められなくなって
4冊を一気に読んでしまいました。

子どものときに家の本棚に巨大な本が置いてあったあの頃から
いつかは読まなくっちゃ・・・と思っていて
手出しできなかった大作。

さすが、ノーベル文学賞受賞作品ですね。

こういうことだったのか〜〜〜・・・

今はまだ噛み締めている状態で
何をどう言ったらいいのか、わからないのですが
ジャック、アントワーヌ・・・頭をよぎるたびに
涙が出そうになります。

muupontmさんが前に書いてくれてたように
この作品には膨大な数の登場人物がいて
覚えるだけでも大変だったのです。

読んでる時は、「え〜〜?誰だっけ?この人・・・(ーー;)」
みたいなことがしばしば。

そして、「こんなに大勢の人が出てこなくてもいいじゃないの〜?」
なんて思っていましたが
どうしてどうして、その人達全部が今は
生きてなおこの本の中に存在しているような気がしてしまいます。

そして、ふたたび、は〜〜〜ぁ、読んだ〜〜・・・と噛み締めております。

| komichi | - | 17:51 | comments(5) | - |
クラフト・テープ
以前は雑貨屋さんやホームセンター、文房具店など
どこにでも売っていた
クラフト・テープという物。

実家の母が空き箱に貼りたいから買って送って・・・というので
軽い気持ちで引き受けました。

ところが、総数7件のお店を廻ったけど全く売ってない。

仕方なくネットで探したら、ありました。
でも1本が300円なのに送料が640円。

これじゃ割りがあわないからやっぱり探そう!!と頭をしぼり
思いつきました。

ちょっと離れたところに包装材の専門店があったと。

それで行ってみました。
そしたら、探して探して、やっと隅の方に
投売り!みたいな感じでカゴに放り込んで幾つかありました。

あまり模様を選ぶ余地もなく、4本ほど購入。
今急に要るわけじゃないけど
こんなに売ってないのなら、私も買っちゃおうと思って。

だけど、どうして、こう日本人て心変わりが激しいのかしら。
流行っているときはどこに行っても同じもの売ってるのに
ちょっと経つと、すっかりなくなっちゃう。

便利なものは生産、発売し続けてくれないかな〜〜(>_<)
| komichi | - | 20:27 | comments(2) | - |
領収書の整理と保管

写真は下から、シュレッダー、靴箱の領収書入れ、シュレッダー行きの書類入れ、です。

いらない書類やDMなどを毎回シュレッダーにかけるのは
時間と手間の無駄なので
この箱にポンポンいれておきます。

そして万杯になったらシュレッダーにかけるのですが
そのときに今一度、必要なものはないかを確認しながら
できるので、安全です。

そして、領収書やカード類の請求書などを
保管しておく場所に困ったいて、
このマンションに転居してときから、
収納場所が少ないので
あっちにしたり、こっちの引き出しにしてみたり
と試行錯誤だったのですが
やっと、この形態に落ち着きました。

でも書類いれの下の靴箱の蓋を開けていれるのが
いちいち面倒臭くて、つい、箱の下、蓋の上に挟んで積み重ねている
状態が続いていました。

それで今朝、ふと考え付いて
箱の手前部分にスリットみたいに切れ込み口を開けて見ました。

そしたら、これ、凄くいい!!
手前から、すっと、差し込めばいいのですから。
そして一杯になったら下から順番にシュレッダー行き。

我ながら良い考えだわ〜〜!!\(*^▽^*)ノ
と自画自賛(笑)

これで、この場所がすっきりしました。
| komichi | - | 17:31 | comments(4) | - |
みけ猫書店
harumamaさんにご教示願って
やっと、一昨日、Amazonに古書を出品しました。

その名も「みけ猫書店」

とりあえず、私の単行本2冊。

そして、まあ、売れないだろうけど・・・と夫のサスペンスを1冊。

手続き完了するまでに、凄く緊張してしまい
終わったときはどっと疲れました。

翌朝、何気なくメールチェックをしたら
なんと!!夫が読んだ本が売れてました。

嬉しかったけど、一段と緊張してしまい
それから色々と手続きをして、納品書とか住所とかをプリント。
承諾メールを出したりしたのですが
その文面をどうしたらよいのか
解らなくて、過去に私が買ったときに届いていたメールを
探して、そこからコピペ。

随所を書き変えてメール発送。

その後に包装して発送準備・・・ふ〜〜ぅ( ̄□ ̄;)
かなりの労力を要します。

それで純利益は・・・240円くらい。

それで気をよくして、次にまた夫のサスペンスをアップしたら
即買い手がついて、またもひとり大騒ぎ。

先ほど、2冊を発送して来ましたが
2冊合計の純利益は・・・400円ほど。

なんだか、割り切れない(ーー;)

でも、BOOK-OFFに売りに行ったらもっと二束三文だし。

お金を得るのは本当に大変だ〜〜(@_@;)

とりあえず、あと1冊追加して3冊を売りに出している状態です。

売れたら嬉しいけど、これ忙しいときだったら
やってられないかも・・・
| komichi | - | 18:22 | comments(8) | - |
非常用ラジオ

ここのマンションに入居して気づいたこと。
それは、ラジオが一切はいらないことでした。

AMは勿論FMも(T_T)

それは震災後に建てたマンションなので
建物の内側にも外側にも物凄く太い鉄骨が入っているからです。

それでFMはケーブルテレビの回線を利用して
コンポに繋いでいるので、コンポでなら聞けます。

だからポータブルのラジオは非常用としてだけあったのですが
先日つけてみたら、壊れてました。
もう10年以上前のだからしかたないですね。

ということで買って来ました。

乾電池でも使えますが、電池がないときのために
手回しで発電してラジオを聞けます。
ライトも2種類切り替えで点灯します。

そして、このために1000円多く出費して
この手廻しでケータイに充電ができるという機能つきにしました。

上の小さなアダプターがケータイの各会社ごと専用になっています。

他に袋とオレンジ色の笛がついていました。

試しに手回ししてみたら、ちゃんとラジオもついたし
ライトも点灯しました。
ケータイ充電までは試してないのですが、そこは信用することにしましょう。

という優れ物ですが・・・

どうぞこれが役立つことが起きませんように(−人ー)
| komichi | - | 19:25 | comments(0) | - |
座敷わらびちゃん


五日市剛さんのキャラクターである
座敷わらびちゃん。

このぬいぐるみはとっても可愛くて、私も持っています。
ベッドサイドにいつも座っています。

それを見て、harumamaさんのお嬢さんである小学3年生の
「ねこちゃん」が、今日、自分ひとりで作った作品です。

以前、私がもっていたいろいろなハギレとかを貰って貰ったのですが
それを利用していろんな物を作ってくれます。

このわらびちゃんの服はその布で作ったとか。
シャメを送ってくれたのでご本人の承諾を得てアップしました。

小3でこれを一人で作るって・・・まるで
私の小さい時みた〜い!!(爆)
将来が楽しみです〜〜☆
| komichi | - | 20:07 | comments(7) | - |
いつか見る虹
「徹子の部屋」に出演した歌手のイルカさんをみました。

昨年、パーキンソン病で20年の闘病生活の後に他界された夫のことを
淡々と語りながら、この曲のことを話していたので
聞いてみたくて探してみました。

ここで、見れます。

http://jp.youtube.com/watch?v=C5i-XyME6oA

スメタナの曲「モルダウ」にイルカさんが詩をつけたのだとか。
心打たれました。

バックの映像もチェコの美しい風景にアニメがマッチして
とっても綺麗です。

GLAYがチェコに行ったこともですが
最近なんだかチェコ関連の話が多く耳に入ってくるような気がします。

すぐに飛べるように、下のコメント欄にもう一度URLをアップします。
そこから飛んでください。
| komichi | - | 20:16 | comments(3) | - |
本当はいけないのでしょうけど・・・
英文和訳、みつけたので
下のコメント欄にのせます。

密かに・・・ということで許して下さいm( _ _ )m
| komichi | - | 18:11 | comments(9) | - |
2日で読んだ

先週美容院に持って行って読み始めました。

いつもなら、担当のイケメン美容師さんと
ぺちゃくちゃおしゃべりするのですが
この時はページを開けた途端引き込まれて
ひたすら没頭してしまいました。

もともとこの美容師のSさんから東野圭吾を教えて貰ったので
「容疑者Xの献身」を見せたら、「いや、知りません」という返事。

この東野圭吾と言う人、とにかく多作で、
凄い数の作品があります。

その内容も多岐にわたっていて、ただ普通のサスペンスとしてだけみることはできません。

私はまだ「時夫」と「白夜行」しか読んでなくて
続編といわれている「幻夜」(げんや)は手元にありますが
手を付けていないのです。

この「容疑者Xの献身」は読み応えのある小説でした。

内容は書くとねたばれになるので、やめておきますが
お薦めです。

ずっと、同時進行で読んでいる「チボー家の人々」が
11巻目「1914年夏掘廚泙任たのですが
第一次世界大戦前夜のヨーロッパの政治情勢を延々と読んでいくのは
かなり辛いものがあって、
主人公達の個人的な風景のときはどんどん進んでいくのですが
インターナショナルの同士達の会話のやりとりは
読んでると、必ず眠くなります(笑)

これはやはり若い時に読んでおくものなのではないかしら・・・と
思ったりしています。

さて、結末にむかってどう進んで行くのか
やっとペースも速くなりそうです。
| komichi | - | 18:26 | comments(6) | - |
「すま猫・小径 炎天下もんじゃの道行き」
「3年B組金八先生」を見ていてると、生徒がいつも学校帰りに
もんじゃ焼きを食べていました。

今やってるNHKの朝ドラでもかなり頻繁にもんじゃ焼きを食べる場面がでてくるらしい。
私は見ていないので、わからないのですが
友人・すま猫さんがこれに惹かれていて食べてみたい・・・と。

私は子どものころ東京に住んでいましたが、
杉並だったので、いわゆる下町のことは知りませんでした。

だから、私も一度は食べてみたいと思っていました。

そこで、二人で「食べに行こう!!」と決定。

娘に食べたことがあるか?と聞いたら
「浅草で食べたことがあるけど、なんで大阪でわざわざもんじゃなん?
お好み焼きの方が全然おいしいで。
あれはどう見たってゲ○にしか見えへんから」という
いつもながらの辛口コメント。

それでも「ビールでもんじゃ」を合い言葉に、
昼間からもんじゃ食べさせてくれるお店をお互いに検索して
曽根崎のお初天神ちかくのお店に決定。

昨日ついに決行いたしました。

ちゃんと、地図とクーポンを出して持参。
ところがふたりとも凄い方向音痴で、地図をグルグル廻しながら
ためつすがめつ・・・わからない(>_<)

ここは曽根崎心中の地元ですから
「お初・徳兵衛 雪の道行」ならぬ
「すま・猫小径 炎天下もんじゃの道行き」です。

近くまで来ているはずなのに、行きつかない(>_<)
ついに電話してみることに。

そして、繋がってみると、「つい最近営業時間がかわりまして
5時からしかやってないんです」だって\(◎o◎)/!

「え〜〜〜!!」どうする?なんで?なんで?と苦情を言ってもしかたない。

それで、ひょっと横を向いたら、こちらでは有名なお好み焼き屋さんがありました。

「ここでもいっか」「いいわ」
ということで、すんなりお好み焼きで手を打ってしまいました。

でも、今回のもう一つのテーマ。
それは「昼間っからビール」(笑)

宴会でもなんでもないのに、品行方正、由緒正しき主婦二人が
昼間っからジョッキで生ビール!!

私はGLAYのOFF会や、LIVE終了後の居酒屋を何度も体験してますが
すま猫さんはとっても大和撫子なので、今回が初めて。

ただ、お好み焼きを食べるのでなく
まず、大阪名物の「トンペイ焼き」、「パリパリギョウーザ」「トマトのキラキラサラダ」なるものを注文してそれをおつまみに
生中で「かんぱ〜〜〜い!!」

美味しくて、美味しくて、勢いにのって
生中おかわり!!
お好み焼きも今まで食べたことのないのを選んで注文。
しかも、追加注文まで。
どんだけ食べんねん!ですけど(笑)

でも、ふたりとも全然酔っ払った感じなし。
顔が赤くもならない。

お互い「へ〜〜、結構強いのね」と笑いあって
「場所変えようか」「ふん」と、いうことで
いざ、別腹のケーキ屋さんへ(爆)
またまた、どんだけ食べんねん!!

お腹いっぱいなのに凄く美味しい!
喋り倒して、満腹になって別れ際
「もんじゃはそのうち夜にリベンジね〜〜」

さすがに夕ご飯は食べられなかったけど
楽しかったわ〜〜\(*^▽^*)ノ
| komichi | - | 17:21 | comments(3) | - |
小田和正と「GLAYだったら・・・病」
昨日、hana☆さんが横浜アリーナの小田和正ライブに行ってきたそうです。

今日はmuupontmさんがご夫婦で行ってるはず。

hana☆さんからのメールで
10:05終了で約3時間のライブだったとか。

横浜は彼の地元なのだそうですね。しらなかった。
それで「地元だと呼びもしないのに友達がくる」「彼らの顔を見ると
すっかり歳をとったんだなと思う」とMCで言ってたとか。

そうですよね。
小田さんはうちの夫と同級生で62歳ですよ\(◎o◎)/!
タモリとかも一緒だと思います。

一般人と芸能人を一緒に考えちゃいけないとことはわかっていますが
このあまりの格差にやっぱり愕然としますよ。

そして、横蟻のステージがGLAYのときと随分ちがった形に組まれていたとか。細長いステージを縦横に組み合わせてあって
そこを走りながら歌ったりするらしい。

スタンド席のすぐ側まで行ったりして
「ジャニーズか!!」って、ナイスツッコミ(笑)

hana☆さんの席がセンター席のステージ横の最前列だったとか。
手を伸ばせば届くような近さで
「あぁ・・・これがGLAYだったらなら・・・」と思うばかりだったそうです。

この感覚、本当によくわかります。
どこの会場に行っても、何を見に行っても
よい会場だったり、よい席だったりしたらとくにですけど
いつも、いつも
「あぁ・・・これがGLAYだったら・・・」と思ってしまいます。

なので、これを「GLAYだったら・・・病」と名づける事にしました(爆)
| komichi | - | 18:16 | comments(14) | - |
借りてきました

久々にツタヤからCDを借りて来ました。

左上から、今更ながらですが・・・「SEX PISTOLS」
その横が「hyde」
左下が「小田和正/自己ベスト」
その横が「LINKIN PARK」
「僕達の洋楽ヒット 1967〜68」

この5枚です。

「PISTOLS」はあちこちで耳にして、すでに知ってるつもりでしたが
ちゃんと聞いた事はないので、借りてきました。
さすが、パンクの元祖ですね。

「hyde」君はソロでもやっていたことを
チョコさんから聞いて、一度聞いてみようと思ったのです。

「LINKIN」はhana☆さんが過日ライブに行ったらしいので
私も聞いてみようと思いましたが・・・かなり激しいのと
ラップっぽいのが結構あって、これは私がダメかもしれないです。

「小田和正」はこれは懐かしいのと、寝る前に聞くのはいいかも
と思ったので。

「洋楽」はもう、懐かしさ満載。
先日のカフェでのBGMが引き金ですね。
ちょうど私が中学生のとき、ラジオから毎日のように流れてた曲達ばかりです。
| komichi | - | 19:55 | comments(2) | - |
「崖の上のポニョ」

観て来ました。
穴場である小さな映画館を狙って、朝電話したら
「日中は常に超満員なので、夜でしたら入れます」という返事。

今ちょっと事情があって、夫が不在なので
普段はできないことですが、グッドタイミング♪
6:40始まりで観て来ました。

まわりは殆ど子どもとママ達。
でも中にぽつぽつと会社帰りらしきネクタイ姿の男性が一人で・・・というケースもあって、50歳過ぎたおばさん一人で観に行ってるのも
そんなに肩身がせまいわけではありませんでした。

感想はですね〜〜〜・・・なんと言ったらいいのか・・・

一言で言えば、「私は好きです」
帰りのメールやりとりで、友人のお嬢さん二人は
「宮崎さん、なんか自分の世界に行っちゃったって感じだよね」と
おっしゃったとか。

この表現は図星だと思います。

ネット上での感想を幾つか読んでみたのですが
「全く無害のこども向きアニメ」という評が多数のようです。

が、宮崎ファンとして長く作品を見てきた人に感想の中には
これまでの作品とは全く一線を画してしまった・・・と書いてありました。

現実世界(社会的要素)とファンタジーの世界の比率が
これまでと逆転している・・・というのです。

これ、当たってると私も思います。

私はまず、このポニョというキャラクターが物凄く可愛い。
テレビのCMの場面に頻繁にでてくる
波の上を疾走して「宗介んとこ行け〜〜〜!!」って
叫んでるあの姿を目にしただけでなぜか胸がキューンっとなってしまいます。

「人面魚」なんだか「半魚人」なんだかわからないし
金魚(淡水魚)なんだか海の魚なんだかもわからない。

それがだんだん人間になっていく様子も私は凄く可愛いと感じます。

それともうひとつは「千と千尋」や「ハウル」のときもでてきた
「水の風景」
これがいいようもないくらい心地よい。

つなみの場面は怖いですけど
朝起きてみたら、床の下あたりまで全てが海になってて
しかもその水が透明で、魚が泳いでいるって
普通だったらとてつもなく怖い状況なのに
それが、なぜか懐かしい。

「千と千尋」のときも、ヒタヒタと足元をぬらす水の中を
歩いて駅まで行く時の風景が
心がかきむしられる程懐かしかった。

あんな風景、現実に見たことがあるわけないのに
そのどこまでも澄み切った水と空の風景に身を委ねたい!!って
感じるのはなぜなのか?

宮崎駿さん、この人はだんだん異界に住んでる時間が長くなってきているんじゃないかな・・・って、思いました。

それと、宗介が両親のことを
「リサ」「コウスケ」と呼ぶのです。

これにはやっぱり物凄く違和感があって
なぜに、「ママ」とか「お父さん」とか言わないのか?

でも、理由もなくそう設定している訳はないと思うので
考えてみると、
ファンタジーの世界で「名前」というのは
物凄く大切な役割を負っているんですね。

本当はファンタジーの世界で、だけじゃなくて
この世界も全て「名前」がある、「名づけられる」ことが
イコール存在すること、と言えるわけですから
安易に全ての人を代名詞で呼ぶ事が主である
今の日本社会に対する提言なのかな?とか
穿って考えたりもしました。

まだ、まだ、色々考えるべきことがあるような映画でした。

そして、やっぱり、私はもう一度みたいですね
この作品。
| komichi | - | 18:25 | comments(6) | - |
救われるわ〜〜(^o^)

先週の頭にかなりのストレスを溜め込んだ状態で
ホメオパシーの先生のところに行ったのですが
先生からこの本を薦められて、帰りの駅で買いました。

読みながら帰宅したのですが、もうとっつきから面白い!!

実はこの本の存在は前から知っていたけど
これまでにもよくあった「自己啓発本」かと思って無視していたのです。

表紙の絵もあまり好みでないしね。

でも、先生が「大阪弁を喋るガネーシャ(インドのゾウの神様)
最高やったわ!!\(*^▽^*)ノ」って言われ
先生自ら覚えているガーネシャの台詞をいくつか言ってくれたのです。

「こんなのでも読んで、大笑いしてストレス、ふっ飛ばして下さい」と
言われました。

その通りに2日間で読んでしまって、大笑いでした。

しかも、この本の帯の裏面に載ってる
読者からの感想・・・に、私の知人らしき人の文章が載ってて
友人にメールで聞いてみたら、やはりその人だとのこと。
驚きました。

そして、そして
2日に届いていたGLAYのDVD☆

3日間かけて1回目を見終わりました。

それで3日目、つまり一昨日の夜から2度目に突入。
昨日いろいろ忙しかったけど、家にいるときはつけっぱなしに
しておいて、寸暇を惜しんで3度目に(笑)

本編は勿論ですけど、今回の圧巻は何と言っても
アンコールのときのサプライズ。

会場からTERUさんが一人選んでステージにあげて
リクエストに応える場面ですが
途中からその条件がだんだん厳しくなって
この日は「HISASHIのギターの速弾きができて、
5年以上ギター演奏をしている人」というものでした。

それでも随分手が上がっていたけど
選ばれた山本君、HISAマニアなのは一目でわかりました。
髪の色といい、着てる服といい
しかも「TAKUROとHISASHIのどっちのギターがいい?」という
TERUの質問に、HISA君の前に土下座しました\(◎o◎)/!

そして「彼女のModern〜」をギターソロ終わりまで
すっかり5人目のGLAYになって、動きまわりながら弾き終えました。
TERUさんから「すげー度胸だな〜〜!!」という賛嘆の言葉を貰いました。

メンバーにグッズを貰い、握手してもらい、
HISA君にハグしてもらい
JIRO君は首のネックレスをはずしてあげていましたね。

その頃にはもう泣いていて、ステージ降りるころには足元もふらついて
座席に帰ってからは、彼女でしょうかね、隣の女性に抱きかかえられて
泣きくずれていました。
ギターを弾いていたときはあれほど堂々としていたのに
きっと緊張の糸が切れたんだなぁ・・・と。

その後も、全て終了してから、もう一度カメラが捉えましたが
起き上がることもできずにずっと背もたれにうつぶして泣いていました。

見ているこちらも、胸が熱くなり、痛くなる程の感動でした。
きっと、生涯忘れえぬ、出来事になったでしょうね。

本編は、再度このツアーのセットリストの完璧さを味わいました。

そして、特典映像もよかったですね。

時間がもっともっと欲しいです。
すぐに4回目、5回目も見たいくらいですから〜〜\(^∇^)/


| komichi | - | 20:35 | comments(2) | - |
昼間っからビール
今ちょっと家の中がごたごたしていて
私は毎日でかけなくてはなりません。

深刻なことではないのですが
この暑さの中、普通の家事以外の用事を済ましに毎日出るのは
結構大変なんです。

私の体調が戻ったからよかったのですが
昨日は午前中に出かけて、帰りに買い物をして帰宅したら
午後1時過ぎ。

もう暑くて暑くて、勿論お腹もすいていたのですが
「とりあえずビール!!」ということで
缶ビールを開けて、ゴクゴクと飲んでソファーにひっくり返る。

それから食べ物をかき集めて、昼食にしたのですが
宴会とかカラオケとか以外で、
家で一人で昼間っからビールを飲んだのは
おそらく生まれて初めてだったと思います。

今日も午後に出かけて、帰宅したら7時半。
やっぱり昨日焼いたトウモロコシを齧りながら
ビールを飲んで、それから夕食の準備をしました。

これ癖になったらいけないわ!!

そして時間は遡り、午前中は久し振りにコーラスに行って
「矢車草」「遥かなるサンタルチア」を歌い
最後に新曲で「そんなお婆さんさんなら わるくない」という
面白い歌を歌いました。

安西 均:作詞  服部 公一:作曲

という初めて耳にする曲でしたけど、この歌詞が凄く面白かったです。

  日曜たんびに孫が来る 
  メザシみたいに並んでくる
  走って騒いで泣いては食べて 
  孫の名前はこんがらがっても
  結構用は足りるもの 
  淋しいけれど温かい冬のひだまりのような
  そんな暮らしができるなら 
  おばあさんになるのもわるくない

ということで、私の身の回りでは
夏休み、お盆も近いというので
家族旅行、里帰り、息子、娘が孫を連れて帰ってくる
とかで、みんな忙しそうです。

そんな中、今年は帰省もせず、どこにも行かず
私だけエアーポケットにスッポリ入ったような感じの夏です。

一人で「崖のうえのポニョ」でも見に行こう。
| komichi | - | 21:04 | comments(2) | - |
みず絵の会の直前に・・・
最寄駅を降りてから、昼食を取るために前回入ったお店に行ったらお休みでした。
仕方なく、少し戻って小さなカフェのような所に入りました。

メニューがあまりなくて、普段食べないオムライスを注文しました。

が、そこで結構大きめの音でかかっていたBGMにすっかり心奪われました。

「アンチェインド・メロディ」から始まって
「オンリー・ユー」
「ビー・マイ・ベイビー」の頃には
小さい声で一緒に歌ってしまっていました。

他には男性客が1人だけだったし
お店自体はあまり綺麗でもなかったけど
アメリカのうらぶれたカフェのような感じで
一層雰囲気は高まり
次はプロコール・ハルムの「蒼い影」\(*^▽^*)ノ

この辺りでオムライスは来ましたが、
あの有名なシンセのメロディに乗ってしまって
体をゆすりながら食べてたら、真っ白のジーンズの上に
ポチョっと、ソースが垂れしまいました(>_<)ショック

それからプレスリーの「ラブ・ミー・テンダー」
ダスティン・スプリングフィールドの「この胸のときめきを」
ダイアナ・ロス&シュープリームス「ストップ・イン・ザ・ネイム・オブ・ラブ」

食べ終わって、時間も迫ってきて、そろそろ出ないといけないけど
始まったのがカスケーズの「悲しき雨音」・・・大好きだわ!!

この曲が終わり近くなって、後ろ髪引かれながら
お店を後にしました。

あんまり美味しいランチじゃなかったけど
もしかしたら、この次もここに入るかも・・・(笑)

| komichi | - | 18:04 | comments(2) | - |
みず絵
昨日はharumamaさんが全て取り仕切ってくれたみず絵の会で
枚方まで遠出してきました。

こどもが13名
大人が5名

で、harumamaさんは今回子どもさん二人だけが絵を描いて
自身はすっかり裏方さんにまわってくださって、本当に助かりました。

私はプロじゃないから、どうしたら一応会費をいただいている分くらいは
みなさんに満足していただけるかを悩むのですけど

子ども達は日頃学校や幼稚園で絵を描いてるのとは
全く違った手法で、色で遊ぶことができることを体験してもらうのと

大人は、よほど美術専門の学校に行った人とかでない限り
大人になって水彩画を描くという経験はしていないと思うので
日常生活から一歩抜け出して
毎日、子どもを追い掛け回している喧騒からも抜け出して
「私にも描けます」・・・みたいに楽しんで貰ったらなぁ〜と
考えてやって来ました。

水に塗らした画用紙を前にしても
絵筆を握っても、絵の具を出しても
そこから一歩も進まずにいて
水が乾いてしまって、また水を塗りなおして・・・
という具合に、とっても戸惑っている子どもさんがいて
お母さんがつきっきりであれこれ言ったりしたりしないと
じ〜っとしてるんです。

じっくり考えて動くタイプのこどもだと考えれば
それはそれでいいのですが
なんだか「指示待ち」のような気もして・・・

「そんなに深刻にならなくていいのよ〜
画用紙はいっぱいあるから、失敗した!って思ったら
やり直せばいいし、どんどん絵の具を置いて行ってみて」と言っても
恐る恐る筆の先にほんのちょっと絵の具をつけただけで
そこからまた、不動の姿勢で固まってる。

かと思えば、豪快に色を塗りたくって「はい、出来上がり!!」
みたいに、つぎつぎ進んで行く子もいて
それぞれに、どうアドバイスしてあげたら
気持ちよく描いて貰えるかな〜〜と、気を使いながら走りまわりました。

大人の方は全く初めての人、3回目の人、などいて
それぞれにして貰うことが違うので
私の手も、目も行き届かなかったりで申し訳けなかったのですが
その辺はharumamaさんがフォローしてくれて大助かり。

子ども達が終わって外に遊びに出て行ってから
やっと静まった部屋で大人のお絵かきタイム。

没頭して描いてると、ひょっと子どもが帰ってきて
「お母さん、何してるの?」「何かいてるの?」としつこく聞かれて
「わ〜〜、しばらく黙ってて〜〜!!ほっといて〜!」なんて場面も(笑)

予定より1時間オーバーしてしまいましたが
それだけにとっても充実した一日でした。
| komichi | - | 17:49 | comments(2) | - |
懐かしい甲子園の姿


MIXIの方に書いたのと同じ記事ですが
こちらにも・・・

一昨日、近くのコープに買い物に行ったら
自転車置き場で懐かしい服装をした女子高生3人を目にしました。

それは夏の甲子園の開会式のときに
各出場校のプラカードを持って行進するときの服装の高校生でした。

制服の胸に真っ赤な薔薇の花のコサージをつけて白のつば広の帽子。

しばし眺めてしまいました。

きっと、入場式のリハーサルだったのでしょうね。
炎天下、ご苦労様でした。

高校野球が始まると、あ〜〜夏だな〜〜と改めて実感します。

実は、10年余り前に、娘もこのプラカード嬢をしたのです。

西宮市立西宮高校の2年生女子・・・という限定された条件で
親子二代、あるいは三代でこれをやった生徒もいるし
これをやりたいがためにこの高校に入学する・・・という
人もいるくらいです。

娘が持ったのは「山梨学院大学付属高校」のプラカードでした。

その時の新聞記事がこの写真です。

写真の中のどれが娘なのかはわかりません。
数えたらわかるかもしれないですけど・・・もう何番目だったか忘れました(笑)

暑い、暑い甲子園球場の夏。
球児達も応援団もほんとに青春真っ只中ですね。
| komichi | - | 19:58 | comments(9) | - |
随分待ちました〜そして、やっと来たわ\(*^▽^*)ノ

正式名称は「HAPPY SWING LIMITED DVD "CUBE-BOX"」です。

もういつ申し込んだのかさえ忘れてしまった(>_<)

本当は6月中旬発送予定・・・とかじゃなかったっけ?

それが、今日は8月2日です。

でも、よかった\(*^▽^*)ノ
今日は娘の20「ウン」回の誕生日なんですよ。

我が家は共同で使う・・・という習慣がないので
私が申し込んだけど2個届いてます、それぞれに。

それにしても・・・この、髑髏だらけはなに?・・・

ロックっぽくしたいのかもしれないけど
やっぱりあんまり気持ちのよいものじゃなにのよね、髑髏って。

浄化のスプレーでもかけておこう(~_~;)

さて、早速1月29日 広島でのチョコさん親子の写真を探してみました。

DVDの方じゃなくて、写真集の方なんですね・・・ありました、ありました。

お母さん、めっちゃ泣いてるじゃありませんか?(笑)
娘さんより泣いてるように見えますよ(爆)

さあ、後でゆっくりじっくり見よう☆

DVDは明後日までお預けだわん(T_T)

| komichi | - | 17:47 | comments(4) | - |


RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND  SELECTED ENTRIES RECENT COMMENTS
LINKS PROFILE OTHERS