小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << December 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
今年も大変お世話になりました
いつもこのブログを見て下さっている皆様
一年間ご愛顧ありがとうございましたm( _ _ )m

普通の主婦の勝手な想いや日常などを
書き連ねていますが
時々は何かのお役に立てば・・・と願っています。

どうぞ来年もよろしくお願いいたします。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。
| komichi | - | 22:23 | comments(0) | - |
暮れですね
世の中は気ぜわしく動いているようで
買い物に行っても殺気立っていますね。

そんなに焦って買い物しなくても
スーパーは元日から開いているのですけどね。


さて、お笑い好きの私としては
年末は「M−1」から始まって
明日は「がきの使いやあらへんで」のスペシャル
新年には「ドリームマッチ」などの番組を楽しみにしているのですが
おととい、28日の夜
「松本人志”1本!!グランプリ”大喜利NO.1決定戦!!」
という新番組がありました。

数年前にやはり「HITOSHI MATSUMOTOのすべらない話」が
同様の形式で始まったのですが
深夜に不定期で放映されたこの番組を
見始めたのが3回目くらいからでした。

つい先日も最新のがありましたね。
面白かったですけど、ちょっと大掛かりになりすぎた感じ。

それで新しい試みでのこの
「松本人志”1本!!グランプリ”大喜利NO.1決定戦!!」
が始まったのでしょう。

「笑点」でおなじみの「大喜利」の新しい形ですね。
迫真のお笑い芸で
とっても面白かったです。

次はいつなのかわからないけど楽しみです。
| komichi | - | 21:30 | comments(2) | - |
リンパ・ドレナージュ 初体験
前回のホメオパシー・ジャパンからの冊子で
宝塚にセンターが出来ているのを知りました。

そこの2階に「オイル・マッサージ」の「リンパ・ドレナージュ」をするサロンの広告が掲載されていました。

昔この「リンパ・マッサージ」の本を買ったことがあって
自分でやろうと思ったのですけど
一人でするのは到底無理 (><)

だからいつかこういう所へ行ってみたいな・・・と思っていたので
早速予約をいれて昨日行って来ました。

普通のオイルでなくて、ホメジャ特性のオイルに
問診で選んだハーブ、マザー・チンクチャー、レメディを入れて
私専用のオイルを作ってくれます。

そしてそれで全身マッサージ。
最後にラップのようなもので全身をくるんで
汗をだしました。

1時間していただいて
本当に気持ちがよかった (*^。^*)

終わったらジンジャー・ティーを出してくださって
それを飲みながらほっと一息。

体も心も軽〜〜くなって帰宅しました。

心なしか昨夜から冷えがちょっと少ないような気がします。

冷え性と更年期障害を解消できるなら・・・と
しばらく通ってみることにしました。
| komichi | - | 19:44 | comments(0) | - |
貯犬箱
子役の加藤清四郎君がテレビ局から貰っていたプレゼント
それをニュースで見て大笑い(o^▽^o)

可愛いのなんのって。

本物見てみたいなぁ〜って思っていたら
いつも行く文房具屋さんの
向かいの雑貨屋さんの店頭に置いてありました。

どういうものかはここをご覧下さい。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%83%94%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88-%E8%B2%AF%E7%8A%AC%E7%AE%B1-%E3%83%81%E3%83%A3/dp/B002HJUJK8

実家に送るものがあったので
ついでにこれも買って一緒に送りました。

みんながこれを見て大笑いしてくれたらいいなぁと思ったのです。
思惑通り、実家での反応は良かったようです。

「おばかわいい」って書いてあったとか。
「おばか」で「かわいい」んですね。

大うけしたようで良かったです。

昔買っていた我が家の犬が
好物の餌を入れてもらったときに
こんな風にして食べたなぁ・・・と思い出しました。

例によって下のコメント欄にURLをもう一度いれますので
そちらからも飛べます。
| komichi | - | 17:50 | comments(1) | - |
アクセス解析
このブログを始めてもう4年くらいは経つでしょうか・・・(しっかり覚えてないし確かめようとしないいい加減さですが)

途中から管理者ページにアクセス解析があることを知りました。

時々見てみるのですが
「日付別」と「ページ別」があります。

「日付別」は過去10日間毎日のアクセス数が表示されていますが
これはトップページへのアクセスを抜いた数で
ほぼ毎日500以上あり
平均が700くらいでしょうか。

それが最近時々1000を超える日が出てきました。

最近では24日の1210というのが過去最高だと思います。

沢山の方々に見ていただいているんだなぁ・・・と嬉しくなりました。

そしてもうひとつの「ページ別」では
これもトップページを除く各ページへの
過去10日間のアクセス数が
上位20位まで表示してあります。

これが面白いのですが
私がこれを見るようになってからずっと
一貫して第一位の座を守っているのが
「インフルエンザ・ワクチンは打たないで」のページです。

そしてこれもずっと第二位を続けているのが何故か
「PUFFY」なのです。

その下はその時々で違ってくるのですが
それでもいつも必ずどこかにランクインしているのが
「頑張れリスモ」
「腎臓が弱ると舌を噛む?」
そしてGLAY関連
です。

検索エンジンで検索してここを見て下さっているみなさん
ご満足戴いているでしょうか?

毎日500人〜1000人もの方々に見ていただいていると思うと
ちょっと緊張してしまいますね(笑)
いい加減なこと書けないわ〜!なんて。

でも、あまり肩肘張らず
マイペースで続けて行きたいと思っています。

これからもどうぞよろしくm( _ _ )m

| komichi | - | 19:50 | comments(4) | - |
さすがクリスマスだわ〜〜\(⌒∇⌒)/

さっき更新したばかりですけど
またまた友人からプレゼントが届きました。

私が大好物の熊本のお菓子。

そして、「夢を叶えるゾウ」の
週めくりカレンダーです⌒(o^▽^o)ノ

久しぶりのガネーシャとご対面(笑)

前にこの友人が電話で話しているときに
「こんなのがあるらしい・・・」と言っていたのですが
ちゃんと注文して取り寄せてくれたのでした。

右下のカードは「心の娘」からのカード。
因みに上に書いた友人は
「心の妹」と呼んでいます。

ですが、
我が家では殆ど全くクリスマスとは縁のない生活をしています。

夫はひねくれてて
「おやつにケーキ買おうかと思ったけど
クリスマスだからやめた。
あさって辺り買おうかな・・・」なんて可愛くないことを言う。

だから昨日から
一人になったときを見計らって
アヴェマリアを知ってるだけ全部
歌いました(笑)


| komichi | - | 19:45 | comments(6) | - |
トランスパレント


キリスト者共同体関係の友人とメールをしていたら
彼女が「アドベントの季節になるとただ黙々と
トレンスパレントを折り始めます」と書いて来ました。

「トランスパレント?それ何?」
というところから始まってそれがこういうものだと
初めて知りました。

上の写真のは共同体の会報に挟まれていたもの。
下のは今日届いた彼女からのプレゼントです☆

「沢山作ったから送るわ」って言われてとっても楽しみにしていました。
その間に検索してみるとこんなサイトがありました。
         ↓
http://www.marchen-net.com/item/gr_st/st03/it_st03_d17.html
(このURLを下のコメント欄にもう一度いれますので
そこから飛んでください)

シュタイナー教育のおもちゃのひとつで
特別な薄紙を切って折り紙のように折り
重ねて糊づけしていくそうです。
もう少し透明感がある写真に撮れると良かったのですけど・・・

「紙を幾重にも重ねると思わぬ幾何学的な模様が現れて
それを光に透かすことで
様々な色と形がうまれてきます。
まさかこれが1色の紙からできているなど誰も信じないでしょう」
書かれています。

これは
マリアンネ・シュテットラーという方の本に書かれている文ですが
サイトを見たときに
この本と紙を取り寄せようと思ったのです。

是非とも折ってみたくなったから。
ところがその友人から来た封筒を開けてみると
2枚目の写真のように
沢山の☆たちとこの本を含めて2冊の本と
材料の紙までが入っていました\(⌒∇⌒)/

本当に行き届いた心遣いに胸が熱くなりました。

しかも今日はクリスマスです☆

素晴らしいプレゼントを戴いてしまいました(*´ー`*)

| komichi | - | 09:42 | comments(4) | - |
小林さんのブログ・スクラップ兇任あがり

写真が暗くてすみませんm( _ _ )m

小林さんのブログ「漫遊と厳座」には沢山の
美しい写真と興味深い記事が満載されています。

PCを見ることができない姉に見せてあげたくて
以前スクラップブックを作って送りました。

とっても喜んでくれたので気を良くして
第二弾を作りました。

この前の手編みのバッグと一緒に送るつもりです。

このページはヘルマンヘッセが住んでいたモンタニョーラの家の内部です。ヘッセ愛用のパナマ帽や使っていた絵の具類やタイプライター
描かれた絵などの写真があります。

ヘッセについては
私が14歳の時に一応日本ではヘッセと言えば「車輪の下」と
言われているにも関わらず「知と愛」を初めて読んで
次に「デミアン」と出会ったわけですが
これには衝撃を受けました。

いったいこの世界は何なのだろう・・・と思い続けて30年。
シュタイナーに出会ったら
なんとヘッセとの繋がりがあったことを知り
またも衝撃を受けました。

これまでに幾度「デミアン」を読んだでしょうか。
今でも時々あの世界に帰りたくなったら
取り出して読みます。


こちらは右側のページがパラケルススが住んでいた古城だとか!
!\(@o@)/!

パラケルススって歴史上の人物で
ホメオパシーなどの書籍を読んでいても
よくでてくる名前なのですが
このお城を見て、
初めて「わ〜〜実際に生きて住んでいたんだ!」って感動しました。

明日はクリスマス・イブ☆

早く荷造りして発送しないと!
明日の午前中に届きますように(−人ー)
| komichi | - | 10:23 | comments(8) | - |
体調が戻ったら途端に遊びほうける私(笑)
今日は久々に友人と二人でカラオケに行きました。
この友人とは約2年ぶりです。

ランチを早めに済ませて
12:05スタート♪

私から歌いはじめて
クリスマスに因んで山下達郎の「クリスマス・イブ」から
始めました。
彼女も一緒に口ずさむ良い曲です。

勿論代わりばんこに歌うのですが彼女は
ほぼニューミュージック系
ユーミンやハイファイセット
百恵ちゃんと
最近の徳永英明カバーアルバムからの選曲が主でした。

私の次の曲はやはりクリスマスに因んで
そしていとしのマイケルを偲んで
ジャクソン・ファイブの「I SAW MAMMY KISSING SANTA CLAUS」にしました。

その後はGLAY、サザン、John Lennon
「崖の上のポニョ」「ジュピター」「壊れかけのRADIO」
尾崎豊の「I LOVE YOU」ピンクレディの「渚のシンドバッド」
など、もう節操無くあれこれの歌。

そしてざ・ピーナツの「恋のバカンス」と
アリスの「冬の稲妻」を二人でハモリました。

延々歌うこと4時間(爆)

いよいよ帰らなくちゃとなって
「じゃあ、締めは『青い山脈』で!」
♪チャンチャンチャ〜ン、チャンチャンチャ〜ン、チャララランランラン♪
いう日本人が一番得意なリズムで熱唱。

こういうところで年齢が出てくるわけですが
「まるで宝塚歌劇の大階段を
背中に大きな羽を背負って
シャンシャンと鈴を鳴らして降りてくる
大フィナーレのようね」と大笑い(*´∀`*)

そして勝手にアンコールは
「長崎は今日も雨だった」(笑)を熱唱してお開きにしました。

本当に楽しかった\(⌒∇⌒)/

2009年の遊び納めはこうして幕を閉じましたm( _ _ )m



| komichi | - | 18:10 | comments(10) | - |
箱いっぱいの毛糸\(⌒∇⌒)/

このブログに時々コメントを入れてくださるアンズさんから
「箱一杯にある毛糸を貰っていただけないかしら?」と
コメントがあって
「え〜〜!!!\(@o@)/!
本当に戴いていいんですか?」ということになり
もう手元に届いてしまいました。

がしかし、予想をはるかに上回る量と質で
本当に感謝、感謝ですm( _ _ )m

金曜日に「双葉の会」と命名した編み物の会に
出向いていってきたのですが
編みたい物はいろいろあっても
材料費がけっこう大変なので
練習に作れる作品も限られてしまうから
みんなで共同で使える材料があればいいなぁ・・・って
考えていたところなんです。

それがこんなところから助けの手が来るなんて
ほんと人生って予想外のことが起こって楽しいですね\(⌒∇⌒)/

後になってしまいましたが
アンズさん、本当にありがとうございました。

また作品ができたらここにアップしますね。

そして、毛糸の上に載せてあるのが
アンズさんのお庭でできた
バラの実です。
可愛くリボンが結んであって
アンズさんのお心遣いが伝わって来ました。

インターネットの世界は使い方次第では
怖いこともありますが
パソコンが無かったら絶対に出会わなかった方たちとの
空間を越えた出会いがあるのが素敵ですね。

アンズさんのHPとリンクを張らせていただきました。
素敵なお庭が見れますよ。
| komichi | - | 17:25 | comments(8) | - |
インフルエンザに対するある考え方のサイトです
小児科医の毛利種来さんのサイトです。

http://www.magazine9.jp/other/mouri/


記事は春に書かれたもののようですが
内容は現在も通用します。

ひとつだけ中からの抜粋を↓

「こんな実験報告もあります。生まれたてのうさぎの赤ちゃんを無菌室で育て、与えるえさも滅菌した。するとまもなく死んでしまうのだそうです。うさぎを解剖すると、腸と副腎皮質の成長が不良だったそうです。腸というのはもっとも細菌、微生物の多い場所です。腸内細菌が腸を育てているのに、菌を遠ざけてしまったので、生物がもともともっている機能がうまく働かずに、死んでしまったのです。そういうことも忘れて、近代科学はいきすぎなんですね。限りなく病原菌をゼロに近づけようとする」


すぐに飛べるようにコメント欄にもう一度URLを入れます。
そこをクリックしてください。↓
| komichi | - | 09:21 | comments(1) | - |
今、私なりに掴んでいること 
それで何なのか?といいますと
「天国は一人ひとりへのオーダーメイドである」
と考えたこの思いつき、
まんざら間違ってはいなかったのだと最近わかってきたのです。

これまで読んできた多くの本の中で
多くの人が多くの主張をしているのですが、
最近それらがあるところで繋がってきたことに気づきました。

それは「ホ・オポノ・ポノ」の記事にも書きましたが、
私の人生は私の想いによって作られ、
想いによって変化する・・・ということです。

私が知っている人、
知らない沢山の人々にはみなそれぞれに人生があり、
それらは相互に複雑に絡みあって
世界=この世ができているわけですけど、
例え私が全く知らない所で知らない人が
どんな人生を送っているかは、私には関係がないのです。
つまりそれは存在していないのと同じ。

でもそれらのほんの一端でも、
ある事柄が私の人生に出現した時点において
それは初めて存在し始めるのです。

でもそれはたった今「存在し始めた」にもかかわらず、
そのこと自体は「太古の昔からすでに存在し続けていたもの」
として存在し始めるのです。
つまり私が「知った」時点から
そのもの、こと、人などが存在し始めるのですから、
それら全ての責任は「私にある」のだとわかったのです。

このことはシュタイナーの著書や
「神との対話」やエンデの「果てしない物語」
などにも書かれていたのですが、
その中でも人智学者の高橋巌さんが
ある講演で
「カルマとは、すべての物事が私の責任であると引き受けること」
だとおっしゃっていました。

私が行ったこともない地の果てで
一人の人が殺人を犯したとしても
私がそのニュースを知ったときから、
それは「私のせいである」ときちんと引き受けないことには、
私のカルマを解いていくことはできないらしいのです。

「こんなこと一体私に何の責任があるの!?」
と初めは思ったのですが
「このことは私とは何の関係もない」
と思った時点で私のカルマは残りつづける、
もしくは増えていくということが納得いくようになったのです。

そんなときに出会ったのが前出の
「ホ・オポノ・ポノ」の本で、
電車の中でたまたま向かいの席に座ってる人が
苦しそうに咳き込んでるのを私が見たとしたら、
私がそれを引き受けて私の中にある未解決な問題
(何百回もあったであろうこれまでの前世で私がしてきたこと、
しなかったことなどの多くの問題=カルマ)
に向かって「ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています」を言い続けることによって、
私が癒され浄化されると
その向かいの席の人の咳が止まる、というのです。



この仕組み、本当によくできているのですね。
この世はテレビ・ゲームのディスクのようなものだと、
これも「神との対話」などに出てきてたことですが、全てはすでに存在し、これからも存在し続け、
過去も未来もない。
あるのは1秒ごとに私が進む方向を選び取る
「今」その瞬間だけなのだということ。

私はこれまでよく
「あ〜あの時私があんなことしなければきっと今とは違った素晴らしい人生があったかもしれないのに・・・」
と考えては悔やんできました。

だけど過去のことについて
「たられば」の話はあり得ないともいいますが、
やはり最近私が「はた!」と気づいたことがあるのです。

「果てしない物語」の中にひとつの章が終わるときに
「けれどもこれは別の物語、
いつかまた、別のときにはなすことにしよう」
という文章が何度かでてきます。
この物語での内容と全く同じわけではないのですが、
私はこのエンデの文章によって
「人の人生もこうなのではないか?」と思ったのです。

つまり私が
「昔のあのときあの人の言うなりになっていなければ
こんな人生じゃなかったはずなのに・・・」
と悔やむその「別の人生」は
もしかしたらプログラムとして
ちゃんとそのディスクにすでに存在していて、
今回私はたまたまその道を選ばなかっただけだと考えたのです。

ややこしいかもしれませんが、
テレビゲームなどで1回目の挑戦は
この道を進んで失敗したけど、
やり直しのときは
「前回ここでこうしたから間違ったので、
今回はこっちに行ってみよう」
とかやるわけですね。
でもそれは、
ゲームをしてる人が自分で作り出してる道ではないわけです。

すでにプログラマーが
こと細かに作り上げた何百、何千、何億という
選ぶことのできる進む道が
すでにそのソフトに描いてあるのであって、
どれだけ新しい道を発見したつもりでも
失敗してはまたやり直し、
やり直し進み続けるその顛末は
すでにそのソフトの中に存在しているわけですから。

この世、この人生でさえがこんな仕組みですから、
きっとこの人生も私の想いで進む方向は変えられるわけだし、
あの世はもっともっと途方もないものだろうから、
私ひとりの小さな望みなどどんな風にもでもなる
オーダーメイドの国が天国なのだろうと最近思うわけなのです。

繋がったかな?(笑)
| komichi | - | 20:25 | comments(0) | - |
今、私なりに掴んでいること 
これは私がホメオパシーのグループで発行している
「通信」に書いた文章ですが
ここにもアップしたいと思います。


 私は中学3年生の夏に突然「人は死んだらどうなるんだろうか?」と思い始めて大変な恐怖に襲われました。
挙句、救急病院に2度担ぎ込まれたのですが、
その時は両手両足が痺れて固まってしまい、
心臓は口から飛び出すかと思うほど打ったかと思うと次の瞬間、
いくら息をすっても空気が全く肺に入ってこないような感覚に陥り、
窒息してしまうのではないかと思うほどの苦しさでした。
首筋から後頭部には恐怖とともに冷たい冷気が這い上がってくるようでした。

 本人も家族もいったい何が起こってるのか
全然把握できないまま病院に駆けつけたわけですが、
医師の診断は別に深刻なものではなく
「何か悩みがあるの?」と質問されただけでした。
「悩み」って言われたって
パニックからまだ立ち直っていない状態で
何も考えられなかった私は
「死ぬのが怖い」とは恥ずかしくて親の前で言えるわけもなく、
取りあえず「高校受験が・・・」と答えてしまったのです。

 それから随分経ってからあの時の発作は
パニック障碍からくる「過換気症候群」
あるいは「過呼吸症候群」というものでした。
もしそうなったらビニール袋を口にかぶせて
吐いた息を再度吸う作業を繰り返したら治るものだったのです。

 ですが、その当時はまだ何のことやら・・・で、
私はこの時からずっと「死」というものを道連れに生きて来ました。

この世に生れて来た者は誰ひとり欠けることなく
いつかは死んでこの世からいなくなる・・・そう分かっているのに、
どうして他の人はそんな事実など
ありもしないかのような平気な顔をして生きていけるのか、
私には理解できませんでした。
ですけどその反面私はいつのころからかずっと自殺願望があって、
自分が18歳より先まで生きていることはあり得ないと思っていました。
だからと言ってそれを実行に移すわけではないのですが
あの頃の日記には「消えてしまいたい」
という文字がいたるところにあるのです。

 「自分で命を断つ」のと「消えてしまう」のとは結果は同じでも
そのプロセスは私にとっては違う意味を持っていたような気がします。

まあ、死ぬ勇気がなかっただけかもしれませんが
「もう死ぬかもしれない!」と感じたパニックのときの恐怖感は
忘れることもできないくらい鮮明に残っているのです。

では何がそんなに怖いのか?
と考えてもその理由はよく分からなくて、
ただひとつ考えついたのは
自分ひとりだけがこの慣れ親しんだ世界を後にして
全く未知のところ、
誰ひとり知った人もいない(もし人がいるとしても)
誰ひとり私を守ってくれる人もいないところに
行かねばならないのは、
まだ子どもだった私には最大の恐怖だったのだろうということです。

 ところがその一方で
私なりに考えていたことがあって、
もしよく言われるように「天国」というところがあるのなら、
そこはきっとこの「誰も私の好きな人がいない」
「私を好いてくれる人がいない」場所とは
たぶん正反対なのだろうと。

もし死んでも天国に行けたら幸せなようにきいているので、
その「最高に幸せな場所」って
どんなものなのだろうと考えました。
そうしたらそれは私が側にいて欲しいなぁ〜と思っている人が
いつも側にいてくれること。
大好きな人たちに囲まれて楽しくしていることだと考えたわけです。

でも、ここで困ったことがひとつありました。
それは例えば、私は母には一緒にいて欲しいけど
母はその両親の子どもなのだから
両親は娘である母を側に置いておきたいと願うだろう。
またもし私が母より先に死んだら
私は母と一緒に天国にはいられないのだから幸せであるはずがないし、
だからと言って母に先に死なれるのも困るし
(これはあくまで子どもの頃の私の考えですからね)、
私が大好きな友達のAちゃんは私の側にいて欲しいけど
Aちゃんの別の友達だって
Aちゃんに側にいて欲しいと思うでしょう。

するとひとりの人があっちこっちに
掛け持ちで出演しなくちゃならないことになるし、
これが世代を超えてのことになったら
もっとややこしいからこれは大変だ!

そこで私が考えついた結果は、
きっと天国は人一人ひとりにそれぞれ一つずつあるのだろう・・・
というものでした。
私の天国は私だけの世界で、
ほかの人の天国はその人だけの世界。
それが何億、何百億、何千億とあるんじゃないかと思ったのです。
まあ、神様が一人ひとりそれぞれに住まいを作ってくれるようなものじゃないかと。

先ほど書いたとっても深刻な
パニック状態を引き起こした「死に対する恐怖心」と
こんなのんきな想像をしていた幼稚な私とが
常に同時に存在し続けたのですが、
これはその後もずっと、
大人になっても同じようなものでした。
「死にたい!」と願う私と「自殺したら天国に行けない」と信じてる私。「生きるのが辛い」と苦しむ私と、
ビートルズを皮切りに
いろいろなミュージシャンをキャーキャー言いながら
ミーハー的に追いかけて感激感動してる私と、
「もう死んでもいいなぁ・・・」と思ったこの夏の頃の私と
同時期に、グレイのライブ・チケットを必死で得ようとする私と、常に相反するふたつの柱を持ちながら、
私は生きてきたように思います。

| komichi | - | 20:21 | comments(0) | - |
"This is it"再上映決定!!
上映館はわかりませんが
19日から日本のみで再上映されるそうです。

上映を望む声が沢山あったみたいですね。

私ももう何度でも見たいから
年明けまでやっててくれるといいんだけど・・・

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/music/091203/msc0912031925003-n1.htm

| komichi | - | 20:11 | comments(4) | - |
心臓
mixiに先日書いた日記ですが
しばらくホメオパシーのことはこちらには書いてなかったので
同じものをアップしますね。

私の父も姉も心臓に問題を抱えてて
私にも同じことがあるように思います。

このことにはずっと気が付かなくて
子どもの頃に鬼ごっこをするのがとっても嫌だった理由が
今頃になって分かったんです。

心療内科に通っていたときから動悸が酷くて
何度も医師に訴えたら安定剤とかベーター・ブロッカーとかを
出されて、随分飲んで来ました。

ホメオパシーに変えてからもずっと動悸に対するレメディーを貰ってきていました。

だけど、最近凄く不整脈が酷くて
期外収縮っていうのかしら?
鼓動が1回休んで次に打つときがドーン!!って凄いのです。
トン・トン・トトトン・○・ドーーン!!みたいに。

お風呂に浸かってたら、その鼓動でお湯がゆれるくらい。

あまりに酷くて眠れないのです。

前回ホメの先生のところに行ったときに
やっぱりQXで「心臓がかなり弱ってる」って出たらしくて
心臓サポートと夜に飲む分として
ジギタリスを14日間、ポーテンシーを変えて出されました。

そうしたら、良くなるどころかどんどん不整脈が酷くなり
とうとう13日目には左胸周りが時々痛むようになってしまいました。

正直とっても怖かったんです。
やっぱり病院に行ったほうがいいのかしら・・・とか
このまま運動なんかも出来なくなるのかしら・・・
もうGLAYのLIVEにも行かれなくなるのかしら・・・とか
考えは悪い方ばっかりに進んで行ってたのですが
でも、私も変わったものです

もうちょっと様子を見よう・・・だって好転反応かもしれないし
もし悪くなっているんだったらまた
先生に相談すればいいわなんて思いなおすことができたんです。

そして、やっぱり好転反応だったみたいで
その2日後くらいに痛みはなくなり
不整脈もほとんどなくなりました

今日は急な坂道を速歩きで上ったり下ったりしたのですが
至極快調 \(⌒∇⌒)/

そしてしばらくお休みしていた自室での筋トレを
少しずつですがまた始めました。

よかったわ〜〜♪
| komichi | - | 17:33 | comments(0) | - |
今年最後のコーラス
2月のステージを控え練習は4曲で
そのほかに、今日はクリスマスの曲
「さやかに星はきらめき」と「アヴェ・ヴェルム・コルプス」を
歌いました。

2曲とも大好きな曲で
とっても気持ちよく歌うことができました。

そして毎年恒例なのですが
ピアノの先生が
1940年代の映画音楽を3曲メドレーで
演奏してくださいました。

1曲目の題名が分からないのですが
2曲目は
「サウンド・オブ・ミュージック」から「私の好きなもの」
そして3曲目が「シャル・ウィー・ダンス」

素晴らしい演奏を生で聴けてとっても嬉しかったです。

そして次には先生の独唱
オペラ「メリー・ウィドウ」からの1曲で
「♪ヴィリアー オー ヴィリアー♪」という
とってもメロディの美しい恋の歌です。

いつもこのミニ演奏会をとっても楽しみにしています。
それが聞けたところで
今年も楽しいコーラス納めでした(^。^)

来年の初回まで3週間も間が空くのが淋しいね〜
と言って皆さんとお別れしました。

| komichi | - | 19:12 | comments(0) | - |
夜なべ


「夜なべ」っていうのも古い言葉でもはや死語かもしれませんが
もう1ヶ月以上前から編み始めてたバッグがやっと完成しました。

姉がちょっとお財布とケータイとハンカチを入れるくらいの
ペッタンコ・バッグが欲しいと言っていたので
誕生日のプレゼントに・・・と作り始めたのです。

その誕生日はもう過ぎてしまいましたけど(笑)

モチーフの編み方は夏に編んだショールと同じなのですが
それ以外は完全オリジナル版です。
ああしたらいいかな?こうしたらいいかな?って考えてるときが
とっても楽しい(⌒∇⌒)

ガーデンズにできた手芸屋さんでみつけた
青の糸がなんとも言えず私好みで
これで立体的なお花にしたらさぞ素敵だろう・・・と考えたのです。
で、白と青の2色を選んだのですが
お値段がかなり高額。

でも、2個もあれば楽にできるだろうと買って編み始めたらやっぱり足りなくてあと1個追加。

それでも持ち手分がまた不足してしまい
既成の皮素材や竹のものなど
いろいろ考えたけど、この繊細な感じにマッチするものがなくて
結局手持ちの同じ色目の別糸で編むことにしました。

編んだ部分はレース調で繊細なので
裏をしっかりしたサテンの生地で縫いました。
中にポケットも付けました。

持ち手は毛糸部分にではなくて
この裏生地に縫い付けています。

これ使ってくれると嬉しいのですが
近所のスーパーに行くときに使うのが欲しい・・・と言ってた
姉の希望とはちょっと違うかも(笑)
| komichi | - | 19:38 | comments(6) | - |
GLAY武道館 初日
昨日は娘が参加していました。

私はお留守番組みですが
セットリストを手に入れたのでアップします。

1.REAL SHADOW
2.absolute"ZERO"
3.VERB
<MC>
4.FAME IS DEAD
5.1988
6.ごらん 世界は苦しみに満ちているよ
<MC>
7.Yes,Summerdays
8.RainbirD
9.SPECIAL THANKS
<MC>
10.NO ESCAPE
11.AMERICAN INNOVATION
12.VIVA VIVA VIVA
13.出逢ってしまった二人
14.Winter,again
15.春を愛する人
16.とまどい
<MC>
17.BLACK EYES SHE HAD
18.I am xxx
19.HIGHCOMMUNICATIONS
<MC>
20.THE BIRHTDAY GIRL
21.彼女の“Modern…”
22.GREAT VACATION

城ホールのときとはだいぶ違って来ていますね。

しかもやっぱりいいな・・・って思うのが
MSのBBSに
「アンコールは静かな曲でなくて
暴れられる曲にしてください。是非是非お願いします」
っていう書き込みが何件かありました。

GLAYさん、ちゃんと読んでてくれたんですね。
その通りに変わってますから。

スタートの曲順も城ホールのときより
こっちの方がよさそうです。

今日、二日目参加される方
楽しんできてくださいね\(⌒∇⌒)/
| komichi | - | 09:25 | comments(2) | - |
今日はちょっと毒があるかも
先日、久々にあった友人とランチしながら話したことですが
このところ34歳だの35歳だのという女性の結婚詐欺が
世の中を騒がせていましたが
とうの容疑者は名前も顔も表には出てこなくて
被害にあった男性たちが
顔も名前も何度もテレビ画面にでてきます。

被害者は勿論お気の毒ですが
犯人らしき女性のどんなところに惹かれて詐欺にひっかっかったのか?
というと
どうも「男性につくしたい」「料理学校に通っている」
この二つが殺し文句だったらしいです。

で、ここからが熟女である私たち女性の意見ですが
「ふ〜〜ん・・・ばっかじゃないの?」

そして
「やっぱり男って結婚相手である女性の存在を
それくらいにしか考えていないってことよね」

「家に帰ってきたら部屋に灯りがともっていて
玄関を開けると温かい料理のにおいが漂ってくる」

「『あなた、お風呂にしますか?お食事にしますか?』
なんて言って欲しいらしい」

「いつまで経っても男はそこから1歩も先に進んでいない。
何百年もこの状態を続けてきてて
まだそこかい!!」

「一生一緒に生きていくパートナーに求めることは
それだけなんかい!!」

まあ、ついつい声を荒げてしまいましたが
これは昨日のコーラス後のランチの時も
同じようなことで盛り上がりました。

女性も若い頃は「白馬に乗った王子様」を夢に見ていましたが
歳とともにどんどん進化して行って
50歳も過ぎると
こんな風になるのです。
怖いでしょう?(爆)
| komichi | - | 20:10 | comments(6) | - |
今日は・・・
ジョン・レノンの命日。

だけど、それより昔は真湾攻撃による太平洋戦争勃発の日、ですね。

戦争のことはさすがに私はまだ生まれてなかったときのことなので
ジョンのこと。

29回目だったかな・・・早いものです(しみじみ)

最近オノ・ヨーコが音楽活動を張り切ってやってるようで
よくテレビ出演しています。

ついでに息子のショーンも引き連れてでていますが
あの容貌、風貌、あの声・・・ジョンにそっくりですね。
ちょっと太めだけど。

で、私はショーンを見ると、必ずその中にジョンの面影を追いかけていて
ショーンその人自身をみることができないのです。

彼に音楽的才能が本当にあるのかどうかは分からないですけど
父親があまりに偉大すぎて可哀相だなと思いますね。

ジョンのことはヨーコが作りあげた
「偉大な愛と平和の使者」であるよりも
首にトイレの便座を掛けてロックンロールをがなってる
やんちゃなジョンの方が私は好きです。
| komichi | - | 17:46 | comments(4) | - |
3回目の温泉旅行は欠席

もう1ヶ月以上前のことになりますが
本当なら私も参加していたであろう
尾道1泊温泉旅行の写真です。

今回から関東からの参加者が1名加わって
本来なら6人での楽しい旅になるはずでした。
彼女とはほか全員が20年ぶりの再会でした。

長崎(61)
北九州(46)
広島(55)
大阪(54)
関東(56)
小径(56)

で、またまた爆笑続きの珍道中だったようです。

でもこれは緘口令が敷かれてたので書いていなかったのですが
調度その日に実家の父が手術をしたので
私は手伝いに実家に帰っていました。

そして、参加しなかった理由はそれだけではなくて
私自身の体調もいまひとつで
あまり普通のものが食べれられなかったから
行かなかったのもあるのですけどね。

前回、前々回のときにも撮ったこの靴の写真
今回は私の場所を空けて撮ってくれたのを送ってくれました。

とっても楽しい旅行だったようで
みんなそれぞれに「もうひとつの家族のようで本当に寛いで楽しかった」と。

来年は長崎の予定です。
次からは2泊にしようか・・・という案も出ています。

今からもう、楽しみです\(⌒∇⌒)/
| komichi | - | 19:56 | comments(2) | - |
認知症にならないために
コーラスのメンバーがどこかで聞いてきて
それをランチのときに教えてくれました。

みなさん手帳を取り出して。。。( ..)φメモメモ

認知症にならないために普段から心がけること10か条

☆学習意欲
☆運動
☆感激・感動
☆好奇心
☆おしゃべり
☆少しのストレス
☆料理
☆趣味
☆生きがい
☆夢(イメージ)を抱くこと

だそうです。

私は2番目の「運動」が好きじゃないのですけど
なるべく心して動くように努力はしています。

あと「料理」は好きじゃないけど
義務ですからね。
毎日しています。

ほかは全部オーケーよ\(⌒∇⌒)/

まだ若い方は関係ないわ・・・って思われるかもしれないけど
こういうのってじわじわと来るんですよ。

これらをいつも心がけられたらいいですね。

| komichi | - | 19:53 | comments(6) | - |
芋家族

我が家はお芋大好き家族です。

娘が仕事先からジャガイモを沢山貰ってきたので
この前からポテト・サラダ、ポテト・コロッケ、ポトフーなど
ジャガイモを使った料理ばかりでしたが
そのほかにも里芋もサツマ芋も大好き。

昨日は、サツマ芋を素揚げにして「手抜き大学芋」を作りました。

たれを作るのが面倒だから
各自食べるときにメープルシロップをかけます。

さっぱりしてて美味しいですよ。
| komichi | - | 18:13 | comments(2) | - |
風邪の季節に・・・
蓮根が美味しいですね。

蓮根料理もいろいろありますが我が家では
おろしがねで擦りおろして
軽く水分を絞り
つなぎに卵、パン粉などをいれて
塩コショウ、お醤油少々で味付けして
団子にし、油で揚げた
レンコンボールが大好きです。

翌日のお弁当にもピッタリ!

その際、軽く絞ったときに出たしぼり汁は
小さいタッパーに入れて、
薄い氷になるように冷凍します。

風邪で咳がでたときに
梅醤番茶にプラスしてあったかくして飲むといいですよ。

生姜のおろし汁もいれると体があったまります。
| komichi | - | 09:37 | comments(0) | - |
自転車にお花

11月5日に「私の小さな挑戦」と題して
コープの自転車置き場のことを書きましたが
先日も買い物に行ったとき
置いてある1台の自転車のベルのところに
黄色いお花(造花)が巻いてあるのを目にしました。

それはハイビスカスのようで
遠目でみてもとても目立っていました。

それで、はた!と気づいたのです。

旅行カバンやキャリーバッグにマスコットをつけたりするのも
それが自分の物であると一目に確認できるためなのですが
自転車にも何か目印をつけたらいいと。

早速百均に行って探したらありました。
といってもプレゼント用の花束になっていたものですが
周りのラッピングを取り去って
ハンドルのところにつけてみました。

これがなかなかいい感じで
昨日は一目で自転車を見つけることができました\(⌒∇⌒)/
| komichi | - | 09:13 | comments(0) | - |


RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND  SELECTED ENTRIES RECENT COMMENTS
LINKS PROFILE OTHERS