小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << October 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
またも宝塚
今週に入って3回目の宝塚訪問。

今月末にまた遠方から友人達が訪れます。

昨年、山口の湯田温泉に1泊旅行したメンバー5人が
またまた今年も集まることになったのですが
今回は以前住んでいた社宅周辺を散策する・・・が目的なので
一番近くに住んでいる私(55)と大阪(53)が幹事をすることになり
昨日下見に行ったわけです。

ネットで予約していたホテルに赴き、確認してから
どんなコースで廻るか、どこでランチなどするか
あれこれ検討しました。

ランチの場所で以前行ったことのある自然食レストランがよかった記憶が
あったので、行ってみたら
閉店していました(>_<)

花の道の沿道にあるお店を幾つかまわって見当をつけました。
なんとかうまく行きそうです。

そうそう、先日の友人が帰り際に買ったお土産
宝塚名物「宝もなか」がとっても美味しかったとメールがありました。

アレルギーのあるあの友人一家ですが
子ども達も大喜びだったとか。
お店で買うときにアレルゲンが入ってないか確認したら
「昨日も同じようなお客様がきてお答えしましたけど
国内産のもち米と小豆と砂糖だけですから」と。

素朴な味で美味しかったとか。
他には「焼き餅」という草もちを焼いたお菓子がありますが
私はこれがすきなんです。

そして昨日は「炭酸センベイ」を買ったのですが
宝塚在住の知人が「黄金屋のを買いなさい」と言ってたのを思い出したのです。
というのは、その泊まる予定のホテルの隣がそのお店だったから。

買って帰ったら、普通にスーパーとかで売ってる炭酸センベイより
遥かに美味しかった。
やっぱり老舗の本物に限りますね。
| komichi | - | 19:52 | comments(4) | - |
留守にしてました
月曜日に九州から友人がでて来ていて
二人で近くのホテルに1泊してました。

メインの目的はあったのですが、それは書けないから
他の目的は、昔住んでいた社宅の辺りを見たいのと
我が家を見てみたい・・・というので
一端空港まで迎えに行ってから
我が家に戻り、お茶をしてから
社宅跡周辺を散策、
その変貌ぶりに目を丸くしていました。

それから梅田にでて、昼食後なんばへ。

私は今年3回目の吉本です(笑)

その友人は3年ここに住んでいたのに
吉本に行かなかったのが凄く心残りだったと言ってたのです。

3:45からの3回目公演。

最初から最後まで笑いっぱなしで
友人も予想を大幅に上回る面白さだったと、大満足。

「大口開けて笑いっぱなしだったから、喉も口も渇いてしまった」とか
言ってました。

それから夕食を食べてホテルへ。

宝塚の温泉付きホテルの大浴場に二人で入りまた満足。

結局明け方4時までおしゃべりしてしまいました。

翌日はもう一人の人と合流して3人で、
宝塚あたりを散策して・・・とっても楽しい二日間でした。

3人とも、「あ〜〜〜、また現実生活が始まる〜〜(T_T)」と
言いつつも、命の洗濯ってこのことでしょうね
元気溌剌お別れしました。

でも、私はちょっと疲れてしまって
しばらくゆっくり休もうと思ってます。
| komichi | - | 17:54 | comments(6) | - |
高機能マスク
mixiの方で、「変な話」に対しての質問が来て
「ウイルスも通さない高機能マスクというのがあるそうですが
それでもダメなのかしら?」とありました。

なので、ネットでですが検索してみました。

1件だけしか考慮してないから、これが全部だとは思いませんが
それに対して私が考えたことを書きます・・・以下↓

高機能マスクというもの知らなかったので、調べてみました。

「花粉やウイルスを通さない・・・」と書いてありますが

花粉の大きさは、スギ花粉が20マイクロメートル=50分の1mm

細菌が1〜5マイクロメートル=1000分の1mm

ウイルスの大きさはだいたい、20〜970ナノメートル=1000000分の1=100万分の1mm

計算してみると、ウイルスがもし直径1cmの丸い物だとすると
花粉は直径が20mの物に相当します。

それでこのマスク、「粉塵除去率99.3%」と書いてあります。

粉塵っていわゆるほこりなんかですよね。
ほこりはまあ、花粉や細菌が入ってるとすると、
これでさえ99.3%しか除去できなくて、どうしてウイルスが除去できるのでしょう?

つまり直径20mの物でさえ、100%除去できないものが
どうして1cmの物を除去できるのでしょうか?

それこそ、何か薬品でも塗ってあるのかしら?とおもいましたが
ウイルスを殺す薬品ってないと思うし・・・

そして、その機能の理由に「呼吸によってマイナスイオンを発生し・・・」とか書いてありました。

現代の普通の医学では「マイナスイオン」なるものを全然認めていないのですよ。「あんなものは思いこみ」だって。

この矛盾どうなんでしょう?
| komichi | - | 19:17 | comments(0) | - |
変な話
先日、某国営放送を見ていた夫が
「お〜い、この冬に新型インフルエンザが流行するかもしれないから
各家庭に20枚、マスクを備えておくようにって〜!!」
と叫んでいました。

私は「何、それ?」
でも、夫は「テレビでそう言ったよ、買ってくる?」と。
私「アホか!」でおしまい。

一体なんなんでしょう?

そもそも、インフルエンザのウイルスは空気感染ではありません。
飛まつ感染です。
だから、かかった人の唾液とか鼻汁とか痰とかに触れて
その手でまた鼻を擦ったりして感染していくわけです。

だから、罹ってない人がマスクしたって、なんの予防にもならない。

また、もし空気感染だとしたとしても、
ウイルスの大きさに比してマスクの繊維の組成は、
これは聞いた話ですけど
ウイルス1コに対してマスクの繊維と繊維の間の距離は
1km四方に値するらしいです。

もう、ツウツウなんですよ、ウイルスにとっては。
タラランラン♪って歌って踊りながらでも簡単に通れちゃう。

だから、ウイルスを通さないマスクをしようと思ったら
お茶碗に穴あけて鼻と口を塞がないとダメだとか。

こうなったら、窒息するかインフルエンザになるか
どっちか選べ!みたいなもんですね。
それか、防毒マスクですかね・・・でも、
これもウイルスには対処できないかもしれない。

だから、マスクは罹った人が他の人になるべくうつさないように
唾液が飛ばないように・・・ということなら
かける意味はあると思いますけど。

なんで、予防にマスクが20枚もいるわけ?
だいたい、何で「20枚」なの?

でも、このニュース見てた人が「わ〜!大変!」って
薬局に走って各家庭20枚ずつ買ったら
マスク作ってる会社はボロ儲けなのでしょうね。

なにせ、ちょっと誰かが痩せたって言うと
バナナが店頭から消えてなくなる国ですからね(笑)
| komichi | - | 18:22 | comments(2) | - |
面白かった〜\(*^▽^*)ノ
mixiと同じ日記ですけどこちらにも。

今日はみず絵の会で二組お休み。
小舟さん親子と私の3人でまったり描きました。

その時に同じ公民館の別部屋から、三味線と歌の声が聞えてきて
最初は京都祇園のお茶屋さんで鳴ってるような風流な感じ。

その次は昭和初期の「カチュ〜シャかわいや〜〜わかれの辛さ〜」っていうの。
次が田端義夫の「19の春」とか、父親がカラオケで歌うようなナツメロになってて、
小舟さんと笑いながら聞いてました。

ここで話は変わって
昨日、ある会の関西準備会で阪神間に住んでいる中から
7人が集まって、六甲でランチをしました。

これから毎月1回勉強会をしよう・・・ということで
まずこの新しい会の名前を決めました。

いろいろ案はでましたが、
ここ「六甲の地」は
昨年私達が主催して講演会を開いた場所でもあるし
何だか縁があるので、「六甲」の本来の意味である
「むこ」を入れようということになりました。

「むこ」というのは「むこう」の意味で
「むこのやま」=「むこうのやま」=「あちらのせかい」=「異界」「霊界」のことなんですね。
六甲山は聖地だったのです。

そこから流れ出す川が「むこのかわ」=「武庫川」なんです。

ということで会の名前は「むこの風」に決まりました。

爽やかですごくいいでしょう?
みんな「いいよね〜」って。

でも、はて?あれ?  
「むこの風」って、結局「六甲おろし」ってこと? で大爆笑 d(*⌒▽⌒*)b
やっぱり阪神間よね。阪神タイガースからは離れられない。

そして、今日、この話を小舟さんにして、笑っていたら
あちらから何だか聞きなれたあのメロディーが三味線で・・・
「チャンチャカチャンチャン♪チャチャチャチャンチャン
チャンチャカチャンチャン♪チャチャチャチャ〜〜〜ン」って

「え〜〜〜三味線で六甲おろし〜〜?!」

小舟さんの息子ちゃんも一緒になって3人で大笑いでした。

凄いシンクロでしょう?
| komichi | - | 20:09 | comments(0) | - |
今日、3つ目のトピ立てです
昼ごろグレ友さんからメールがあって
思い出しました、今日はGLAYライブチケットの当落発表日だって。

早速確認してたら、また別のライブで東京に行ってる娘からもメールが。

ふたり分の当落確認。

HSとMS・・・全滅 (>_<)

カウントダウンは2daysあって、
一人4枚って言うから、甘くみていましたが
凄い激戦だったわけです。

ZEPPのほうは、やっとさっき電話が繋がって確認。

私はダメだったのに、娘は当選してました

夕方にGLAYカードから先行のハガキが来たので
私は行かないけど娘のために、カウントダウンにエントリーするつもりです。


は〜〜〜あ・・・今年はもうライブは無しなんだ・・・って思うと
さ・び・し〜〜〜〜い(T_T)
| komichi | - | 19:38 | comments(11) | - |
先週のつづき
スウェーデンボルグのことを長々と書いてしまいましたが
彼が作った「新教会」とホメオパシーの創始者ハーネマンとは
ほぼ同じような扱いを社会では受けるようになって行きます。

つまり、一般社会=表の社会では、市場経済が最優先されて
人間の本質に基づく、本当に良いもの・・・は、ないがしろにされて
裏の社会=秘められたもの、としてしか
生きて行かれなくなったのです。

スウェーデンボルグはそれでも、自分の信念に基づいて
それまでの自分の社会的業績には見向きもせずに
自説を唱え続けるわけですが
結局、ロンドンで異端裁判を受けている間になくなってしまいました。

ハーネマンもスウェーデンボルグと同じように
全くひたむきな人間でしたが、
88歳でパリで死を迎えたときは、幻滅と失望の中でした。

しかし、同種療法(ホメオパシー)は現在では世界中の多くの国々で実践され尊重されています。

ただ、アメリカと日本では、
今でも殆ど無視され続けているのですが
それは、製薬会社と医療現場と政治がからまって
巨大な産業になっていることからであろうと思います。

また、日本の宗教アレルギーの酷さにも原因があるでしょう。

ちょっと自分の理解を超えると、
すぐに「それ変な宗教?」という
思考しかできない人があまりにも多すぎます。

さて、つぎに話はフランクル→ブーバー→シュタイナーと
続いていくのですが
フランクルとブーバーはユダヤ人なので
おなじユダヤ教の流れをくみ、ここでも「ハシディズム」のことはでてきました。

最後に多くのページを割いて
シュタイナーとフランクルの一致する点と異なる点が
あげられていますが
最後のシュタイナー思想と禅の修行者のための
「十牛図」との比較はとっても面白いものでした。

シュタイナーの考え方をこれほど的確に、
シンプルに解りやすく解説した本は初めてだと思います。

東洋の思想とシュタイナー的西洋思想の共通点など
興味のある方は是非、読んでみてください。
お薦めです。
| komichi | - | 17:45 | comments(2) | - |
「エイジ」読みました

muupontmさんのお薦めで
初めて重松清氏の作品「エイジ」を読みました。

面白かったです。
3日で読みましたが、昨夜は終盤にさしかかっていたので止められず
深夜1時過ぎまでになってしまいました。

読み始めは「あれ?これどこかでこの感覚味わったことあるな・・・」って感じていて、思い出したのが
サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」でした。

主人公のエイジはホールデン・コールフィールドに似たキャラクター。

ホールデンはアメリカのハイスクールの生徒で
エイジは日本の中学生。
でも、中盤から似てるとか何とかそんなことはどうでもよくなってきて
物語、エイジの心の中の声がバンバン響いてきました。

今の中学生のありのままがとってもよく描き出してありますが
考えて見ると、こんな感じは私が高校生だったときに酷似しているかな・・・って。

私が中学だったときはみんなもっと子どもでした。

そして、つくづく思春期の子ども達は大変だなぁ・・・って思いました。
この思春期の子どものありようを
ちゃんと教えてくれたのは、キリスト者共同体の小林司祭でした。

小林氏の幾つかの講演で聞いたのですが
それまでも、それからも他からは一度もこのような事は耳にしたことがない。
それだけ、みんなが教師であろうと識者と言われる人であろうと
まことに人間というものを把握している人が殆どいない、ということだろうと思います。

小説の中で中学生のエイジをとりまく大人達の嘘臭さがプンプン臭ってきて
私でさえ「どうしてそんなに嘘臭いんだ〜?」って言ってやりたいくらい。

この子のお母さん、一見、その辺の母親の中ではよくできた人だと思いますが、私がすっごく嫌いなタイプの母親です。
そして、その母親にこの子はよく「キレ」ずにつきあってるなぁ〜
いい子なんだなぁ〜、子ども業も大変だよね、って感じます。

こんな環境と教育制度の中でまともに育っていくことの方が大変かも。
でも、それだからって、「昔がよかった」なんて私は絶対に思わないです。
人も文化も進んで行くしかないのですから
懐古趣味は嫌いなんです。

重松清の他の作品も読んでみたくなりました。
| komichi | - | 11:00 | comments(2) | - |
JIRO君 
火曜日に実家から帰宅したら、
娘の部屋に旅行のバッグに荷物が詰まったまま置いてありました。

帰宅した夫に聞いてみると、
娘は土曜日から東京に行っていて、
火曜の朝に帰り、そのまま出勤したらしい。

夜になってTERUさんのブログをみたら
「キャンディ・ストリッパーのファッションショーに行ったと書いてありました」

THE PREDATORSが出演したんですね。

しっかり見逃さない娘であります。
JIRO君がでるところにはどこへでも馳せ参じます!!ですね(笑)

それで、後で娘に「ショーにTERUさん行ってたらしいけど来てるの見えた?」と聞くと
「そんな方見てへん」というすげない返事。
JIRO&HISA以外には興味ないらしい・・・(ーー;)

さて、MSからの記事です。

「BASS MAGAZIN」10月号の表紙もJIRO君だそうですが
11月に別冊で特集が発売されるそうです。
これは買い!ですね。

***************************
BASS MAGAZINE(リットー・ミュージック)の増刊SPECIAL FEATURE SERIESにJIROがラインアップ。
“貴重な写真と本人の言葉で綴るベーシスト、JIROのすべて”が収録されている、まさに永久保存版です。

この記事の詳細>>

◎シリーズ名:
BASS MAGAZINE SPECIAL FEATURE SERIES
◎タイトル:『JIRO/GLAY』
◎価格:本体2,000円+税
◎判型:280×210mm A4変形
◎ページ数:表紙込み116P(表紙抜き112P)
◎発行:リットー・ミュージック
◎発売日:11月25日

--------------------------------------------------------------------------------
今やベーシストとして、人間として、成熟した魅力を放っているJIRO(GLAY)。本書は彼のすべてを1冊に凝縮したもので、その人間像をあらゆる角度から浮き彫りにするべく、まずは撮り下ろしグラビアとロング・インタビューから歩みをひも解いていく。
学生時代やアマチュア時代の思い出、GLAY各作品にまつわるエピソードや苦悩した時期の話まで、自らの言葉で今あえて振り返るその内容は永久保存版だ。
さらに少年期から最新ライヴまでを辿るフォト・ヒストリー、長年にわたりベースを弾いてきた両手の写真、機材コレクション、歴代ピック・ギャラリー、愛用カメラ紹介、本人撮影によるメンバー・ポートレートなど、この本だけの特別記事が詰まっている。
また、推薦アルバム・ガイドや本人厳選GLAY楽曲のベース・スコアをコメント付きで掲載するなど、細部までJIROの目線を加えている。
ベース・マガジンが過去に行なったインタビューも再収録しており、その時々の発言からは彼が成長してきた過程も知ることができる。
(出版社プレスリリースより)

◎コンテンツ
SPECIAL INTERVIEW:GLAYの軌跡とベーシストとしての歩み
LIVE PHOTO HISTORY:ヴィジュアルで辿るヒストリー
THE BASSIST'S HANDS:ベーシスト=JIROの手
BASS GUITARS & EQUIPMENTS:ベース&機材コレクション
TOUR PICKS GALLERY:ツアー・ピック・ギャラリー
ROOM OF SHUTTER SPEEDS:愛用カメラ・セレクション
PORTRAITS OF GLAY:JIROの視線から見るGLAY
BASS MAGAZINE INTERVIEWS:ベース・マガジン インタビュー集1997-2007
DISCOGRAPHY:CD&映像作品ディスコグラフィ
RECOMMEND DISCS:JIRO推薦アルバム・ガイド20選
BASS SCORES SELECTED by JIRO:プレイ・フォーム&JIRO厳選曲ベース・スコア
  (「ビリビリクラッシュメン」「ピーク果てしなく ソウル限りなく」「SORRY LOVE」「VERB」「紅と黒のMATADORA」)

リットー・ミュージック特設ページ
| komichi | - | 19:40 | comments(4) | - |
スウェーデンボルグ
昨日の続きです。

昔この人の「霊界旅行」を読んだときは、いわゆる「とんでも本」だろうと思ったりもして、あまり大きな声で言えることではないのだと思っていました。

でも、最近、あちこちで頻繁にこの名前を目にすることが多くなりました。

スウェーデンボルグは17世紀のヨーロッパでは名前の鳴り響いた学者であったようです。

ウプサラ大学を途中で離れて、ヨーロッパ各国を次々と遊学してまわり
多岐にわたる勉強と研究をしていた科学者でした。

遊学中に様々な工学的な発明を企て、詳細な設計図を描いているそうです。
潜航艇、自動空気銃、航空機、はね橋、水時計、自動演奏楽器
その他水力を動力源とする鉱石巻き上げ機、鉱山や河川工事関係の大掛かりな装置などが実用化されているとあります。

そして31歳から終身の貴族院議員であり
国王みずからに招かれて王立鉱山局の監督を長年勤めています。

国会議員として沢山の法律法令を提出したり
鉱山のことから派生して地質学の先駆者となり書籍を出版し
また哲学や冶金学の著書を出版することによって
一躍その名をヨーロッパ中に知らしめることになりました。

そのスェーデンボルグが52歳ころから強烈な神秘体験をするようになり
その後の人生が前半生とは違った世界の研究に没頭するようになります。

彼のこの前半の流れを知らずに後半だけしか知らなかった私は
江原さんや美輪さんと同じくらいの人かな・・・なんて思っていました。

でも、この本に書いてある
「原理論」に見られる「太陽系生成理論の概要」なんて
現在の理論物理学か量子力学か宇宙論か?っていう感じです。

この理論が正しいのかどうかなんて私には解りませんが
ある点ではシュタイナーの宇宙論と同種のもののように感じます。

さて、3章の「同種療法と新教会」とあるところで
「同種療法」とは「ホメオパシー」のことであり
「新教会」とは、それまでのキリスト教、
いわゆるローマ教会(カトリックであれプロテスタントであれ
一般のキリスト教はローマ教会です)
とは違った教会のことなのですが
これが繋がってきたので読んでいて私は驚いてしまったのです。

スウェーデンボルグは「新教会」として
それまで世界中を牛耳っていたローマ教会=顕教とは違った立場から
「秘教」の中に入って行ったのです。
そして、ヘレン・ケラーは実体験からこの「新教会」へと繋がっていったのだそうです。

今日はここまでにします。


| komichi | - | 18:25 | comments(2) | - |
私が歩いて来た道

私が本の世界で10代から巡り合って来た多くの先人達。

脈絡無く読んできたつもりの書籍ですが
ここへ来て、一気に繋がったことに心底驚いています。

その本がこれなんです。

「いのちの声を聞く」

高橋和夫・塚田幸三(著)  ホメオパシー出版  ¥1680    



商品の説明
いま、世界はたいへんな危機にあると言われます。地球温暖化、食糧や水の不足、新型インフルエンザ、金融システムの瓦解…。わが国においても市場原理主義的政策が行き詰まり、格差の問題、医療崩壊、教育の危機的状況など、まったく明るい見通しはありません。
しかしまた、このような閉塞感に包まれた時代だからこそ、安易に悲観主義やニヒリズムに流れるのではなく、各人が勇気を持って前向きに生きなければならないのではないでしょうか。本書では、人生の意味を誠実に問うて生きた先人たちの声を聞くことを主眼とし、明石海人、新井奥邃、ヘレン・ケラー、エマヌエル・スウェーデンボルグ、V・E・フランクル、ルドルフ・シュタイナーに関する既発表の興味深い論考をまとめました。
◆目次より
第1章 いのちの声を聞く
  1-1 明石海人生誕百年とハンセン病訴訟和解
      無私のキリスト者 新井奥邃小伝
  1-2 ヘレン・ケラーの宗教感 
第2章 スウェーデンボルグの世界
  2-1 スウェーデンボルグの霊魂探究
  2-2 スウェーデンボルグ VS カント 
第3章 同種療法と新教会
第4章 フランクルとシュタイナーの世界
  4-1 フランクルとシュタイナーに学ぶ人生の意味
  4-2 シュタイナーの世界観と「十牛図」 "

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大学に入学してすぐに先生が「これくら読んでおかないと、大人とは言えない」と言われて読んだのが
精神医学者のヴィクトール・フランクルの「夜と霧」
これについては以前ここでも書いて
muupontmさんが実際読んでくださいました。

ナチスの強制収容所から生還した人ですが
その壮絶な内容に私は打ちのめされました。
しかし、その後もこの人の
「それでも私は人生にイエスと言う」という
著書で私はどれだけ救われたか。

その後に父が読んで説明してくれたのが
エマヌエル・スウェーデンボルグの「霊界旅行」
これもかなりなショックでしたね。

でも、この人のことは単なる霊能者だ・・・くらいにしか思ってなかったので、その後に探究心は全く湧きませんでした。

ヘレンケラーは勿論「奇跡の人」として
いろいろと情報が入ってきていましたが
映画で見たことをそのまま信じていた気がしますし
それ以上深く探求したわけではありませんが
いつか、著書を読んでみたいと思っていました。

シュタイナー関連の冊子で
明石海人のことを知ったのは今から10年くらい前です。

ハンセン病で瀬戸内海の小島、長島愛生園に収容されてから
崩れ行く己の体、消すことのできない望郷の念、家族への愛
それらを、短歌に読み続け、キリスト者として澄み渡る境地に達して
なくなった人です。

続きは、また明日に・・・
| komichi | - | 20:06 | comments(4) | - |
先週末より帰郷してました
今回は短かったけど実家に帰っていました。

ちょうど気候もよくて、時期としては今を逃すともう
冬の間には帰れないから
とりあえず、いろいろと用事を済ましに行って来ました。

それで、ここに書きたいこと沢山あるのですが
まだ、ちゃんとまとまってないのと
何だか、慌しくてじっくり考える暇もないのです。

ですが、今日は朝からコーラスに行って、
ランチもみっちりして来たので
今は、買い出し、掃除、荷物の片付け、夕食準備など
バタバタとしています。



| komichi | - | 18:10 | comments(2) | - |
また迷子(T_T)
mixiと同じ日記ですがこちらにもアップします。

今日はずっと前から楽しみにしていた
「ホメオパシーを楽しむ会の定例会&新旧親睦会」の日でした。

私の提案で梅田のあるお店でランチの予定だったのですが
集合場所はharumamaさんが探してくれた
大阪マルビルの中のスタバでした。

スタバに10時!!・・・これ、ずっと前からわかっていて
昨日も逆算して何時に家をでればいいのか計算。

今朝しっかり家事を終えて、支度し終わってみると
「あれ?随分早いじゃないの。じゃあ、ちょっと本でも読んでよう」って。
それから時間通りに電車に乗ってたらharumamaさんから電話!!
「ひと電車乗り遅れました」ってメールが来てた彼女の方が既に到着していて、電話をくれたわけですが
その時点で私は普通に「今電車の中」とか答えて切ったのです。

その直後!!\(◎o◎)/!
「あれ〜〜〜!!約束は10時なのに今10:10分じゃないの!!
私、10:30分に着くつもりで家をでてきたわ!!
なんで〜〜?」と冷や汗、大汗。

よく考えたら、いっつも梅田で待ち合わせする友人とは
10:30に紀伊国屋ビッグマン前・・・が定番なんです。

あのとき、本なんか読んでないで、そのまま出てれば
10時に着いたはずなのに、、、、

おお慌てて約束場所に向かったのに、マルビルがみつからない!! (>_<)

仕方なく行き先変更でもうご飯家さんに行ってるわ、って電話して
行ってみたら、まだ地下1階にもはいれず。
しかたなく、3人の人に尋ねつつまたスタバへ。

やっと辿り着いたら、もうみんなは目的地に移動済み(T_T)

それからまたそちらへ移動・・・新しい靴履いていったから
足は豆だらけ、二日分くらい運動したかも。
みんなに合流できたときの第一声・・・もう死にそう〜〜 (T_T)

これまで何度もこの辺りをうろうろしてるのに
どうして、こんなに迷子になるのかしら?これ何とかしなくっちゃ。

でも、まあ、その後の会食では、このお店のランチ
すごくみんなも喜んでくれて、よかったです。

初対面の二人も入れて話はおお盛り上がり\(*^▽^*)ノ

ただひまわりさん(mixiサイトでの知り合い)
が昨日から発熱されてて来られなかったのが残念でした。
前から会いたい、会いたいって何度計画しても実行に移せなくて
今回こそって凄く楽しみにしてたのですけど・・・

でも、話はホメオパシーのこと、シュタイナーのこと
みず絵やオイリュトミーのこと、子育てのこと
フラワーレメディのこと、情報交換などなど
それぞれの皆さんの体験など話あい、聞きあい
本当に有意義な時間でした。

瞬く間に時間は過ぎて、お開きに。

私を含む近くの3人だけが場所を変えて、
美味しいケーキ屋さんにお茶しに行きました。

遠くから来られた皆さん、お疲れ様でした。

また次も楽しみですね(^o^)
| komichi | - | 20:17 | comments(4) | - |
コーラス仲間がSMAPライブに
先週はお休みしたコーラス、今日はとっても楽しみで行って来ました。

私達のランチ仲間で最年長の方が
前からキムタクのファンで、
息子さんのお嫁さんとお孫さん達が
ファンクラブに入っているのを知って
昨年ファンクラブに入ったのです。

その時、会報など見せてもらいました。

そしてやっと、今回久々のSMAPドーム・ツアーですね。

お嫁さんグループには入れてもらえなかったとかで
単独でチケットの申込みをしてみごとゲット!!\(*^▽^*)ノ

でも、あまり事情をしらなかったから
1枚しか申し込まなかったとか。
しかも、立っちゃいけない「着席」の場所。

でも、前から2列目だとか!!\(◎o◎)/!

なのに、ライブが明日に迫った今日はうかない顔をしていました。
知り合いや兄弟に「やめなさい」と言われたとか。

危ない、とか、歳がいもない、とか、体に悪い、とか・・・

すごく怖気づいてしまったようなのです。

いろいろコンサートやミュージカルなどには積極的に行かれる人ですが
私より20歳年上。
周りの人達に凄くバカにされたとか、いい歳してキムタクなんて・・・って。
おにぎりを持って行って、始まる前に食べるって言ったら
妹さんが「そんなみっともないこと止めなさい」って言ったとか。

「そんなことないですよ。
私もいつもライブ前はおにぎり食べますよ。
みんなそうしてますよ」って言いました。

それで私も他のメンバーも一生懸命にいろいろ後押ししました。

そういう前向きな好奇心旺盛なところがあるから
実年齢よりは10歳以上若く見えるし、実際若い。

行ったことも無い人がどうして「行くな」って言えるの?
行った事があって「危ないからやめたら?」というのならまだわかる。

着席のところなら大丈夫だし、
もし途中でいやになったら帰ればいいんだから
でも、ジャニーズ系のライブは楽しいよ!
帰りたいなんて思わないから、きっと。

開演少し前に行けば、そんなに混んでないし大丈夫。

行くときも電車に乗った時点ですぐわかるから
降りたら人が大勢歩いて行ってるのに
一緒について行けば場所もわかるから
なにしろ5万人だから、迷子にはならないから
などなど、いっぱいアドバイスして、
背中を押して来ました。

さっきもメールで応援したら、「行きます!」とのこと。

来週のお土産話が楽しみです。




| komichi | - | 18:17 | comments(4) | - |
やっと昨日、会報が届きました
待ちに待ったGLAYファンクラブの会報が届き\(*^▽^*)ノ
二日で読了。

まず、表紙の写真がすっごくいい!!
この4人の笑顔、見てるだけで和んできちゃいます。

でも、これ、アメリカライブの本番直前のものなのらしい。

なのに、全然緊張しているようには見えない、和み感。
素晴らしい☆

とくにHISA君が!!
なんてかわいいのでしょう!!
って表紙の写真もアップせずに書いても仕方ないのですが
写真とるのわすれてしまいましたm( _ _ )m

内容は、アメリカライブの記事を読んでいて
鳥肌が立つくらい感動してしまいました。
記者は現地の人なんですよね。
それがこんな風に書いてくれて、ううう(T_T)嬉しい・・・

他の部分はまた、ゆっくりと・・・ということで。
今日はこの辺で。
| komichi | - | 20:07 | comments(4) | - |
待望の映画館\(*^▽^*)ノ
私が住んでいるところは結構大きな乗換え駅なのに
ちょっと前まで、近くにはパチンコ屋もありませんでした。

そしてどういうわけか映画館もありません。

それが、長年の念願叶って11月末に「阪急西宮ガーデンズ」という
一大ショッピングセンターができて
その中に12館の映画館が入ります。

メインは阪急デパートですけど
その外に全文で268の店舗が入る予定だそうです。

http://nishinomiya-gardens.com/index.html

上のサイトに全店舗が記載してありますが
もう梅田や三宮まででなくても
ほとんどの用事は済みそうです。

レストランなども沢山あって、
コーラスの後にどこでランチするかを悩まなくて済むようですね。

もともと、この辺りは昔阪急西宮スタジアムがあった場所で
ブレーブスがまだ阪急の球団だったころには
夕食終わってから座布団と団扇をもってぶらっと外野席に見に行ったり
できていました。

観客はあまりいなくて、外野などガラガラ。
でも夕涼みにはよかったです。

そして、ここに「スタジアム・ツアー」でGLAYが来てくれたのが
1998年夏。
それ以来、私達親子の生活が一変してしまったのですね。

だから野球場が無くなったときは名残惜しくて残念でしたけど
こんな風に変わってくれて今は嬉しいです。

後は側の兵庫県立芸術文化センターに
GLAYがライブで来てくれたら
最高なんですけどね(笑)


| komichi | - | 17:10 | comments(2) | - |
またこの季節
期間限定でまたこのテンプレートにしました。

この色合い、秋も深まりそうですね。

追加記入

最近、パソコンの調子が良くなくて
突然勝手にシャットダウンして再起動したり
フリーズしたり
ピーピー鳴ったまま動かなくなったりで
昨日、今日は新着のメールが全部消えて無くなってしまいました。

もし、大事なメールだったらどうしよう・・・と心配なのですが
どうしようもありません。

近々、修理に出さないといけないかもしれません。
| komichi | - | 10:22 | comments(8) | - |
アクロス・ザ・ユニバース
最近、この映画のことを知って是非見たいと思っていましたが
こちらでは上映していないようです。

解説
「アクロス・ザ・ユニバース」驚きがいっぱいの独創的なミュージカル

 ビートルズの歌曲だけを使ってミュージカル映画を作る。陳腐なアイデアに思えるかもしれない。しかし、それを実現するのがジュリー・テイモアとなれば、話は別だ。彼女は舞台版「ライオンキング」でミュージカルの常識を覆し、「タイタス」「フリーダ」では斬新な映像センスでストーリーテリングの可能性を押し広げた鬼才。もちろんこのミュージカルでも、少しも期待を裏切らない。  物語は若者たちの恋と友情を語る、ごくごくシンプルなもの。しかし、ビートルズの33曲がストーリーと登場人物の心情にピタリと当てはまり、60年代という時代そのものの豊かな表現になっている。しかも、曲ごとにガラリと色を変える語り口の多様性、独創性ときたら! 俳優たち自身のライブによる歌声は、ミュージカル嫌いでも思わず引き込まれるリアルな感情と空気感をたたえて見事だし、普通のミュージカルならダンスがもたらす躍動を、映像そのものが担っているのだ。しかも、この曲をそう使うのか! という、たまらない驚きがいっぱい。恋人ではなく、徴兵ポスターの語りかけから始まる“アイ・ウォント・ユー”(ヘビーな彼女の正体に注目!)や、イチゴ爆弾が炸裂する“ストロベリー・フィールズ・フォーエバー”など、テイモア印の大胆で爆発的な発想は見る者を圧倒。まるで万華鏡を覗いているような、めくるめくマジカル・ミステリー・ツアーに連れ出してくれる。

現在東京の吉祥寺バウスシアターで上映中。

関東在住の方、見てきてください。
私は仕方ないからDVDになったら見ます。

| komichi | - | 21:57 | comments(7) | - |
続いて読書ネタ
先日書いた、クリシュナムルティの本と同時に
「ファウスト博士の超覚醒法」斉藤啓一著 MU-BOOKS
を読みました。

題名だけ見るとなんだか「怪しい」感じで
目次を見てもやっぱり「怪しい」(笑)
出版社名を見ると、さらに「怪しい」(爆)

裏表紙には「あなたの意識を覚醒させよ!!
そうすれば、たちまち超能力がついてくる!
透視・予知能力の開発、オーラを見る視力
願望をかなえる魔法の鏡、霊的召使の想像・・・」

もう、凄いでしょう?(爆)

すでに絶版になっている本だということでネットで古本を購入したのですが
こんなだとは思ってなくて
この裏表紙を読んだときは、中を読むのやめようかと思いました。

だって、オーラなんて見えるようになりたくないし
まして予知能力なんて欲しくもなんともない。

それでなくたって、いろいろ困ってるのに。

本当に時々だけど、私、正夢みちゃうし、
シンクロだらけだし、
お墓参りにも行けないし、
これ以上超能力なんていらないです。

だけど、まあ、読めるところまで読もうと思って始めてみました。

そしたら、面白い!!\(*^▽^*)ノ

しかも、ここに書いてある修行のようなこと
できるはずもないし(笑)

だから、オーラが見えるようになるはずもない(爆)

でも、結局はそれができるようになるとかならないとかの問題ではなく
要するに、この世のほぼ全ての人が眠ったままのような
状態で生きている・・・ここから目覚めなさい!!ということですね。

もう2000年前からキリストが言ってました。
「目覚めなさい!!」って。

2000年経っても、みんな全然目覚めてない。

だから、戦争や飢餓やテロなどが絶え間なく起こるし
その結果、地球自体がおかしくなってきてる。

全ての原因はひとりひとりが目覚めてないからなんですね。

クリシュナムルティも「神との対話」も「アミ・小さな宇宙人」もシュタイナーも、この本も全部、エッセンスは同じ。

眠ってないで、起きなさい!!なんです。
| komichi | - | 21:43 | comments(7) | - |
読書ネタです
先日ここに書いた、クリシュナムルティの「自我の終焉」読了しました。

というか、前半じっくり読みましたが
後半はQ&A方式になってて、前半とほぼ同じ内容だったので
さっと、斜め読みしました。

確かに、凄いです、この人。

仰ってること、非常に解ります・・・いえ、何をいわんとするかは
解ります。

だけど、もう殆ど「禅問答」の域に達していて
全部理解することなど、私のような凡人には到底到達できない領域です。

もう、「仰るとおりで、畏れ入ります、ははぁ〜〜〜」と
ひれ伏すしかないような感じでした。

でも、これはもう到底無理無理としか言いようがない。
シュタイナーが書いた「いかにして超感覚的世界を認識するか」という本
でさえ、これに比べたら、まだ親切だよな・・・っていう感じ。

私はこの「イカ超」でさえ、四苦八苦しながら何とか読み終えて
もう、ぜ〜ぜ〜いう感じだったのですが
私の友人でちょっとある能力を持ってる人は
初めてシュタイナーに接して、この本をス〜ッと読んでしまい
その感想が
「シュタイナーって、とっても優しい人やね。
愛情溢れてるわ。
同じことを繰り返し繰り返し、読者が理解できるように
優しく語ってくれてるもん」と。

これにはびっくりしました。

「どの辺が優しいわけ〜?」っと、思わず聞いてしまいました、私。

あの難解なシュタイナー・・・でもこのクリシュナムルティに比べたら
やっぱりシュタイナーは優しいわ。
いえ、読むのが簡単と言う意味ではなくて
人物的に優しい人だっていうことです。

別にクリシュナムルティが意地悪、とかじゃなくて
やっぱりこの人はインドの人だから
東洋的、仏教的、な要素が大部分を占めていて
徹頭徹尾、理論的だし、究極的には「愛」しかないと言ってるけど
その「愛」が厳しすぎて!!

研ぎ澄まされ過ぎて、読んでて辛い(>_<)

到底そんな域に達する人、いないでしょう・・・としか思えない。

とすると、ブーバーはよかったわ(^o^)
とっても人間的で、懐いてしまいたい感じ(笑)

まだまだ、私はクリシュナムルティには
太刀打ちできませんでしたm( _ _ )m(笑)
| komichi | - | 19:47 | comments(8) | - |
GLAY ファンクラブ限定・カウントダウンライブ&ライブハウス
ちょっと遅くなりましたが
GLAYの予定です。

一昨日のこと、グレ友さんからケータイに情報が入り
モバイルサイトではすでにエントリー始まってるとのこと\(◎o◎)/!

私はファンクラブとネットのメンバーズサイトは入っているけど
つい最近できたモバイルまでには加入してないので
メールもらって驚きました。

きっと会報には何かの情報が入ってるとは思っていましたが
なぜにモバイルだけ先に情報が流れるの?
とちょっと僻み(ーー;)

まあ、エントリー形式だから早い、遅いは関係ないのですけどね。

12月30日と31日が幕張メッセで、ライブ。

その前にZEP仙台、東京、名古屋、大阪でライブがあります。

年末に家をあけて幕張までは行っていられないから
こっちはすっぱり諦めます(T_T)

ZEPの方はエントリーは1回のみ、なので
私は大阪狙いですね。

当たるといいなぁ〜〜〜〜!!!☆
| komichi | - | 19:29 | comments(4) | - |
てんやわんや
昨日の記事にチョコさんが書いてくださってることなのですが
昨夜、チョコさんからメール戴いて
以前、こちらから発送すると約束していたDVDは
その後どうなっているのでしょうか?・・・という意味のことでした。

本当の文章はもっと丁寧でしたよ(笑)

それで、私は思い起して見たら
約束していたのに、送っていない!!と思って
おお慌てで引き出しをみたら、1枚残っていました。

これは申し分けない!!と、メールで謝りまして
早速発送します、となったわけですが・・・
それからしばらくして・・・あれ?なんだか送ったような気がするけど・・・思い違いかな?

だけど、チョコさんにお手紙かいて、宛名を書いた覚えがある。
確かにある!・・・となっていって
お財布をみてみたら、発送したひかえが残っていました。

ヤマトのメール便で9月13日に送っていたのです。
それでネットで追跡してみたら、「受付」はしてあるのに「投函済み」になってない。

だから今朝問い合わせしたら、
ヤマトでもチェックしたけど、行方不明!!

こんなことあるんですね。

ヤマトの係員もとっても丁寧に対応してくれて平謝り。
でも時間が経ちすぎていたので
これからも探してみるけど、見通しは暗いです・・・と言われました。

送った後にすぐ追跡しなかった私の落ち度だし
発送しました、とチョコさんに連絡しなかったのもいけなかった。

いつも必ずと言っていいくらい、発送のお知らせメールするのに
なぜ、あの時だけしなかったのか?
いくら考えても解りません。

こんな感じでちょっとした隙に事故って起こるんだろうなぁ〜
なんて、変に感心しています。

ヤマトからはさっき、送料160円の返金がありました。

チョコさんには引き出しに入っていた予備として作っていたDVDを
今日発送しました。

DVD作ってるときに「何で予備なんだろう?」って
自分でも感じました(笑)

こういうことのためなんですね。
| komichi | - | 20:00 | comments(4) | - |


RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND  SELECTED ENTRIES RECENT COMMENTS
LINKS PROFILE OTHERS