小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << January 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「シッダールタ」
「シッダールタ」ヘルマン・ヘッセ著

42年前です。
これを読もう・・・と思ったのは。
だけど、何故か読まずに時が経ってしまいました。

そして今、不思議にも私の前に
「読んだほうがいいよ・・・」というメッセージを抱えた方が登場して
そしたら、手に入れるのは何も難しいことはない。
近くの書店にちゃんとあるじゃないですか。

どうしてこれまで読もうと思わなかったのか?
多分それは時期ではなかったからですね。

そして「今」でした。

先ほど読了して深い感動を覚えています。
これにも堪らずに赤線引きました(笑)

そして次は・・・「荒野の狼」ですね。

その前に別の本も注文してしまったので
そちらが先かもしれないけど
もう「荒野の狼」は私の射的距離にはいりましたから
大丈夫(笑)
近いうちにお目にかかれると思っています。
| komichi | - | 18:00 | comments(8) | - |
「裏山」
テレビ番組「森のラブレター供廚箸いΔ里鮓ました。


富良野に移住して長い、脚本家の倉本聰さんがメインの番組でしたが
その最後に倉本さんの詩が読み上げられました。

「裏山」

赤ちゃんが泣くように 
赤ちゃんがなくように
裏山が叫んでる
裏山が叫んでる

もう1ヶ月やまない雨に
地面は土でなく
目に見えぬ泥の山
もう溢れそう!
もう溢れそう!

裏山が今にも崩れかけているのに
父ちゃん なんで会社に行くの?
母ちゃん なんでお化粧してるの?
兄ちゃん なんでサッカー見てるの?
姉ちゃん 誰にメール打ってるの?

裏山が叫んでる
裏山が叫んでる
赤ちゃんが泣くように
赤ちゃんがなくように

どうして雨が続くの?
どうしてこの夏はこんなに寒いの?
誰が季節をこんなに変えたの?
どうしてみんなちゃんと聞かないの?

裏山が必死で叫んでる
逃げなさい!早く逃げなさい!
わしはもう土を支えきれない
もうじき山は崩れ
村を押しつぶす
裏山が叫んでる 
大声で叫んでる

赤ちゃんが泣くように
赤ちゃんが泣くように



本当に、真剣に考えないといけないのに・・・
そして行動に移さないといけないのに・・・

| komichi | - | 20:01 | comments(4) | - |
支払いが・・!(゚□゚;)
明日はマイケル・ジャクソンの「This Is It」のDVD発売日です。

予約注文していたので明日届くと思います。

早く観たいので、とっても楽しみなのですが
それ以前に予約していたGLAYの昨年夏の日産スタジアム
15周年ライブのDVDも明日が発売だったのです!\(@o@)/!

これもきっと明日届くはず♪

文字通り「嬉しい悲鳴」?(笑)
だけど、支払いが!!(゚□゚;)ガーン(。□。;)ガーン(;゚□゚)ガーン!!
しかもGLAYのファンクラブ限定DVDもあって
これは娘が一緒に注文してくれているのですが
しかし、支払うのに変わりはなくて
大変だわ!!

しばらく無駄遣いしないようにしておかないと・・・
でもこれがなかなかできない私です・・・辛い(T_T)
| komichi | - | 19:51 | comments(12) | - |
BS熱中夜話
3月5日、12日(金)20:00〜20:44
「BS熱中夜話」はGLAY特集です☆\(⌒∇⌒)/

番組HP http://www.nhk.or.jp/nettyu/2010/glay/index.html

で、GLAYに対する熱いメッセージを大募集しています。

200字以内ってとっても難しいけど
どんどん投稿しましょうね!!

私も文章を練ってから投稿します。
| komichi | - | 09:48 | comments(0) | - |
バイオ・ダイナミック農法による紅茶

「マカイバリ紅茶」というものです。

私は全然知らなかったのですが
アンズさんが送って下さいました。

インドの紅茶園「マカイバリ」によって
シュタイナーの「バイオ・ダイナミック農法」で栽培されたもので
一切の化学物質を含みません。

2種類の紅茶が届きましたが
予想していたものと全然違って
素敵なインドの布の巾着のようなものに入っています。

あけるのが勿体無くて
まだ飲んでいません。

「バイオ・ダイナミック農法」については
こちらをご覧になってください。
    ↓
http://www.makaibari.co.jp/sekai/biodynamic.html

(下のコメント欄に再度URLを入れますので
コピペで飛ぶか、下のURLから飛んでください)


私は以前、子安美知子さんが親子でドイツを訪問されたときの
様子が放映されたNHKのドキュメンタリー番組内で
この農法のことを知りました。

一般的な無農薬農法とはまた違った
本当の意味での宇宙と地球の自然とが密接に結びついた農業です。

アンズからの小包には
紅茶の入れ方まできちんとプリントしていれてありました。

明日、しっかりその方法で美味しい紅茶を楽しみます(⌒∇⌒)
| komichi | - | 19:43 | comments(3) | - |
ホメオパシー版「春のデトックス」
hanamizukiさんがmixiにとても参考になる記事を書いて下っていたので
ちゃっかりそのままいただいてしまいます。
勿論了解は得ていますので。

私は花粉症はないのですけど
昨年は黄砂にやられて、不調でした。

なので3日前からこれを始めています。

以下、hanamizukiさんの記事です。
        ↓
私は春になると どうも 体調がくずれやすくなる
昔は花粉の時期にはずーーーーーっと薬のんで その薬でまた
調子わるくって。。。

というのを繰り返してきたけれど。。。

息子のアトピーのおかげでいろんな事にきづかしてもらって
生活改善、体質改善。

お薬には頼らなくても寝込まなくって済むようになってはきた。
うまくいく年は ほとんど 不調がなくなる時もある。

毎年なってみないとわからない所が。。。

春はやっぱり黄砂(化学物質とウイルスの方舟〜なんていわれてます)と花粉が一緒にやってくると 弱りやすい

去年はバタバタしてできなかった1月のホメオパシ版デトックス

そろそろはじめようかと(*^。^*)

これは私の場合ですが 参考までにのせておきます。

KAN、JIN、HIZ で臓器サポート飲んで

1週間した位から

朝ナクスボミカ
夜ソーファー 
を1週間続ける。


それが面倒場合は ホメオパシージャパンの

JXキット やってから スプリングK
をためしてみるのもいいかもね☆

今まで何にもしたことない人は 個人でやるのはやめましょうね♪
大変かもしれませんから(@_@;)

けどホメオパシー実践者のみなさま そろそろやり時ですよ〜ヽ(^o^)丿
| komichi | - | 19:31 | comments(0) | - |
これでも努力しています

2月6日(土)は私たちのコーラスが所属している
コープ・カルチャー・センターの発表会です。

そのステージで私たちは4曲歌います。

「地球の仲間」・・・↑はその楽譜です。

沢山書き込みしています。
鉛筆だけじゃダメだからオレンジのマーカーもフル活用。

大事なところには○
それでも忘れるところに◎
何度歌っても注意点をきちんとできないところにはグルグル○

2曲目は「さびしいカシの木」
3曲目は「新しい季節」・・・↓はその楽譜です。


4曲目は「矢車草」

どれもそれぞれに特徴のある楽しい曲で
今回のように歌う曲全部がすき!!というのは
結構珍しいです。

とくに私は「矢車草」の詩がすきなので
歌詞を覚えてるかどうかを試しながら見ないで書いてみますね。

廻れよ廻れ 矢車草
まつげのような花乗せて
近づく夏に 仔ツバメも
黒い背中を見せて飛ぶ

廻れよ廻れ 矢車草
まぶしく光る風乗せて
遠のく馬車を追うように
海の響きも駆け抜ける

廻れよ廻れ 矢車草
昔のままの数乗せて
あの子の好きな紫を
僕は数えて指に折る

廻れよ廻れ 矢車草
背伸びに空の色乗せて
林の影を懐かしい
汽車の汽笛が渡ってく



色や音や風景が目の前に広がるような詩です。
作詞は名取和彦さん
作曲は湯山昭さん
です。

練習はあと1回しかないので
頑張って覚えなくっちゃ!!
| komichi | - | 19:46 | comments(6) | - |
15年目
今朝5時過ぎに目が覚めました。
別に意識していたわけじゃないのに・・・
「15年前のあの日、あと30分もしたらそうだったんだわ・・・」と
しばし感慨にふけりそのまままた眠りましたけど。

あの日から15年も経ってしまったんですね。
あの日のことはこれまでも何度も人に話したり
ここでも書いたりしてますけど
コーラスの仲間の間でも
もう何度お喋りしたかわからない。

しんみりしたものではないけど
それでも何度も何度も体験したことを
人は話あって、消化、昇華していくものなのでしょう。

前日の夜、私は娘の希望で
翌日に控えた学校での「百人一首・かるたとり大会」のために
「どらえもんの小倉百人一首」のCDをかけて
深夜までふたりで大笑いしながらかるた取りをしていました。

前年の大会で2位だった娘は「今年は1位になる!」と
頑張っていたからです。

だけど、翌朝からはそれどころではない日々が続くことになったのです。
私は和箪笥の下敷きになって腰椎骨折。
幸いにもご近所さんに助け出してもらって
その後も多くの人の助けのお陰で無事入院できましたけど
3ヶ月の重症でしたし
受験を控えた娘は
クラスで一番仲良しだったお友達を
そのおねえちゃんとともに失いました。

崩れそうな病院にには1週間しかいられなくて
私は友人に助けてもらって被害のなかった所の病院へ転院。

娘は私の実家に疎開しましたが
やはり西宮が恋しかったのでしょう
小学生の時からの親友の親御さんが
あちらから申し出てくださって
受験まで預かったいただきました。

夫は東京にいましたので
3人の家族が3箇所に過ごすことになったのですけど
そんなことはなんともありませんでした。
だって命があったのですから。

運び込まれた病院では
冷たいおにぎりでも配られただけでも有難かったのに
見も知らない女性が
「はよ、これ食べや〜〜」って
揚げたてのコロッケを
私の枕元に置いて行ってくれたこともありました。

人の心の温かさと
物は一瞬にして灰燼に帰すことを
身をもって体験したあの日でした。

今、ハイチでは神戸よりも
数倍も酷いことになっていますね。
見るだに心痛みます。
私たちにできることは何なのでしょうか?
せめて募金することくらいしかないのかな・・・と
こんなときは自分のちっぽけさが身に沁みます。
| komichi | - | 09:30 | comments(12) | - |
おおさか〜〜〜!!

曇りだったので写真が暗いですね。

関西に住んで30年。
ここに行ったことがありませんでした。

そう!「通天閣」
大阪在住の友人も一度も行ったことがない、
と前回のホリ・ヒロシ展を見に行ったときに意見が一致して
今日、ふたりで訪問して来ました。

地下鉄降りた途端に感じた空気感。
「おおさか!」だわ!!


上まで登って有名なビリケンさんに対面。
足の裏をコチョコチョやりながら
お願いごとをしてきました。

1954年にできたそうな通天閣は
私より1歳年下なだけで
その間ずっと足の裏をさすられ続けたのでしょう
こんなにへこんでました。

その後難波に向かい
「関西どんなもんじゃ!」っていう
もんじゃ焼きとお好み焼きを食べてから
法善寺横町に入り、水掛不動尊にお参り(ー人ー)

ここは以前火事で焼けてしまったのですが
現在の消防法からは特例としてはずされて
昔の通りに再建されていました。

お不動さんの横にある、
これまた有名な「夫婦ぜんざい」のお店でぜんざいを食べました。

寒かったので、暖かくて甘いぜんざいはとっても美味しかったです。
店内の壁には昔のスターの写真やサインが沢山飾ってあって
面白かったです。

寒い冬の一日でしたが
こうやって友人と出かけて遊べるようになった
今の境遇・・・嬉しいですね(*^。^*)
| komichi | - | 19:27 | comments(2) | - |
知ってますか?「エコチル調査」
ここにもよくコメント入れてくださる
hanamizukiさんが教えてくれたサイトです。

「Eco&Child Study」子ども、健康、環境
  子どもの健康、環境に関する全国調査
 通称「エコチル調査」
についての環境省のHPです。

http://www.env.go.jp/chemi/ceh/connection/data/mat_091020.pdf


1ページ目にこう書いてあります。
「中心仮説:胎児期から小児期にかけての化学物質曝露が、子どもの健康に
大きな影響を与えているのではないか?」

そしてかなりショッキングな赤ちゃんの写真が掲載してあります。

少しでも多くの人に見てもらいたいと思います。

有害化学性物質がどれだけ酷い状況を生み出しているかを知っていただきたいです。

これ、環境省がだしている記事ですからね。

もはやここまで来ている!!ということだと思います。

URLを再度下のコメント欄に入れますので
そこからだと飛べます。
| komichi | - | 20:03 | comments(3) | - |
ズラー氏お守り

年末のGLAYカウントダウン・ライブ恒例の
「愚麗神社」のお守りです。

娘から貰いました。

「ズラーがふたつ出たから・・・」って。

まあ、何でも理由はいいです(笑)

ズラー君のお守りには裏には「金運祈願」と書いてあります。
きっと今年の金運はついていることでしょう。

紅い紋付羽織のズラー君・・・可愛いわ\(⌒∇⌒)/
| komichi | - | 19:39 | comments(2) | - |
「This Is It」2度目観て来ました
再上映されているので
行かないときっと後悔すると思い
昨日観に行って来ました。

そしてやっぱり行って良かった\(⌒∇⌒)/

前回は夢中になっていたので細部まではみれなかったような気もするし
少し余裕を持って観れました。

だからと言って感動が少ないわけじゃないのです。
前回以上の感動がありました。

涙と鳥肌の連続でした。

シュタイナーの言う
「驚き」と「賞賛」と「帰依」と「融合」のことを
「生命の教育」で読んだばかりだったから
なおさらのこと
私は驚き続けました。

そして心からの賞賛をマイケルに
彼と一緒にあのLIVEを作り上げようとしていた人たちに
音に歌に踊りにセットに映像に
ずっとずっと送り続けました。

あれは人間技じゃないわ・・・と感じたのですが
あのフィルム上に動いているのは
確かに人間で、
彼と同じステージに立てるかもしれないという
オーディションの段階ですでに感動の涙を流している
若者たちの心の震えをそのままに感じながら観ていました。

そして彼が自分の命と引き換えに残していった
この地球と人類への愛を
ひしひしと感じました。

今地球は病気になっていて熱があるんだ。
だからあと4年のうちになんとかしないと手遅れになる・・・と。

「地球を癒そう」それがあなたのためであり自分のためであると。
| komichi | - | 10:09 | comments(8) | - |
「生命の教育」・・・追記
前の記事で「人生に、然り、という・・・」という部分を書きましたが
これを書いた後で気づいたことがありました。

それは、まだまだ私が若かったころ
私を支えてくれていた本の題名が
ドイツの精神医学者でアウシュビッツから生還し
「夜と霧」の著者である
ビクトール・フランクル博士の
「それでも私は人生にイエスと言う」本についてからの連想です。

私はこの本を何度読み返したでしょうか。

読み返したということは
私は自分の人生に全然「YES」と言えなかったからなのでした。

つまり私はずっと「YES」を追い求めていたのだと思うのですが
そんな時に中学時代の親友と
埼玉スーパー・アリーナにある
ジョン・レノン・ミュージアムに行きました。

その親友と私は中学時代からずっとビートルズを追い求めていたので
ジョンに会いに行く目的は
ロック&ロールなジョンを見たかったからで
ヨーコと結婚してからのジョンはあまり見たくなかったです。

だけど、一番最後に真っ白な部屋があって
そこにはに同じく真っ白な階段が作ってありました。
(ヨーコが昔イベントで使ったのは本当は梯子なのですけど)
それを上がっていった先に虫眼鏡がぶら下がっています。

その虫眼鏡で真っ白な天井を見てみると
そこには小さな文字で「YES」と書いてある。
ただそれだけなのですけど
これは実はジョンとヨーコが初めて出会ったときのあの場所を
再現してあった訳です。

これは有名なエピソードですが
私はこれにはとても感銘を受けたのです。

やはりヨーコはただ者ではなかったのですね。
ジョンは「あれが『NO』だったら僕達の結婚はあり得なかった」と
後に語っていましたけど
その通りだと私も思うのです。

ジョンは自分の人生についてずっと「WHY?」だったのだろうと思うからです。

そこで「生命の教育」に書かれている
ノヴァーリスの言葉
「運命と心情とは同一の概念を別の言葉で言い表したものに過ぎない」
に繋がっていくのです。

つまり「こんなはずではなかった」「こうすれば良かった」
という考え方の正反対に
「運命と心情がひとつだという立場があるのです。
これは今の自分の状況がどんな状況でも、
それは自分の心を表現しているのだ、
自分の心が今の状況を生み出したのだ、
自分が状況で、状況が自分であり
その間に区別がない、という立場です」とありました。

これには本当に驚きました。

これは五日市剛さんや「神との対話」の内容や
最近で言えば「ホ・オポノ・ポノ」ともちゃんと通じているではないですか!!

つまりジョンはずっと自分の人生に「WHY?」しか言えなかったに
そこに現れた女性が「YES」と言い切ってくれたのだと私は思うのです。

私もこれから胸を張って
歓びをもって
「然り」「YES」といえる人生を歩んで行けたら・・・と思います。

| komichi | - | 18:14 | comments(0) | - |
「生命の教育」
「生命の教育」高橋巌著 角川選書

やっと読み終わりました。
アンズさんに教えていただいた本ですが
一言で言うと・・・凄かった〜〜!!\(@o@)/!

何が?って思われると思いますが
何をどう書いていいのか・・・
つまり巌さんが80年以上の年月を掛けて
ご自分で学び吸収し思考して獲得したエキスを
ガッツリ戴いた!って感触です。

シュタイナーの講演録も著書も読みましたし
読みますが、これが私にとっては
サザエさんのお隣さんの「いささかなんぶつ」さんなんですよ(笑)

横になってなんてとても読めない(>_<)
だって、睡眠剤になりますから。

読むときは必ず机の前で赤鉛筆片手にきっちりしないと
頭に入っていかないし、入っていくことも少ないのです。

ですけど、巌さんの文章は・・・といより講演は
小林さんと一緒で(というか、小林さんが巌さんのお弟子さんだからなのでしょうけど・・)
とってもわかり易いのです。

一般人にわかるように、笑いも交えて身近なたとえ話で語ってくれます。

それでまず、「軽い神秘学」という出だしから引き込まれ
「苦悩を知り尽くしていながらも
歌い踊り笑い軽やかに生きる神・・・デゥオニソス神」の話から
始まるのですけど
これはまさしく私の目指すところであり
憧れなのです。

20ページの「私たち一人ひとり、何十億にもばらばらにされてしまって
一人ひとり孤独に生きているのです」の下りでは
何故か涙がじんわりと出てきてしまったのです。

そうか・・・そうだったのか・・・
とひとり頷き続けながら
目から鱗がまたも何十枚、いや何百枚と落ちたことでしょう!!

赤線をひきつつ読みましたが
それだけでは足らず、緑線、青線
そして付箋をつけて書き込みをして
本は1回で凄いことになってしまいましたが
もう一度読もうとしています。

書くと際限ないのでひとつだけ

「叡智とはただ一言、
すなわち人生に対して、然り、
というための手段に他ならない」

     シュタイナーのニーチェ論「ニーチェ・・・自らの時代と戦う 者」より。

是非是非読んでいただきたい素晴らしい著書です。
| komichi | - | 14:59 | comments(12) | - |
100万本はないけれど・・・

薔薇の花束です。
昨日は私の57回目の誕生日でした。

関東在住のグレ友さんだった(今はもうGLAYから離れているから)
心の娘から「何かを送りました」・・・というメールが来て
読んでいる最中に♪ピンポーン♪と届いた巨大な箱!!

ワクワクしながら開けてみたら
この花束\(⌒∇⌒)/
「歳の数だけいれました」って書いてあったのですが
その辺は細かい気遣いとともに
5本減らしてありました(爆)

52本の薔薇の花束・・・生まれて初めてです
こんなに沢山のお花を貰うのは。
しかも彼女の中で私のイメージは「トルコキキョウ」だそうですが
お花屋さんで「あれは夏の花だからありません」といわれたとか。

でもでも、ここ数年来
私の薔薇好きがどんどん高じてきていることを
彼女は知る由もないのに
ど真ん中でした⌒(o^▽^o)ノ

でもこれをいっぺんに生ける花瓶はありません。
仕方なく分けて花瓶3本になりました。

ちょっと窮屈そうだったので
この写真をとった後でもう一度やり直したら
花瓶4本になりました。
今も廻りじゅう薔薇に囲まれてしあわせです。

他の友人からもメール貰ったり
カードが来たり
夫はシュークリームとクッキーの詰め合わせを買って来てくれました。

母から毎年電話がかかるのですが
今年は私の方から電話して
「寒い中産んでくれてありがとう」と
生まれて初めて言葉にできました。

まだまだきちんと気持ちを伝えられたかっていうと
照れくさくて、冗談めかしてしかいえませんでした。

来年はもっとちゃんと私の感謝の気持ちを伝えられるくらい
成長できているといいのですけど・・・(*^。^*)

| komichi | - | 19:24 | comments(12) | - |
昨日は初コーラス
3週間も間が空くととっても淋しいので
初コーラス・・・心待ちにしていました。

皆さんも同じ気持ちだったようですね。

初めて歌った歌「山の子供」
私は全然耳にしたこともなかったですけど
ご存知の方もちらほら。

いかにも小学唱歌といった感じの曲でしたけど
カノンになってて自分が歌いながらも
他のパートを聞くのが楽しい曲でした。

そして2月のステージ本番を控えて
楽譜をきちんと同じ大きさに揃えるために
「周りを切り取るか、縮小コピーをして来て下さい」と
年末に先生があれほど仰ったのに
やっぱり何もして来ない人がいて
しかも、先生がお話しているときも
全然聞いていない!!

「今しゃべらんといかんのかい!!」って
突っ込みたくなるほどのお喋り。
とうとう先生がはっきりと注意されました。

「人の話を聞きましょう!」って。

小学生以下ですね、あの態度は。
歳をとると、
どうしてああもマイペース・・・それも超マイペースになるのか?

ランチの時にいつものメンバー5人で
「ああはなるまい・・・」と言い合ったのです。
なりかけたらお互い注意しよう!・・・ですね。

そして私が話題のひとつとして前にここでも書いた
貯犬箱のことを話したら
皆さん「是非みてみたい」となって
その後早速4人引き連れてお店に行きました。

店頭に出ていたのはもう壊れているのか
電池切れか動かなかったのですけど
3人が気に入って即購入!\(@o@)/!

私は「え〜〜!そんなにみんな買っちゃうの?」と
なんだか責任を感じてしまいました。
「動かしてみたら
面白くないって言われたらどうしよう・・・」なんて思って。

でもそれは杞憂だったようで
一人からメールで「面白い!」と来たので
ほっと胸をなでおろしました。

| komichi | - | 17:47 | comments(0) | - |
「日本人の知らない日本語」
昨年の暮れにmixiの日記に書いた記事ですが
こちらでもこの本をご紹介したくて転載します。

「日本人の知らない日本語」蛇蔵&海野凪子 メディア・ファクトリー

hanamizukiさんのお薦めで読んでみました。

マンガと活字の両方ですがとっても読み易くて面白かったです。
勉強にもなりました。

日本に留学して来ている世界中からの留学生たちに
日本語を教えている凪子先生の
日々の驚きと苦労と楽しさがよく伝わってきます。
そして、思わず吹き出すところが一杯。

だけど、これを読んでいて「あれ?」と思い出したことがありました。

この本にでてくる、
日本語学校に通っている諸外国からの留学生たちの
言い間違いや勘違いと同じようなことを
私たちもしょっちゅう耳にしているような・・・・

実はGLAYファンならみんな知っている「TERU語録」というものと
とっても似ている。

そうか、TERUさんはもしかして留学生か?と思ってしまった(爆)

それでは数々のTERU語録の中からいくつかを探してきたので
楽しんでいただけたら嬉しいです。      ↓

ハート「苫小牧〜!」
(真駒内スーパーアリーナにて)
HIGH COMMUNICATIONS TOURの北海道で「真駒内〜!」というところを「苫小牧〜!」と言ってしまい、曲終わりでメンバーに突っ込まれる。

ハート「どら子」
TERUさんがジャイアンの妹のジャイ子を間違えてドラ子と言った。

ハート「今年もよろしく!」
12月27日にTERUさんが言った言葉。
あと5日の今年をヨロシクされても・・・

ハートパーティの帰り道
TERUさん:「あれ!おいしかったよね。なんだっけ?チャーシュウ!!」
HISASHIさん:「・・ああ。ローストビーフね。」

ハート「模範囚」
宮部みゆきさんの小説「模倣犯」のことを、TERUさんはそう言いました。

ハートTAKURO:「テルMC下手になったんじゃない?」
JIRO:「そうだよ小森さん(キーボードのサポートメンバー)の方が上手いよ。」
TERU:「そりゃそうだよ。ミュージックステーションとかやってんだから。」
TERUさん・・・・それはタモリさんです(ー_ー;)

ハート成人式に行ったら何かもらえるのかな?と聞かれて。
TERU:「わかんない。幸福饅頭?」
正しくは紅白饅頭のことですよね…。

ハート盛り上がったLIVEの途中で
「時間よ止まらないで」とTERUさんが言った。
正しくは「時間よ止まって」です!

ハート「俺ね、感動してジンマシンが出るんだけど。みんなは出ない??」・・・って。
「病院行って下さい」と後日TAKUROさんに言われたそうです。
正しくは「鳥肌」です!!

ハートTERU:「久しぶりのLIVEでさ緊張して、
さっき楽屋で『米、米、米』って手のひらに書いて飲んだの。
・・・あれ?米だっけ??・・・あ、人だ『人』!!!うははは」

ハート「皆ニコニコしてるねぇ。頭、大丈夫?」
GLAY DOME TOUR 2005 ”WHITE ROAD”札幌ドーム公演にて。
みんな嬉しいからニコニコしてるんです!!

ハート「イレブンピーエム行ってくる」と言って出かけたTERUさん帰ってきたら手元にはファミマの袋が・・・しかもセブンイレブンでもないし 汗


などなど。
今年も沢山のTERU語録を創造してくれるのを楽しみにしています(⌒∇⌒)
| komichi | - | 20:30 | comments(6) | - |
「天から陽気が降ってくる」ホリ・ヒロシ人形展

友人に誘われて、神戸ファッション・ミュージアムで開催中の
ホリ・ヒロシの特別展示を観に行って来ました。

この人の人形は以前からテレビで見たことはありましたが
「実物はもっといい」「ホリさんがこの人形達を使って踊る
人形舞いはもっともっといい」と友人が絶賛するので
新春お出かけ第一弾として六甲アイランドまで足を伸ばしました。

この写真だけでもその美しさは幾分伝わるかと思いますが
実物は凄かった!!
しかも人形だけでなく
着ている着物のデザインから縫製まで全部ホリさん一人で創作しているというのでびっくり!\(@o@)/!


今回はメインは「細雪」でしたが
他にも「源氏物語」や「天守物語」
雛人形や童ものなどの人形たち。

他には人形はなく、
着物のみを衣装として壁一面に展示してありましたが
1枚1枚が素晴らしいものでした。

そして常設展は、ここが
ずっと以前から一回行ってみたいと思っていた
ファッション・ミュージアムだったことに
この時になって気づいたのですが
世界中の衣服の実物や再現したものなどが多数展示してありました。

その中で一番華麗だったのが
あの有名な絵画「ナポレオンの戴冠式」の絵を詳細に調べ上げて
実物そっくりに再現したナポレオンの衣装でした。

じっくり集中してみて廻ったので
気がついたら1時間半が経っていてすっかりお腹が空きました。

同じ建物にあるお店を見て廻り
普通の和食屋さんだろうと思って入ったお店が
京風お茶漬けのお店で
二人とも初体験の「お茶漬けランチ」を食べました。

これが予想以上に美味しくて
二人で「美味しいねぇ〜〜(⌒∇⌒)」を
連発しながら完食でした。

本当に初春から楽しい一日でした(o^▽^o)


| komichi | - | 18:15 | comments(0) | - |
GLAYのこと
昨年のクリスマス・イブの日は
北海道の北エールでのLIVEでした。

その日TERUさんにアクシデントが起こり
3曲目で急に声が出なくなってしまったというのです。

その時パニックになってしまったTERUさん
「俺、今日ダメかもしれない・・・」
って思わず弱音を吐いてしまったところ
客席から「大丈夫!大丈夫!」という声が。
そしてファンが歌い始め、メンバーからも励ましたのアイコンタクト。

そしたら緊張がほぐれたのか
その後はいつもと変わらない素晴らしい歌声だったそうです。

私はこれを聞いて「TERUさんトラウマになってなかったらいいけど・・・」と心配してしまいました。

でも本人はいたって楽天的な人だし天然だし
全然大丈夫!!誰しもそう思ったのに
30日の幕張1日目
参加していたhana☆さんからメールが来て
「TERU君声が出なくなって凄く苦しそうだった」
みたいなことが書いてありました。

この後私はずっと心配で
カウントダウン本番の31日にCSでの生放送もあるのに
きっとTERUさんは眠れない夜を過ごしているんじゃないだろうか?
と我が子のことを心配するような気持ちでした。

実際娘がその日は参加の予定で上京していたのですが
寒波がきているので寒いんじゃないだろうか?という心配より
寒いとTERUさんの喉に悪影響がある・・・のほうがずっと心配という
状況でした(笑)

後で知ったことですが
実際TERUさんはステージ降りてからもずっと泣いていたらしく
帰宅してからも悔しくて不甲斐なくて
泣いて泣いて不安と孤独と戦いながら
13時間もお布団から出られなかった・・・みたいなこと
ブログに書いていました。

だけど、そこはやっぱりプロですね。
翌日は完全に以前と何も変わりない伸びやかな歌声で
カウントダウンを無事終えたそうです。

この間私は考えました。
声がでなくなったら
納得のいく歌が歌えなかったらきっとTERUさんは辞めるだろう。
そうしたらGLAYは解散だろうな。
TERUさん以外の3人も
何のためらいもなくGLAYをやめるだろうな・・・なんてことを。

でもよかった。
何はともあれよかった。
この後もGLAYさんが存続し続けてくれる限り
私は10年でも20年でもついて行きます。

つまりこれが私の新年の誓いですね(笑)





| komichi | - | 21:46 | comments(2) | - |
珍しいこともあるもんだ!\(@o@)/!
新春第一弾の記事としてはたいしたことではないのですが
例年、郵便業務は2日はお休みだったようで
2日に郵便の配達はありませんでした。

だから、元旦に届いた年賀状の中に
こちらから出していなかった人からのものがあると
その日にうちに書いて翌日投函しても
相手に届くのはかなり日にちが経ってからでした。

しかも元旦の次が3日にしか年賀状が届かないって
せっかくの年賀状の醍醐味が半減してしまうと思って
ずっと不服でしたが今年は今日、2日にも
ちゃんと配達してあったので
驚きました。

しかもです・・・
31日に発送されたGLAYファンクラブの会報が
今日届いたのですよ!\(@o@)/!

これは特筆すべきことなんです。
だって、私がファンクラブに入会してからすでに10年。
つまり年に4回×10年=40回
全てが我が家に届くのは発送後5〜7日だったのですから。

やっぱり郵政民営化された結果の改良点は
こういうところにあるのではないかと思いましたね。

年賀状はいわば一年で一番の書き入れ時なんですよねぇ?
それをあれだけ大々的に売り出しておいて
配達のときだけ「2日は休みます」っておかしくない?って
ずっと思っていたのですから。

しかも「お年玉」ってあれ
本当に当たってる人いるの?とかんぐってしまいます。

我が家は毎年160枚近くの年賀状が来ますが
昨年なんて切手シートが2枚ですよ!!2枚!!
全然お年玉じゃないし・・・(ー_ー;)

あららら、念頭からまた毒を吐いてしまいました。
すみません。

文句はもうやめて
さあ、折角早く届いたから
会報をじっくり読も〜〜う\(⌒∇⌒)/
| komichi | - | 21:18 | comments(0) | - |
あけましておめでとうございます

新しいこの1年が
皆様にとって素晴らしい年でありますように(−人ー)

本年もどうぞよろしくお願いいたします\(⌒∇⌒)/
| komichi | - | 20:14 | comments(2) | - |


RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND  SELECTED ENTRIES RECENT COMMENTS
LINKS PROFILE OTHERS