小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << January 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「悪意 善意〜たましいの素顔」

美容院に忘れてきてしまった本です。
本来ならその日のうちに読了だったのですけど。

「悪意 善意〜たましいの素顔」 江原啓之著 小学館

江原さんの本は数冊読みましたけど
この本はその中でも上位に位置する内容だと思いました。

なぜこの世に「悪意」が存在するのか
人はなぜ生まれてくるのか
「悪意」とはなにか
「善意」とはなにか
「悪意」にどう打ち勝つか

など、目次をあげてみましたが
詳細に、難しく、複雑に書けばいくらでも書ける内容を
とってもわかり易く平易な言葉で説明してくれています。

シュタイナーはこれらのことを
大変詳細に詳細に書いたので
その講演録は300巻以上になってしまったわけですが
とてもこれを読破することは凡人にはできません。

この本に書いてあることをよく理解したからといって
明日からすぐその通りに生きていけるはずはないわけです。

それほどこの世の中は単純ではないから。
でも、これらを知ってるか知らないかで
苦しみの程度は随分変わってくると思います。

江原さん自身もマスコミにバッシングを受けたりしながらも
スピルチュアリズムを広めて行こうと
努力しているその裏側には
このようなしっかりとした想いがあるのだとわかりました。
| komichi | - | 21:15 | comments(4) | - |
何だか変な一日
今日はいつもの美容院にパーマをかけに行きました。

外は雲ひとつない快晴の空でここ1週間の寒さが嘘のよう。

到着してコートを脱ごうと思ったらファスナーが引っかかって開かない。
「咬んでるのかな?」と思ったのですが
そうじゃなくて、上からも下からも開いちゃってて「え〜〜?」

女性スタッフも出てきて手伝ってくれたけど
ファスナーの鍵の部分を上にしたり下にしたりしても
どんどん右側と左側が食い違っていくばかりで取れない(><。)。。

仕方なく下げるだけ下げて両袖を抜いて、下に下ろしてまたいで脱ぐ
というかっこ悪いことに!\(@o@)/!

いつも私を担当してくれてる美容師さんが出てきて「どうぞ」って
招かれても・・・「取れないんです〜〜」
二人がかりであれこれあれこれしてやっと普通に戻った。

ほっとして洗髪してもらってる間にお互いのドジ話をして大笑いして
鏡の前に座ったら、アイライナーとマスカラが涙でとけて
酷いパンダ目に。

コットンを貰って何度もふき取りました。

帰宅してしばらく、美容院に持っていってた本の続きを読もうと思ったら
どこにもない(ー_ー;)
車の中に置いてきたに違いない・・・とキーをもって出たら
「あれ?」マンションの廊下も玄関も駐車場も真っ暗!!

しかも車の中にも本は無し。
帰宅して美容院に電話したら・・・忘れてきてました。

マンションの共有部分の照明が全部切れてることを
管理会社に電話したらすでに営業時間が終わってて
仕方なく緊急のところに連絡。

すでに誰か他の人が連絡してるかと思ったのに
何と私が最初だったようで・・・みなさん、
真っ暗でも何とも思わないの?
とちょっと不満。

しばらくしたら無事照明は点きましたけど
何だか変な一日でした。
| komichi | - | 19:44 | comments(6) | - |
ムスカリ

ちょっと遠いところのお花屋さんでみつけました、ムスカリ。

実家の母が庭に植えている花で
前からかわいいな〜って思っていたので
2株・・・球根6コ分です。

増えさせることができたらいいのですけど。

話は変わって、Amazonで開店している私の「みけ猫書店」
開店以来、10冊以上の売れ行きを示しています。

そして嬉しいのが買ってくださった方からの評価が
現在100%なのです\(⌒∇⌒)/

といっても評価をしてくださったのは6人だけなのですけどね(笑)

私も中古本買ってもついつい面倒で評価しないことが多いのですが
される側に立ってみると、苦情でなくて好評価だと
嬉しいものだというのがわかりました。

このところ連日の注文が続いていて
せっせと梱包して発送しています。
細々とお小遣い稼ぎです(笑)

| komichi | - | 15:50 | comments(4) | - |
お花が安かった\(⌒∇⌒)/」

今日は今年最初のみず絵の日でした。

一人が風邪で欠席でしたが
ゆっくり3人で描きました。

その後、コーラスをお母様の介護のために辞めざるを得なかった友達と
久しぶりにランチをしました。

帰りに買い物によったコープ内のお花屋さんで
運良くまたお花の安売りに遭遇。

今日はアリストロメリアと薔薇にしました。
写真はバケツで水上げ中。

生けたら花瓶ふたつ分になりました。
| komichi | - | 19:55 | comments(2) | - |
GLAYの「カウントダウンLIVE」について・・・
知人の方がビデオに録画してくれて急いで送ってくださったおかげで
私は熱望していたLIVEをお正月明けにすぐみることができました。

前にもここで書いたかもしれないけど
それを見ていて「あれ?」って思ったのが
TERUさんの声がかすれてる(>_<)

ブログで体調が悪いとか書いてありましたが
昨日のグレともさんのサイトで
TERUさん、インフルエンザだったと書いてあってびっくりしました。

JIRO君がラジオで話したらしいですね。

前日も病院から来ていて
31日も病院からだったそうですから
入院していたわけですよね!\(@o@)/!

それであの3時間あまりのLIVEを二日間!!
凄いです!!
思いっきり凄いです!!

バンドのフロントマンとしての役割を十二分に果たしてましたね。

声を張ったときはいつも通りに聞こえたけどけど
ソフトな声のときにハスキーになってて凄く心配でした。

無理して喉傷めないでほしいなぁ・・・・って思いながらみてましたが
全然力抜こうとしないから。

あの長い花道を全速力で走って走って、
倒れて歌えなかったとき、ほんと心配したけど
そこはGLAYのファンですもの、会場みんなで大合唱でしたね。

何気なく近寄っていくTAKUROさんの姿にもほろっとしました。

25日に完全版を放映してくれるそうで
そちらもとっても楽しみです♪
| komichi | - | 18:38 | comments(4) | - |
「京大芸人」

「京大芸人」 菅広文著 講談社

夫が買ってきた本で、一昨日美容院で読むためにもって行きました。
字が大きいから(笑)

でも、予想より面白かったです。
漫才師「ロザン」の宇治原・・・今、テレビのクイズ番組で王者のような
博識ぶりを発揮している芸人の相方
菅の著書ですが
その相方が菅という名前だったのも知らなかったし
顔も思い出せない。

だいたい、ネタやってるのも見たことないし
ただひとえに「京大でてるのに漫才師やってる」という印象しかありませんでした。

でも、この本にはそんな影が薄い相方からみた
小学生のときは「神童」と言われた宇治原が
どういう経過をたどって今に至るかが書いてあります。

頭がいい・・・というか、ただ学校での頭がいい人・・・って
私はあまり好きでないのですが
この宇治原という人の勉強の仕方、物事の考え方は
ただの勉強バカ(笑)ではないということがわかります。

だけど、こんな風にしないと国立大に入れないというのは
大切な子ども時代、十代の時代をほんと
しょう〜〜もないことに費やしてるっていうのが
はっきりわかりました。

もったいないな〜〜って、思います。
もっと違う教育の仕方がないか?と思います。

まあ、それは置いといて
京大出てても芸人なら、
いつまでもクイズでいきまいてないで
ネタで勝負したら?って思いました。
| komichi | - | 20:16 | comments(0) | - |
コーラス

先生がイタリアから買って来てくださった
「最後の晩餐」のポストカードです。

日本のものより一回り大きい。
変に綺麗に修正してなくて、ちょっと色あせて傷だらけが
本物ぽくっていいです。

なにより、イタリアで先生が「あ、○○さんにこれ買って帰ってあげましょう」と思ってくださったことが一番嬉しいです\(⌒∇⌒)/

大切にします。

今日は「冬の星座」と「パッフェルベルのカノン」でした。

先週この「カノン」の時に
各パートからひとりづつ前に出て歌わせられる!!\(@o@)/!
という恐怖の時間がありまして(笑)
私達「ランチーズ」のメンバーが主体に選ばれてしまい
私も2番目で歌いました。

最近すっかり大阪のおばちゃんになって
恥ずかしい、とかあがってしまうとか
殆どなくなっていた私も、このときは心臓がドキドキで
普段よりずっと呼吸が荒くなってしまい
全然息が続かない(>_<)

でも先生が私の背中を押さえて「ここをしっかり立てて!」と
言われたときから不思議にも凄く声が出てびっくり!
でも本当に何でかわからないけど
足が震えた(笑)

そして今日もその続きで3にんずつ前で歌って
みんな凄い緊張感。

嫌がる人もいたときに
ピアノの先生(Tomoさん)が
「こんな指導を受けられるなんて何て贅沢なことか・・・」
とおっしゃったので、
いや〜〜、本当だわ〜〜って。

生ピアノであの吉川先生に個人指導していただけるなんて
光栄だと思わなくっちゃバチがあたります(笑)

ランチの時もこの話題ですっかりみんな殊勝な気分になりました。
こんな幸せなことはないのだから、
喜んで楽しんで歌いましょう♪

そして、私が今ぞっこんのマスキングテープをみんなに見せたら
凄い興味を持ってくれて早速ランチの後に
みんなでLOFTまで買いに行きました。

目的は楽譜を張り合わせるときに使うためです。
糊で貼ってる人、セロテープで張ってる人色々ですが
どうしても汚くなってしまうのです。

これだとカラフルだし、貼ってはがしてできるので
失敗もなし。
ということで、ついつい買いすぎてこんなに沢山になってしまいました。
でも見てるだけでも綺麗だからいいわ〜。
| komichi | - | 17:07 | comments(2) | - |
東野圭吾続き
「さまよう刀」東野圭吾著 角川文庫(←正しくは「さまよう刃」でした
m( _ _ )m)

読了しました。

凄かった!!(><。)。。

最初の部分、胸がドキドキして止めようかと思ったくらい。
だけどグイグイと引き付けられて
3日で読みました。

後半はもう止められなくて最後は夜中の1時半までかかって読了。

凄く重たい問題です。
「白夜行」や「幻夜」はある意味
特別な能力をもった人間が起こす事件だけど
この「さまよう刀」は誰でもがいつどこで遭遇するかわからないような
しかも最近、これに似た事件は多発しているので
とても身近で身につまされることであるだけに
読みながら、私だったらどうするか?を
ずっと自問していました。

結末がどうなるか?
これもこの著者の凄さなのですが
平凡な予想などことごとく裏切られます。

これから裁判員制度が始まりますけど
この本の内容はそれにも大きくかかわりのあることだと思いました。

お勧めです。
| komichi | - | 10:41 | comments(3) | - |
リーダー!!
TAKUROさんがテレビ出演ですって!!\(⌒∇⌒)/

NHK「トップランナー」(NHK総合 毎週月曜24:10〜/NHK教育 毎週金曜25:00)にTAKUROの出演が決定!
ただいま、番組公式サイトで観覧募集を行っていますので、ふるってご応募下さい。
(4月放送予定。詳細は追って発表いたします。)
※申し込み〆切は2/16(月)18:00です。

だそうです。
| komichi | - | 19:54 | comments(2) | - |
14回目の1.17
今朝、
普通に起きて
普通に洗濯して
普通に朝食食べて
普通に一日が始まった

いつもこれが普通だと思って
いや、普通だとさえ思わずに
なにも思わずに生きてるけど
やっぱり
普通でないことが起こることもあるっていうこと

14年前の同じ日の朝に
世界って突然変わるんだ!!と思い知った

だけど、
それでも運良く生きていられたら
生活は続いていって
そして・・・何とかなる

そのことも思い知った

希望ってあるんだなぁ・・・って

| komichi | - | 19:38 | comments(6) | - |
muupontmさんからのプレゼント

指人形のような動物の家族です。
この中で真ん中のカエルちゃん(ケロ子)が私のうちに養子に来ました。
一番右のセーラー服姿のネコちゃんがmuupontmさんです。
他の子もそれぞれあちこちに貰われていって
一家離散状態(笑)らしいですけど
私がなぜかカエルが好きなので
アジアンテイストの服を着たこのケロ子ちゃんは
我が家でとっても幸せに暮らしています(笑)


秋冬のmuupontmさんの作品です。
袋田の滝の紅葉からイメージして編んだというセーターと
オーガニックマフラー。

まさしく「紅葉」ですね。

手仕事大好き仲間としてこういうの見ると
とっても創作意欲がわいてきます。
| komichi | - | 19:22 | comments(2) | - |
「子供の生きる国〜産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス」
「産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス」薗部 容子著 新風舎

harumamaさんが前にここで紹介してくださった本です。

とっても面白かったです。一気読みでした。
しかも漫画チックな絵も可愛いし、
実際に声をあげて笑うこと数度。

そして内容にはすっごく共感してしまって
「そうだ、そうだ、何で日本ではこうじゃないんだ!!」とか
思うと興奮してしまって
夜読んでて眠れなくなってしまった(笑)

妊娠から始まる出産までのこの3つの国のまるで違う様子。
これにはもう、びっくりです。

私も出産のときには今考えてもムカムカ腹がたつほど
酷い言葉を助産婦さんや産科の医師に投げつけられて
それでなくても生まれて初めてのことに
恐怖心一杯で向かっている弱い立場である妊婦に
「いったいこの人たちはどんな権利があって
そんなこと言うんだ!!」って苦しみながらも思いましたよ。

それに引き換え、イギリスでの水中出産の様子や
フランスでの産後の女性にたいする
目からうろこの対処の仕方!!凄いです!\(@o@)/!

今毎日毎日テレビのコマーシャルで
「尿漏れ用下着」とか「パッド」とか
「おしっこの悩みはすぐ解消」とかいう医薬品が
沢山流れてますが
男性の場合は原因が違うけど
中年以上の女性が抱えるこの悩み。

これまで大手を振っていえることではなかったから
テレビで宣伝してくれてよかった・・・なんて
思ったりしてる人も多いでしょうけど、
問題はそういうレベルのことではなかったということが
このフランスでの対応を読んでわかりました。

それはちょっとここでは書けないけど
日本ではその対応は「エステ」と同じくらい
どうでも良いことに考えられていて
保険での扱いなどないし
そんなことしてくれる医者もいない。

だけどフランスでは経産婦には当然のこととして
きっちりしたプログラムが組んであって
保険対応でやってくれるとか。

このことがその後、歳をとってからの
女性の健康や日常生活を快適に過ごせることへの
遥か以前からの対策であるこということです。

症状がでたら薬飲めばいい・・・とか
尿漏れパンツはけばいい・・・とか
そんな風に近視眼的にしか物事を考えない日本人全体の気質ですかね。

ことは凄く個人的なある女性の出産から育児の問題が
書かれてありますけど
実はそうではない、
子どもが、母親が、
こんなに困っている国は先進国では
他にはないのではないか・・・と。

ヨーロッパの国々に比べて
日本人の母親の頑張りはそれはもう凄いものがある!!と著者も書いています。
こんな状況の中でよくぞ育てている!と。

なのに誰もそれを認めようとも讃えようともしない。
「当然」と思っている。
そのことがどれだけ女性を苦しめているかなんですよね。
虐待や育児放棄、母子で心中などの事件が生まれる裏には
日本の社会全体が抱える大きな問題があるのだということが
こういう側面からも十分把握できるわけです。

こんな状況では子どもが増えるわけがない。
一人生んだら10000円あげる・・・とか
そんなレベルでしか考えてない政治家やお役人ですからね。

この本を若いお母さん達に是非是非読ませてあげたいです。
私も昔これがあったら
あんなに苦しまなかったと思います。

ほんとに子育ては辛かった(T_T)

声を大にしてこの本の宣伝をしたいと思います(笑)
子供なんてもう関係ないわ・・・と思う人も
そうではなくて、
人が本当の意味で人生を「楽しくみんなで生きる」ことの
意味がよく理解できると思います。

みんな〜〜〜!!!読んでね〜〜〜!!




| komichi | - | 09:12 | comments(4) | - |
マスキング・テープにぞっこん

これはチョコレートの空き箱です。

これがちょいちょいとしただけでこんな風に変身です。

心の娘が誕生日にプレゼントしてくれた数々の物達が入っていた箱や
ラッピングの袋などに使ってあった綺麗なテープ。

はがしてみたら、また別のところに貼れる!!
何度でも剥がして貼れる!!!\(@o@)/!
いったいこれは何?とメールで聞いたのです。

その答えが「マスキング・テープ」ということで
http://www.masking-tape.jp/life/index.html
(下のコメント欄から飛んでください)

本当は製図をするときなどに使うものらしいのですが
それを他のことに応用してから人気がでたらしく
使い方は多岐にわたります。

私はコーラスの楽譜を張り合わせるのにとっても重宝。
台所でも使い方は沢山あります。

食べかけのお菓子の袋を閉じて、剥がして開けてとか
付箋がわりにもなります。

色んな種類があるので楽しいですよ。
| komichi | - | 19:37 | comments(1) | - |
「幻夜」読了
「幻夜」東野 圭吾著 集英社文庫

厚さ3cmの分厚い本で
挑む感じでしたが、読み出したら引き込まれてしまいました。
面白かったです。

前の「白夜行」の続編ということですが
これを読んだのがもうだいぶ前だったので
新たな作品として読みました。

読んでいるうちにしだいに思い出してきて
そうだった、こういう手口は前と同じだわ・・・
とか思って、簡単に推理できるように思っていたのですが
やっぱり結末は予想を覆すもので
さすが!!でしたね。

そして今日からは、harumamaさんに教えていただいた
「子供の生きる国=産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス」
という本で、3分の1読んで時点で
すでに声をあげて2回笑いました。

とっても共感できる内容です。
| komichi | - | 18:09 | comments(8) | - |
不思議な繋がり・・・つづき
ターシャは絵本作家として生涯絵を描き続けたのですが
他にも日々の生活を送るため
家族や大切な人たちのために
いつも手を動かしていました。

料理も編み物も縫い物も蜜蝋つくりも
すべてがその手作業によってなりたっていたのです。

そして勿論庭造りも手作業と愛情と根気によって出来上がっていたのです。

この番組を見たあとで
harumamaさんのmixiサイトを見たら
こんな文章がありました。
許可を得て、以下転載
  ↓
ネコの(シュタイナーの)にじみ絵の先生が
クリスマスカードにくださった
子どもたちが手仕事前に 一緒にお祈りする 言葉を下さいました

とっても素敵だったので
載せておきます(^O^)

手をつかって しごとをすること

それは にんげんにあたえられた

すばらしい のうりょく

あなたのために

そして わたしのために

よろこんで こころをこめて

手をつかって しごとをしよう



ちょっとこれをよんだ時 手を大切に使おう!と
おもちゃいました。


日ごろ当然と思って見過ごしていることですが
手でも足でもほんのちょっと怪我しても
ものすごく不便。

普通に動く(動ける、働ける)ことへの
感謝を忘れないようにしたいです。
| komichi | - | 18:59 | comments(4) | - |
不思議な繋がり
年末に「ターシャからの伝言」という番組が
NHKで放映されました。

例によって録画しておいて昨日見ました。

昨年92歳であの世に旅立ったターシャ・テューダーの生前の姿と
主のいなくなったコーギー・コテージの様子
息子夫婦、孫夫婦、その他大勢の
彼女を支え、彼女に多くを教えてもらった人達、ファン達が
その想いを語り
お葬式もせず、お墓も作らないという本人の意志を遂行したために
しばらくしてお別れ会が催されたときの様子などもありました。

生前の彼女の言葉ひとつひとつに
その生活ぶりに、何度見ても
私は心を揺り動かされます。

「生きる」ことの意味、そして
「人生は楽しむもの」という言葉。

80歳のときでも干草を積み上げたその山の上で
ピョンピョン飛び跳ねて「これが楽しいよのね〜大好きなの〜!」
と言ったと孫の一人が語っていました。

さて、番組の中で生前のターシャが子ども時代の話をしたのですが
母親があの電話機の発明者グラハム・ベルの夫人と友人だったと語っていました。
ここで私は「あれ?グラハム・ベルのことはどこか他でも聞いたことがある」と思い、記憶をたどってみると
「いのちの声を聞く」という本の中で
ヘレン・ケラーの生涯の部分でその名前がでてきていました。

「ベル博士の祖父は発声生理学の専門家であり、
父もまた視話法の開発者。そして母も夫人も
耳が不自由で、ベル自身も若いころから
聴覚障害者の教育に携わっていたのです。
ベル博士は、ヘレンとスウェーデンボルグとの関係においても
極めて重要な人物です」と書いてあります。

そしてこの繋がりからヘレンはサリバン先生と出会うわけです。

このことから推測するともしかしたら
ターシャもスウェーデンボルグのことを知っていて
信奉者であったかもしれないと
私は思いました。

ターシャ自身、しだいに体が衰えて
ベッドから起き上がれなくなったときも
幸せに満ちていて
満足し、家族に「死をおそれることはありません、
みんな死に向かっているのだから」と言ったそうで
微笑みながら眠るように亡くなったのだそうです。

それからグラハム・ベルを検索していたら
彼自身が発達障碍ではなかったか?
おそらくはアスペルガー症候群であったであろうと書かれていました。
彼の生涯にも興味がわいてきました。
 
| komichi | - | 18:51 | comments(0) | - |
初コーラス
2009年初コーラスの今日はお当番。

気合入れてちゃんと早めに準備したのに
出たら雨が降りそうな気配が・・・で、
折りたたみ傘をとりに帰ったぶんだけ遅くなってしまい
またまたぎりぎりの到着でした(>_<)

イタリアに行って初孫ちゃんを堪能してきた先生のお話
面白かったです。

たとえば赤ちゃんをお風呂に入れるベビーバスなどなくて
流しや洗面所で
赤ちゃんを左手で持って、
右手でジャー!っとシャワーかけるだけだとか。
表と裏をひっくり返してジャーッ!

お尻がよごれても、お尻にシャワーをジャーッ!

空気が乾燥しているから皮膚がカパカパになってるのに
一向に構わずだそうで
おばあちゃんもおかあさんもずっとそうやって育ってきたらしいから
仕方ないのでしょうけど
そこ行くと、日本人は色んなことに細やかなのだぁ〜とか思いました。

さて、久しぶりに歌を思い切り歌って気持ちよかった♪

その後はいつものメンバーでランチ。
来週に以前私たちのメンバーだったけれど
親ごさんの介護などで仕方なくやめてしまった仲間の方たちも集まって
新年会をするので
その場所の下見などに行き、予約して来ました。

来週が楽しみです\(⌒∇⌒)/
| komichi | - | 20:02 | comments(4) | - |
いよいよ15周年☆
MSに発表になってました。

15th Anniversary Year 第1弾リリース決定!
15分の超大作を含む、15周年にふさわしい最強のシングルが完成!

New Single「SAY YOUR DREAM」2009年3月発売!

収録曲:
M1.OVERTURE M2.SAY YOUR DREAM M3.春までは 
M4.SAY YOUR DREAM(instrumental) M5.春までは(Instrumental) M6.THE MEANING OF LIFE

※初回限定盤のみDVD付き 初回盤TOCT-22295 /通常盤 TOCT-22296

●今春 通算15枚目のアルバム発売決定!! 新曲を含むベストアルバム

******************************
会報でTAKUROさんが「新アルバムは2010年」って言ってたから
「な〜んだ、やっぱり嘘だったのね」って思ったのですが
よく見たら、「ベストアルバム」なんですね。
ちょっと残念。

シングルはDVDが欲しいから、
初回限定版、予約に行きま〜すv(^∀^) 
| komichi | - | 19:56 | comments(7) | - |
サイモントン療法

最近こちらにコメントくださるようになった
Tomoさんが年末に貸してくださった本です。

以前ここで書いた「グレイが待ってるから」シリーズからの続きとして
この本を薦めてくださったのです。

題名としてはガンの告知を受けた本人や家族、サポーターのための
心理的ケアについて書かれていますが
実際の内容はそれだけにとどまらず
他の病気や悲しみに陥ったときに
それをどう受け止めそこから生きていくか・・・についての療法です。

つまりこれは、どう生きて、どう死ぬかの問題であり
死後のことをどう受け止めているかによって
普通にでも、普通でない状態であっても
その人の今生きている人生の内容を変えることができる
という「認知療法」「行動療法」なのです。

サイモントン博士は放射線課の医師でしたが
切ったり張ったりばかりに目が行って
病人全体を、つまり人間には心がある、ということを
考えようとしない現代医学のやり方に
実際の臨床から疑問を持ち
心理的な方法でガンが消滅することもあるのを確信したところから
独自の道を歩き始めます。

「メッサンジャーとしてのガン」
「病気になることの意味」
「思い込みを変える」・・・
などはホメオパシーの考え方と非常に似ています。

これほど重大な病気でなくとも
私の場合でも、昔カウンセリングに長いこと行っていましたが
それによって何を獲得したか?というと
自分が従来から持っていた思考回路を変える、ということでした。

それぞれが持っている思考方法はいつも殆ど同じ経路をたどります。

たとえば「ガン=死」「ガン=痛み」「死=怖い」
などの通俗的な情報が回復をどれだけ妨げているか
回復はできなくとも、残された時間を
悲しみと苦しみと絶望の時間にしてしまうか
なのです。

そうでない生き方、死に方がある・・・という意味で
この本はとっても素晴らしいものを伝えてくれると感じました。

何かあったら、いえ、ある前にこれを知っておくのは
とっても良いことだと思いました。

Tomoさん、良い情報をありがとうございました。

そうそう、推薦文を書いておられるのは
日本におけるホリスティック医療の第一人者
帯津良一先生です。
| komichi | - | 11:24 | comments(8) | - |
美しい・・・

予想より早めに会報が来ましたヽ(´∀`)ノ

表紙を見て「キャーー!!」でした。
なんと美しい☆
なんと妖艶☆

中の写真もどれも、いいわ〜〜ん(〃▽〃)テレテレ

活字の部分はこれからしっかり読みます。
そしてこれ

録画お願いしてのが届きました\(⌒∇⌒)/
しかも中にはこんな切抜きが入ってました。
小さい方のがHISA君の、これから始まる番組紹介なのですが
抜粋します。
 
記念すべき第一回オンエア開始にあたって
HISASHI本人から、彼らしくも不思議満載なコメントが
届いたぞ!
「満を持して始めるにしては大問題だ。(略)
『僕らはサブカルチャー畑に咲いた名もない花でいいんだ!』
多感な時期に道南で激しくもがいていたHISASHIと
盟友=茂木淳一氏が送る言葉感覚ムーブメント!(略)
『足で稼げばつかめない真実なんて・・・』を軸に
貪欲なロケを遂行中。ドンミスフィッツ&カミングスー(原文ママ)」

HISASHIワールド全開ですね(笑)

さあ、会報読もう。
| komichi | - | 19:38 | comments(0) | - |
携帯加湿器

姉からの情報で、これ欲しかったのです。
昨日、西宮ガーデンズにできたLOFTでゲットしました、1239円。

携帯加湿器「ちょこっとオアシス」

ケースを開けて受け皿にコップ1杯の水を入れるだけ。
昨夜試してみました。
これを使用する前の部屋の湿度は63%
エアコンで暖房入れて3時間くらいして就寝時に消しました。

朝起きて湿度計を見ると、なんと!75%

この紙が自然蒸発の約5倍の加湿力だと書いてあります。

携帯なので旅行の時にもって行けます。
昨秋にホテルに泊まったとき、夜中に喉がカラカラになり
朝起きたら声がガラガラでした(><)

ある人はホテルのカーぺットの床に
コップで水を撒いて寝ると言っていましたが、
それはちょっとどうかな・・・と思っていたので
これの話には大変興味を持ったわけです。

これはヒットかも〜v(^∀^) 


| komichi | - | 10:54 | comments(0) | - |
ACID HEAD
りょうこさんのブログでアップしてありました\(⌒∇⌒)/

You tube 早速見てきましたよ〜〜☆

ここです。
 ↓ 
http://jp.youtube.com/watch?v=iE-tRqaCoV8  

下のコメント欄からでも飛んでください。
| komichi | - | 10:49 | comments(7) | - |
今年最初の読書ネタ

「時の旅人」アリソン・アトリー著 岩波少年文庫

2週間前に新聞の子供向け読書案内のところで
この本のことを読んで
即アマゾンで中古本を購入。

まず最初にこの表紙絵に見入ってしまって目が離れず。

しかも中の挿絵も私の大好きなエッチングです。

「少年文庫」に入ってるけど
大人が読むに十分耐えるられる物語です。

19世紀のロンドンに住む少女が
田舎に預けられて経験する時を越える旅。

16世紀のイギリスはエリザベス気了拉曚垢觧代ですが
女王エリザベスの従姉妹である
スコットランドの女王・メアリー・スチュアートは
その女王の囚われの身となっています。

宗教の問題も絡んだ政治的な問題ですが
歴史的に実際にあったその出来事と
イギリスの田舎、庶民の田園生活の詳細な描写が
繊細な少女の目を通して語られます。

私にとってはある意味特別なものを感じさせるお話でもあって
読んでいて何度も涙ぐみました。

取り立ててスリリングな結末などもないものですが
作品として素晴らしいと思います。
| komichi | - | 19:47 | comments(3) | - |


RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND  SELECTED ENTRIES RECENT COMMENTS
LINKS PROFILE OTHERS