小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << February 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
父へのプレゼントに

co-opに買い物に行ったらこんなもの売っていました。
カセットは廣澤虎蔵の浪曲です。
以前、父がラジオから録音した浪曲を知人に貸したらあちこち廻っている間に行方不明になった、と言って嘆いていたのを思い出したので
見つけたのを幸いに買ってきました。
1本315円という格安です。もうカセット・テープの時代じゃないからでしょうね。でも父の年代の者にはこれが使いやすくていいようです。

DVDはテレビの通販でも宣伝している昔の名画です。
「雨に歌えば」と「オズの魔法使い」前から見てみたいと思っていたので
1本500円ならレンタルとあまり変わらないので買いました。
フレッド・アステアは晩年になってからしか見たことないので
絶頂期の踊りを見てみたかったのです。


muupontmさんが教えて下さった本2冊、見つけたので購入しました。
活字が大きいので持ち歩き用です。
あした出かけるので早速電車で読みます。
どちらも興味がそそられます。楽しみです。

**********************************
昨日TERUさんが歌詞を飛ばしたこと書いたら、そのあと思い出したのですが
まだ今ほどのファンでなかったとき、娘が留守の間にそっと娘のビデオを盗み見したことがあります(笑)
「Pure Soul」のドームツアーのでした。
ずっと見てアンコールのときのこと、軽快なリズムの初めて聞く曲の出だしでTERUさんがマイクに向かっても言葉が出ず、ニヤっと笑ってもじもじして
3回くらいイントロ繰り返したのに結局でなくて、JIRO君が
「ちゃんと仕事しようよ。給料減らすよ」って。
TERUさんは「びっくりした!!」と言ったあと「頭なんだっけ?」って会場に聞いたらみんなが「ジーザス!!」
「オーーー!ジーザス!!」
この「びっくりした!!」のときのTERUさんの顔がもうめちゃくちゃ可愛くてやられてしまいました。

それから気を取り直してイントロが始まり歌い始めたら、
さっき言葉が出なかったのが何だったの?って言うほどの怒涛のような言葉の洪水!!
物凄いスピードで爆走していくこの曲にすっかり魅了されてしまい
帰宅した娘に「あの曲なに?初めて聞いたんだけど。アルバムに入ってないよね」と尋ねたら
「cynical。基本的にGLAYはシングルのカップリング曲はアルバムに入れないから」という答えでした。
また一つ学んでしまいましたね(笑)

もう、それからは寝ても醒めても「cynical♪cynical♪」でした。
今も大好きよ(^_-)-☆
かなりどっぷり浸かったのはこの時からだと記憶しているのです。
| komichi | - | 20:13 | comments(6) | - |
そう言えば
一昨日の「きらきらアフロ」でのこと。
鶴瓶さんがaikoちゃんのライブにZEPP東京に行った話しをしていました。
オールスタンディングのライブハウスは初めての体験で
2階の関係者席にいたらしいのですが
とっても感動したらしいです。

中でもaikoちゃんがお客さんのかける声に全て反応して、ちゃんと丁寧に返していたこと。
そのやりとりがとっても暖かくて感心していました。
お客さんの質問に対して答えてから、セットリストになかった曲を
アカペラで歌ったのだそうです。

この話しを聞いたオセロの松島さんが、「そんなん言うたら・・・」
ってGLAYのことを話し出しました。
「TERUさんが『HOWEVER』の2番の歌詞を忘れてしまったときに
アンコールで出てきて『さっきは歌詞を飛ばしてしまってとっても悔しい。
みなさんにちゃんとした歌を聞いてもらいたいから、もう一度やらせてください』って言ったら、メンバーが後ろの方で会議みたいなのをはじめて
ごちょごちょ話し合った後、やり始めたんやけどそれが
アコースティック・バージョンやってん。
そりゃプロやから当たり前やけど、凄いやろ!!」って言ったのです。

この話しは私も聞いたことがありますが、
松島さん、自分のことのように(笑)自慢していました。

「きらきらアフロ」ではこういうGLAYねたをよく耳にできるのも
楽しみのひとつです。
| komichi | - | 21:09 | comments(4) | - |
雨の日にはお菓子を焼いて・・・

なんて、カッコいい物ではないのですが、
午前中に時間があったので、ふと思いついてクッキーを焼いてみました。
クッキーと言っても型抜きをしなくてよい一番簡単なやつ。
本名は「ロック・クッキー」でも私的には「ずぼらクッキー」ですね。

最初は丸めていたのにそれさえ面倒になって途中からは
スプーンですくって置いただけ、という代物ですが
味はなかなかなのです。ボリュームもね。
出来上がったら隣同士くっついちゃってて、
テンパンから取り出す時に割らなきゃならない変なクッキーです。


早速つまんでみました。
美味しいよ〜〜d(*⌒▽⌒*)b

********************************
天童荒太さんの「包帯クラブ」読みました。
よかったです。これまでの作品と少し違って、かなり爽やか。
ちょっと前に芥川賞とった「蹴りたい背中」と同じような感触を持ちながら読みました。
でもね、やっぱり10代の子達の心が痛いのね。
私が10代だったときも、相当なものだったけど、
少なくとも友達には助けて貰ったし、救ってもらった。
今の子達の生き難さには読んでて辛いです。
でもハッピーエンドだし、救いはあるので良かったです。
| komichi | - | 16:30 | comments(4) | - |
香豊かな紅茶

(しまった(>_<)画像を回転させるのを忘れてしまいました)

最近はまっている紅茶「フォー・レッド・フルーツ」です。
先日までアップル・ティーをよく飲んでいましたが、これをみつけてから
購入3回目です。
もともとベリー系が大好きで、ケーキもジャムもラズベリーとかブラック・ベリーとかのものに目がありません。
これはチェリー、ストロベリー、ラズベリー、レッドカラントの4種類が入っています。
先日友人に出したら、テーブルに出しただけで「いい香〜〜〜!!」と喜んでくれて早速手帳を出して名前を書きとめていました。

さて、はまっているといえば、今朝姉と電話で話していて、姉の友人が最近韓流ドラマにはまっていると言っていました。
ヨン様ではなく、名前は忘れたけどある男性俳優がすっかり気に入って
職場でも毎日その話しばかりだそうな。

姉は全く興味がないのでその話しには加わらないけど、
その人がこんなことを言ったそうです。
「今まで他の人が誰かのファンになって追いかけたりしてるのを見ていて、バカじゃないの?って思っていたし、たとえばヨン様にキャーキャー言ってる人の気持ちを全然理解できなかったんだけど、最近思うの。
もし○○○(その俳優の名前)が日本に来たら
空港に迎えに行きたいかも・・・って思っちゃったの。
こんなこと生まれて初めてなのよね。自分でもびっくりしてるの。
でも、毎日が凄く楽しいのはこのせいだってわかってるし
こう言うことだったのね、はまるっていうのは」

まあ、姉が私からはGLAY話聞かされるし、友人からは韓流話聞かされるし
で大変だろうとは思いますが、姉も昔私と一緒にBEATLESにはまっていた経験がありますし、私ほどではないけど結構なミーハーですから
生まれて初めてはまった友人を喜ばしく思っているようです。
| komichi | - | 21:35 | comments(3) | - |
久し振りに「水彩画」です

今日は絵の日でした。
これは1999年に描いたもので、裏に「菜の花や 月は東に 日は西に」
と書いてありました。
右上にかすかに登っている月、見えますかしら?

一面の菜の花畑で、モンシロチョウがあちこち飛んでいます。
でも部屋が暗かったですね。光が足りないみたいです。


これは今日描いた作品です。これも暗く写ってしまいました。
静物画はほとんど描けなくて、苦労してきました。
今日は自分の中でもかなりの満足度でしたので
アップしました。

シュタイナーの「にじみ絵」とも言われていますので
「にじみ」が命。
気持ち良くにじんでくれました。

**********************************
東京から帰ってから自転車で買い物に行くと
帰り道がとっても困難で、ペダルを踏んでも踏んでも進まない(>_<)
たいてい帰りは向かい風なので、そのせいかとも思ったのですが
やはり疲れが残っているのか?
それとも脚力がこんなに落ちたのか?
降りて押して行ったほうが速いのではないか?と思えるくらいでした。

それを何度か繰り返したあと、ふと気づいて
乗ったまま後ろの車輪を見てみると・・・何と!ペッタンコ\(◎o◎)/
要するにタイヤの空気が殆ど抜けていたのです。

そう言えば、夫が気づいたときは時々空気をいれてくれていたらしいのですが、
私は自分で入ることは殆どなくて、
前回入れたのがいつかも思い出せない。

乗っている、というよりほぼ引きずっている、といった感じで帰宅して
早速空気を入れてみました。
入るは、入るは!シューシューと気持ちいいくらいに。

その後試しに乗ってみたら「そうだった!最初はこんな感じだったわん」
まるで弾むように進むじゃないですか☆
自転車さんには悪いことをしてしまいました。
無理なことを強いていたのですね。
すみませんでしたm( _ _ )m以後気を付けます。
| komichi | - | 20:46 | comments(6) | - |
びっくりしたこと
ずっと愛用してきた持ち運びできる小型の温風ヒーターが不調で
ガラガラ、ゴロゴロ音がするので、
だめもとでねじをはずして開けてみたら音が止んだのです。
別に開けたって何も解るはずもなく、開けて閉じた、だけなのですが
復活してしまったのです。

でも、しばらくしたらまた騒音がはじまったので
ご機嫌取りながら使っていました。
でも今朝ガリガリガリ!!!って凄い音がして全く作動しなくなりました。
スイッチやコンセントやあれこれ触っても動かなくなったので
「いよいよ壊れたのね・・・もう10年使ったから寿命かな」と思い
午後から電器屋さんに行きました。

そしたら暖房器具売り場はがらーんとして、
石油ヒーターとガスヒーターが少しあるのみ。
店員さんに尋ねたら「電気の暖房器具は12月末で全部売り切れました」
ですって\(◎o◎)/!

仕方ないので一縷の望みを抱いて別の電器屋さんへ。
でもそこも同じ状態でした。
PCするとき足元が冷えるのでヒーター無しじゃ辛いのです。
でもそんなこと言っても仕方ないのですごすごと帰宅して
またもやだめもとで分解してみました。
開けて閉じただけ。
ところがなんとみごと復活\(*^▽^*)ノ
今もまだ暖かい風を送ってくれてます。
ありがたや、ありがたや。
春になるまであと少し、頑張ってね(-人-)
| komichi | - | 20:28 | comments(2) | - |
「オリバー・ツイスト」
今日は一日だけの春でした。午後から晴れて「柔らかな風」が吹いて
気持ちがよかったです。

そんな中、映画「オリバー・ツイスト」を観て来ました。
ディケンズは「二都物語」しか読んだことがなかったので
そのかわりに映画で済まそうと思いまして。

感想は「面白かった」です。
しょっぱなのエッチングの画面が素晴らしくて、観惚れていたら
そのままそれが舞台になって、絵の中の大人と子供が歩き出す、
っていう洒落た始まりでした。

ストーリー展開は「二都物語」と同じスタイルだということを
思い出しました。
このディケンズは古典の部類に入るのか、世界的に有名ですが
やっぱり「文豪」とは言えないかな?と私個人としては感じます。
どちらかと言うと「文学」ではなくて「読み物」ですね。
背景にあまり哲学がなくて、かと言って芸術的でもないし。

ただ時代背景とか社会背景とか文化的なものをきちんと伝えているのは確かです。
ロマン・ポランスキー監督も素晴らしいですね。
あの時代にどっぷり浸ることができました。

私は何故かイギリスの田舎の風景(都会ではなくて)
荒涼と寒々とした風景を目にすると、鳥肌がたって涙が出ます。
始まりのエッチングにもすっと入り込んでしまって、まるでその場所に
自分がいるような錯覚に陥りました。胸が締め付けられそうなぐらい
懐かしい・・・
何か縁があるのでしょう。

**********************************
昨日やっと「ROCK'N'ROLL SWINDLE」のDVDを最後まで見ました。
一回目は本編だけでしたので、
最後まで見れてとっても嬉しかった\(*^▽^*)ノ

それで気づいたこと。
「LAYLA」のHISA君の一度目の短いギター・ソロの時に鼻を触っていて
「あれ?泣いてるのかな?」と思ったのですが
二度目のソロの時に確かに泣いていたと思います。
口を食いしばっていたように見えましたし、最後にも右手で顔を拭っていました。
JIRO君も泣いていたように見えました。

あと、「ACID HEAD」の最後の方で、JIRO君のベースが凄かったです。
昔みたいなパフォーマンスではなくて、GLAY×EXILEの時にもびっくりしたのですが、本当に攻撃的な演奏をするようになったのですね。
迫力があっていいなぁ・・・と思いました。

そして、これはいつも感じるのですが、TOSHIさんのドラムが大好きです。
あの重戦車みたいなドラムセット見ただけで、胸が踊ります。
全身から迸るリズムが最高ですね。

会場でmuupontmさんに「ピアノは誰?」って聞いて「佐久間さんです」って
聞いたときから嬉しかった。
ここだけの話しですが、ドームの時の方のピアノはあまり好きじゃなかったので。
これも娘と同意見で二人で「あんなにジャンジャン弾かなくったっていいじゃん」
みたいなこと言ってました。これは中傷ではなくて好みの問題なので悪しからず。私は小森さんか佐久間さんのピアノが安心できて好きです。

| komichi | - | 20:34 | comments(2) | - |
有職雛人形

今日は「ヨドコウ迎賓館」というところに行って来ました。
帝国ホテルなどを設計した、有名なアメリカ人のフランク・ロイド・ライトという人が設計した建物です。

ここは以前も建物だけを見に行ったことがあるのですが
今はちょうど雛人形を展示してあることがわかったので
友人と訪ねてみました。

建物自体も素晴らしいものですが、このお雛様が素晴らしかった\(^o^)/

所謂段飾りのお雛様も勿論ですが、「花観人形」というのがこれまでには
一度も見た事がない種類のもので、友人とふたり
「綺麗ね〜〜!!素晴らしいね〜〜!」と長時間見とれてしまいました。
この写真の右側の下から2枚目なのですが
明治天皇と正賢皇太后がメインで江戸時代のお城の中のお花見の風景なのです。
全ての人形、小物が細部までそれはそれはよく作ってありました。

「期待以上によかったね。いいもの見たわ〜〜」と満足して帰って来ました。



| komichi | - | 20:20 | comments(0) | - |
話題3つ

今日、muupontmさんからお手紙が届き、思わぬことだったのでびっくりしました。開封してみたら!!
とっても綺麗なレース編みが入っていました\(*^▽^*)ノ
これ「ドイリー」って言うのかな?
昔、まだ若かった頃、目もよく見えて肩こりも少なかった頃、
よく編んでいましたが、本当に久し振りに手にして懐かしかったし
やはり手編みのは暖かみがあって素敵です。
本当にありがとう☆

でも、私が友人から「あれ貰ったこれ貰った」ってここに書いてしまうから
気を使わせてしまったのかしら?それだったら申し訳ないですm( _ _ )m
ご免なさいね。


今日はやっと雛人形を出しました。いつもはもっと早めにだしておくのですが、なんだかんだで遅くなってしまった。3月3日はすぐに来そうだから
4月3日までだしておこうかな。


江原さんの本、読了しました。
出だしはかなりのNGでしたが、読み進むにつれて面白かったです。
要チェックのところに付箋をはってたら、こんなになってしまいました。
なので、もう一度大事なところには線を引いて付箋取らないと
凄いことになってます。

江原さんのことに関して週刊誌などで、色々書かれていてそれだけみると
やっぱりこの人もくわせ者だったのかしら?と思ってしまうことも
無きにしも有らずなのですが、でもこの本を読んだ感じでは
筋は通ってるし、言っていることに矛盾はないと感じます。

これまでの日本での社会通念では決して口にすることができなかったこと、
所謂タブーなことにもちゃんと意見を述べていて私は納得できます。
殺人のことや、児童虐待のことや、自殺のことや、
だいぶ前に私もある友人から同じようなことを質問されて
江原さんと同じ観点から答えたら「そんなバカな話しはない!!」って
とっても呆れられました。

でも、江原さんが述べていることはシュタイナーが述べたことと全然矛盾しないのです。昔からスウェーデンボルグやエドガー・ケイシーなんかが
言っていたこととほぼ同じです。
でも、少し前まではこんなことを信じる人は変な宗教に陥ってるか、精神世界関係のオカルトチックなことに興味のある変わり者としか受け取って貰えなかった状態でした。
でも「心理学者のユングが言っていた」というと途端にみんなまともに耳を傾けるという変なところがありました。
ユングだって立派な霊能者だったのに。
まあ、何はともあれ、この世は物質だけが全てじゃないと気づく人がもっと増えたらいいのにな・・・と思います。

**********************************
訳あって、このblogを「フォルムの会」と切り離すことにしました。
なので題名も「小径あるけば」だけにしましたけど、
内容は変わりませんので、これからもどうを宜しくお願いしますm( _ _ )m



| komichi | - | 20:54 | comments(5) | - |
昨日は不覚にも(>_<)
昨日はこのblogを始めて以来、初めて書くのを忘れてPCを閉じてしまいました。
なので、昨日書こうと心づもりにしていたことです。
朝に姉が電話で聞いて来た事「昔『たらふくまんま』っていう漫画あったのおぼえてる?」「おぼえてるよ〜〜!!面白くて毎月楽しみにしてたよね」
確か月間誌の「学習」か「小学○年生」だかに連載されていたような記憶があります。
髭面の原始人「たらふくまんま」 (ちょっと感じは悪いのですが、顔は
かの○ーム真理教の麻○によく似てた) はおにぎりが大好きで、たいした話しの筋はなかったようですが、可愛かった(^o^)

姉がこのことを同じ年代の友人達に話しても誰も知らなかったそうです。
どなたかご存知ありませんか?

今日の話題です。


昨日書店で購入した本2冊です。
「江原啓之への質問状」聞き手、丸山あかね 徳間書店
「包帯クラブ」天童荒太 ちくまプリマー新書

江原さんの本は殆ど立ち読みだったのですが、これはかなり面白そうだったので買いました。
でもぱらぱらとめくって読んだのは最後の方で、今朝から読み初めてみたら
第一章と二章は恋愛と結婚についてだったのですが、
この聞き手である丸山さんと言う方、
これでも物書き??と思えるほどアホらしい。
1963年生まれらしいので43歳でしょう?
私より10歳しか歳下じゃないのに、考え方が今風という言うか
わざとそうしているのか、「勝ち組」だの「負け組」だの、
「クリスマスを一人で過ごすのが辛い」だのって、
読んでてアホらしくなってきて、江原さんもよく切れずに答えるなあ・・・
と、思いました(少し怒っていたかもしれないです、江原さん)

でも、そのあとくらいからだいぶ面白くなってきました。
「どうすれば成功者になれるか?」という質問に、幾つか答えをあげていますが、その中に「人生に無駄の多い人はだめ」というのがありました。
それは「転んだ時にタダで起きちゃう人のこと」というところで
私は喜んでしまいました。
それは以前、ある友人から「○○さんは(私のこと)転んでもタダじゃ起きないね」と言われたことがあるからです。
「転んだときに何を学んで立ち上がれるかが重要だ」と書かれています。
友人も私への褒め言葉でそう言ってくれたのだと自分かってに思い込んでいますが、きっとそうよねSさん(笑)

今半分くらいですが今夜で読んでしまえたらいいと思っています。

もう一冊は大好きな天童荒太さんの書き下ろし小説なので
早く読み始めたいです。

また読了したら感想を書きますね。
| komichi | - | 20:03 | comments(5) | - |
嬉しいお手紙

先日のOFF会でひさし振りに会ったG友さんで、とっても絵が上手い人がいます。
昨年の忘年会に出席できなかった私に、そのときにみんなにプレゼントしたという似顔絵のカードとシールを送ってくれました\(*^▽^*)ノ

凄くよく似てるし、何と言ってもその人の人柄で出ていて絵が暖かいのです。色使いも綺麗で本当にすてき。
何に貼るか思案中ですd(*⌒▽⌒*)b

さて、今日は雑用消化日でした。
その中でも大仕事、やっと確定申告書を書き上げたのですっきりしました。
明日ポストに投函したら一件落着!!

| komichi | - | 21:28 | comments(0) | - |
取りとめのない一日
少し暖かくて過ごし易いなぁ、と思ったら雨です。
明日からまた寒いようですね。でもなんだか武道館が終わったら
もう寒くてもどうでもいいや・・・って思ってしまって気楽に過ごしています。

昨夜姉から電話があって、『「徹子の部屋」に「顔筋マッサージ」の人が出て、凄くよさそうだからDVD付きの本を買って今すぐやった方がいいよ!』
と言われました。
Yahooで検索したら「田中宥久子の肌整形メイク(DVD付き)」講談社という本らしいです。
明日書店に行ってみよう!!

昨夜の電話でのこと「顔に肉がついてない人ってあまり垂れないけど、あんたみたいに子どもの時からまんまるだったのは垂れるのよ」だって。
言われなくたって解ってますよ。
この顎あたり、目の下あたり、がリフトアップすれば、だいぶ違うのになぁ・・・と兼ねてからずっと思っていたのですよ。
まあ、とりあえず本を見てみなくちゃ。
| komichi | - | 20:50 | comments(2) | - |
春を呼ぶ・・・

数日まえに熊本の友人が送ってくれた柑橘類2種です。
右は「デコポン」左が「スマイルはるか」という新品種だそうです。
温州みかんと日向夏をかけあわせたものだそうです。

昨年までは「デコポン」と「パール柑」だったのですが、毎年同じものではいけないのでは?と気をきかせてくれたみたいなんだけど、
やっぱり「パール柑」のほうが良かった・・・なので図々しく「来年はもとに戻して」と言っておきました。
「デコポン」は甘くて大好物。
「パール柑」は土佐の文旦によく似たものです。
剥くのにかなり力が要りますが、すごくよい香がします。

初めて「パール柑」を貰って剥いたときに、娘が「青虫の匂いみたいや!」と言ったので大笑いしたのですが、それほど瑞々しい香がします。
それ以来我が家では「青虫みかん」で通っていました。


↑今日のランチ「です。豪華に見えるけど実際はそうでもないのです。しかも10年以上中身と値段が殆ど変わらないというある意味凄いメニューです。

今日はコーラスの日で、3月11日のステージ発表会まであと2回しか練習日がないので、大変でした。
当日の世話役を二人決めてコープさんに連絡しないいけないのだけど
「どうやって決めようかしら?」と先生が悩んでいたので、
「私やります」と立候補しました。
14年も在籍していて、役は一回しかやっていないので申し訳ないから。
その話しをしていたときちょうど側にやって来た私たちのランチ仲間を
もうひとり連れ込んで、無理やり世話役にしてしまいました。
できるときにしておかないとね。

**********************************
さっき、別のサイトで嬉しいニュースが\(*^▽^*)ノ

GLAYの所属事務所がやっと決まったそうです。
「アミューズ」
サザンや福山雅治やポルノグラフィティも所属している大きな事務所だそうです。
以前の「アンリミテッド」はファンの私たちにもとっても思いいれのある
事務所でしたが、昨年色々あって残念だな〜と思っていました。

これでやっとリリースもできるし、ライブもできますね。
頑張って欲しいですd(*⌒▽⌒*)b
| komichi | - | 21:00 | comments(5) | - |
春を呼ぶ・・・・・・・

今夜のおかずは「春を呼ぶ魚」=「鰆」の南蛮づけです。
本当は小鯵の南蛮づけが美味しいのですが、私はアレルギーがあるので
あまり青魚は食べないようにしているのです。
鰆でもさっぱりしていて十分美味しかったけど。

今日はホメオパシー勉強会の第2回目に高槻まで行って来ました。
Arg-nit(アージニット)・・・硝酸銀
Arnica(アーニカ)・・・うさぎ菊
Apis(エイピス)・・・蜂の毒
の3種類についてでしたが、物凄く応用範囲のひろいレメディーでした。

Apisは虫刺されやアレルギー反応に効果があるのですが、とくに「ヒスタミン遊離のようなものに」と書いてあったので、私に向いてるな、と思いました。
私はこどもの頃からアトピーで20歳すぎまでかなり酷かったのです。

それで抗ヒスタミンの静脈注射を毎週打ちに行っていたこともあって、
ホメオパシーを始めてから2年後の夏に物凄い好転反応が出て、
2ヶ月近く全身を冷やしながら寝ました。
昼間はなんとか我慢して保冷材を持ち歩き、
痒い時は冷やすようにしてしのぎましたが、
夜はパジャマの袖や裾がひらっと触れただけで、
猛烈な痒みで睡眠不足になり、無意識で掻いてしまって
朝おきたら血だらけでした。

でもホメオパスに色々レメディーを処方してもらい飲みながら
「アトピーの人は夏は辛いのよね。でもみんな頑張ってるから」と
励まされ、じっと我慢してそれを越えたら、綺麗さっぱり嘘のように治りました。
ただまだ完治ではないようで、ヒスタミンの多い食べ物を沢山食べると
喉が痒くなります。
日常生活には困らなくなったので、それだけでも有難いです。

前半はしっかり勉強、後半はお茶とお菓子しながら情報交換でした。
帰りに前回も一緒だった方ともう一人別な方とランチをしました。
メルアド交換したりして、これから仲良くなれそうです(^∀^)

**********************************
昨夜の「キャシャーン」を録画していて夕方見ました。
早送りすると見過ごすかもしれないので
ちゃんと見ていったのですが、映画としては???で(すみません)
随分たってからやっとTAKUROさんとHISASHIさん!!
見つけました\(*^▽^*)ノ
TAKUROさんの赤い服だけ色がついていて、
走ってくるHISASHIさん、最初は「あれ?宮迫さん?」なんて思ったのですが
何度もバックしてスローにして、10回以上「play back!play back!」でした。

「わーー!死んだとこ上手だわん」なんて変な感心の仕方ですが・・・
ストップ・モーションにしてじっくり眺めてから、映画を終わりにしました。
ここだけ保存しとくかな・・・


| komichi | - | 21:02 | comments(3) | - |
れんこんのような人参

昨夜人参を切ったら、こんなでした。
「わー!きれい!」と思わず夫に見せてから写真を撮りましたが
よく考えたら、トウが立って簾ができただけだったのかも(~_~;)
味は変わりなかったような気がします。



前にbook off で買っていた本です。
「哲学」は新幹線の往復でほとんど読みました。
あと10ページくらいで終わりです。
島田紳助と松本人志が対談ではなくて、代わる代わる自分の想いを語っています。
お笑いに対するそれぞれの哲学、人生に対する哲学。
なかなか面白かったです。

「月の癒し」は昨年のホメオパシー講座で先生が勧めていた本で、
これも book offで見つけたので買っておいてました。
まだ読んでないのです。
明日、ホメオパシー勉強会に行くので電車の中で読もうと思って出して来ました。
初めてホメオパスのところに行ったときに問診で
「太陽と月とどちらが好きですか?」
と聞かれ迷うことなく「月です」と答えた私。
月には何故か惹かれることが多いです。
今夜も綺麗な満月が昇っています。
| komichi | - | 20:01 | comments(6) | - |
いんちき音響さん
昨夜から娘のGLAY・氣志團友達が泊まりに来ていて、さっき二人で出かけました。氣志團、今日は奈良で明日は大阪LIVEですって。私が東京に行っていたときは和歌山に行ってましたから、GLAYをいれたら1週間に4回のLIVEです。
たった1回で筋肉痛になる母に比べ、あの駅伝で鍛えた身体はこの日のためにあったのか?とさえ思ってしまうLIVE三昧の娘です。

さて、金曜日のことです。
フォルムの会に行くのに、やっぱり武道館の余韻が冷め遣らず、ぼーっとしていたのでしょうか電車を逆方向行きに乗ってしまいました。
慌てて引き返し、夙川駅で降りようとするとドアの向こうにコーラスのY先生が!!
お互い小さく手を振って「おはようございます」「おはよう!元気になった?メモ貰ったからお手紙書こうと思ってたのよ」とニコニコ顔でY先生は言って電車は発車しました。

「元気になった?メモ?お手紙?」何のことやら???先生何か間違ってない?と思ったのですが、はた!と気づいたのです。
先週のこと、まじかになったスッテージ発表会の「みんなの立ち位地を控えておいて」と先生に頼まれたので、それを紙に書いて他のメンバーに預けて来たのです。翌週は休むと解っていたから。
でも、それを渡された先生はやっぱり私が体調不良で休んだと思ったわけですね。
まさか東京で踊り狂っていようとは考えつきもするわけがない。

そんなこと考えながら「アトリエ・ソ」に到着。入り口に立った看板をみてびっくり
\(◎o◎)/!「○○○○○子 オカリナ演奏会2:00〜」
実は少し前にアトリエ・ソの持ち主でフォルムの会の仲間のSさんから電話でこの日午後からオカリナ演奏があるから残って欲しい、と言われたのですが、無理だから断って帰ろうと思っていたのです。
でも、まさかその奏者が○○さん、つまりさっきばったり会ったコーラスのY先生の友人で5〜6年前までコーラスでピアノを弾いて下っていたN先生だったのです。


↑ペンシル・ハウス「アトリエ・ソ」です。

なんだ、それなら残って聴かなくちゃね。ということでいらしたN先生も私の顔を見て「え〜?何で○○さんここにいるの?」
事情を説明してから私もいつも間にか主催者側にまわって、テーブルやイスのセッティングをしたり、N先生の音あわせをお手伝いしたり。
伴奏を録音してあるカセット・テープを廻したら、このラジカセが微妙に回転が遅くてオカリナとずれて気持ち悪いんです。
慌てて別の古い埃をかぶったようなラジカセをSさんが探してきたのですが
そこにいた人は使い方が解らない!というので、私が操作することになりました。
N先生が「あなたここに座って、私の合図でオン・オフして貰えない?」と言われ、音の強弱も曲によって変えたり、で少々打ち合わせして始まった演奏会。

お客さんは20人くらいで、お歳を召した方が多くて、
中にはずっと目を閉じて聴き入っているひと、
涙を流しているひともいました。

先生のめくばせや身振りを見ながらボリュームを上げ下げしたり、ボタンを押したり、とちょっとした「音響さん」ですね(#^.^#)
GLAYの音響さん「PAの高間さん」は有名ですが
「PAの低間さん?」くらいにはなれたかしら(笑)
40分程で終わり「機械に強い人がいて助かったわ〜〜!!」
なんて感謝されていい気になって帰って来たのですが
古いラジカセ動かしたくらいでこんなに感謝されてちょっと
恥ずかしかった(~_~;)
| komichi | - | 16:30 | comments(0) | - |
目指せ38年振り武道館!!〜東海道一人旅〜検丙能回)
やっと終わりに近づきました、ε=( ̄。 ̄;)フゥ
書き忘れてことがありました。

「HEAVY GAUGE」と「三年後」のアウトロで、メンバー3人がじっとしているときに、ダン!ダン!ダン!ダン!ってベースとドラムだけが続くとき、JIRO君の入れ込み様が凄い!!
一人だけヘドバンでもしそうなくらいの勢いでベースを弾いてる姿見ると何か感動してしまいました。

さて、ダブル・アンコールも終わり、メンバーが今回はかなりあっさり目に引っ込んでしまったみたいに思えました。
客電が燈いたら「は〜〜あ・・・」とどっかりシートに座りこむ間も無く帰り支度です。
汗だくで500mlの水はほとんど飲みつくしたところで通路に出ると、満員電車なみの人込みでした。
さすが年代物の建築物で通路の幅が2mくらいしかないのです。
ますます汗だくになりながら、押し合いへしあい、外に出ると昼間よりも随分気温が下がっていました。熱くなった身体にはちょうどいい寒さの中、九段下の駅までの道を急ぎました。ここでmuupontmさんとお別れ(@^^)/~~~

夢の異空間のようなLIVEのあとは、これから現実生活に戻ることを考えると、いつも悲しいのだけど、遠征してるときはまだホテルに帰る、ということがちょっとした非日常なので、だいぶ気分は違います。

電車に乗ったら突然空腹感に襲われ「しまった!!(>_<)」
春名娘さんが『LIVEの前に食べて下さい』ってお菓子くれたのに
しっかり忘れてました。私はすぐホテルだからいいけど、muupontmさんは
おうちまで遠いのに、お腹空いたでしょうねぇ・・・
すみませんでしたm( _ _ )m

翌日は9時まで寝てからチェックアウト。
新丸ビルで「G」とは無関係の友人と1年ぶりの再会。お茶とランチをして楽しくおしゃべりしました。

帰りの新幹線で名古屋を過ぎた辺りから日暮れにさしかかり
窓の外に薄く雪を頂いた山々の峰が遠くから次第に迫って来ました。
普段目にする日本の優しい自然の風景とは違って、厳しく雄雄しい姿にすっかり目を奪われて、窓ガラスに張り付くようにして見ていました。
だんだん雪が多くなって、田んぼも畑も林も民家も、積もった雪の下に流れるように飛んで行きました。
「銀世界」というような派手さはなく、まさしく墨絵のようなこんな景色を
私は生まれて初めて見ました。
考えてみれば、この時期に関西より東に旅をしたことはなかったようだし
こんなに雪が多い年も稀なわけですから、京都に近づいて雪が無くなるまでずっとずっと窓の外をみつめていたのでした。

旅の終わりに、とっても心揺すぶられるものを見せて貰った気がしました。

こんな経験ができる幸せに!出逢った沢山の人達に!無事に帰ってこれたことに!・・・・・・感謝します☆
| komichi | - | 20:23 | comments(3) | - |
閑話休題
昨日の夕方、hana☆さんから戴いた「The Velvet Underground&Nico」を聴きました。
はっきり言って、好きでっす!!
予想していたのと全く違っていて、1曲目から「なに?こんな感じだったの?かわいいじゃん」と・・・

ところが曲が進むにつれて次第に怪しい雰囲気になって来てた。
8日に二人とも「熱唱系が好きなのよね〜〜!」って意気投合したはずなのに、この脱力感はなに?(笑)
しかも国籍不明ですね。
でもこれってHISASHIさんが作るSEに何となく感じが似てるかもしれない、とかも思ったのです。
ギターの音も好きです。hana☆さんがお勧めしてくれた理由はわかるのですが、いったいこれのどこが私たちの「ツボ」なんでしょう?(笑)

もう一枚の「HRANZ FERDINAND」は月曜に聴きますね\(*^▽^*)ノ
| komichi | - | 11:47 | comments(3) | - |
目指せ38年振り武道館!!〜東海道一人旅〜
さて、いよいよ客電が落ちたと同時に会場じゅうから「ぎゃーーーっ!!」という歓声が☆
慌てて荷物を座席に置いて立ち上がる!!この瞬間が大好きです。
(以下はレポではなくて単純に私の個人的感想です)

ROCK'N'ROLL SWINDLE
この前まで「どしゃ降り」と言っていた新曲ですね。かなりハードだけど音響がいまいち良くないのか、音が何処から来るのか解らなくてTERUさんの歌詩が聞えない(>_<) よく掴めないうちに終わってしまった
⇒僅
これは・・・ですね、私のトイレ・タイムなんです。ごめんなさい。GLAYファンにあるまじき言動!他のサイトでは禁句だったのですがここは私の場所ですから、正直に。娘も「もう誘惑はええっちゅうねん。でもToshiのドラムが始まると身体が反応するねんな。知らんうちに跳んどる」
開演前は長蛇の列のトイレも只一人。用を済ませて「これで跳んでもいいぞっ!!」
生きてく強さ
私はこれは大好き。

とここでメンバーの衣装ですが、TERUさん白のタンクトップといういよりいつの頃からか愛用するようになった「ランニング」?に黒の上下。私好みの細いパンツで良かった\(*^▽^*)ノ細くなっててカッコいいぞ!!TAKUROさん、黒。ごめんなさいhana☆さん、あまりみてなかったm( _ _ )mでもときどき大写しになった顔は精悍さがまして「大人だな〜」と思いました。JIRO君、上は白だったかしら?ノースリ。下は黒のパンツで足首が締まっていたように見えましたが、不確実。
そして何と行ってもHISASHIさん☆☆☆☆☆
すっかり5つ星です。「チャーリーとチョコレート工場」のジョニー・デップみたいな感じのシルク・ハットから色とりどりの羽がなびき、シルバーの髑髏が見えたような気がする。黒のジャケットに黄色と黒のチェックのパンツ&オーバー・スカート。一瞬「チェッカーズ」?と思ったけど、違いました。これはすっかりHISASHIワールドです。
靴はこの頃いつも履いてるラバー・ソールじゃなくて、そこが薄いのだったように見えました。詳細はwowow録画待ちです。
  
ぅ哀蹈螢▲
FATSOUNDS
coyote colored darkness
とたたみ掛けるようにお馴染みの曲が続き、会場じゅうヒート・アップ。 曲調に合わせてステージ上に火が焚かれて妖艶な感じに。かなり数が多くしかも炎が高かったのでだんだん熱い空気があんな上の方まで上がって来ました。
HISA君のコーラスがなかったような気がしたんだけど、どうでしょう?
HEAVY GAUGE
2000年のツアー以来6年振りに耳にしたこの曲。やってくれるとは知ってましたが、鳥肌でした。じわっと(T_T)。
┌廓後
初体験の曲です。HEAVY GAUGEと世界観が一緒とかよく言われますが、私は今ひとつピンと来ないのです。歌詩のせいかも。
軌跡の果て
昨年のドームで初めて生で聴いて心打ち震えた曲です。「TAKUROのためにだけ歌う」と言ったTERUさんの言葉が思い出されて、今回も(T_T)。隣でmupontmさんが同じく(T_T)ここから3曲muupontmさん、ずっと泣いていました。(書いちゃいけなかったかしら?)
でも、感心したのが曲間でなにやらメモをしていたらしいのですが、後で聞いたらHISA君のギターの種類をオペラ・グラスで確認してメモしていたのだそうです。「セット・リストは一昨日メモしましたから」というお返事に、畏れ入りましたm( _ _ )m
BELOVED
これもすきだな〜〜〜・・・なんと言ってもHISA君のギターメロが秀逸です。でも、これも音響のせいか今回はあまりはきり聞えなかった。
つづれ織り〜so far and yet so close〜
イントロで会場からおおきなため息にも似たどよめきが。これを聞くとどうしても2004年のEXPOの最後を思い出す。自然と涙が。
TERUさんの声が一段と伸びやかに切なく響きわたり最高でした。
KISSN'NIDSE
これも初体験で物凄く嬉しかった\(*^▽^*)ノあ〜〜これをいつもやってたであろう昔からGLAYを知っていたかった。
彼女のmodern〜
LIVEの定番だけど、これは大好き!!娘じゃないけど身体が反射的に跳ねちゃって終わってからしんどいしんどい。息切れでした。
SHUTTER SPEEDS のテーマ
引き続きの定番。でもこれがなかったらみんな絶対承知しないもんね。  JIROちゃんかなりテンション高くて、後ろに下がろうとしてスッテンコロリンひっくり返っちゃったけど、ちゃんとギターを抱え込む形でクルクル背中で廻ってたのが凄く可愛かった。
EXPOのときは転んでギターのチューニングが狂ってしまってかなり怒ってましたが、今回はそんなこともなく順調に進みました。
ピーク果てしなくSOUL限りなく
これも乗り乗りで、一体感満載の曲ですね。楽しかった。
BEAUTIFUL DREAMER
みんなこれ結構好きらしいけど、実は私はあんまり・・・なんです。すみません。
LAYLA
新曲です。これも前のMCでTERUさんが「今俺達は茨の道を歩いてます」って言ったので、やっぱりもめてて大変なのかな?とか思ってしまいました。曲はよかった。TAKUROさんの作詩力、衰えてなくて安心しました。画面に詩を出してくれたのが嬉しかったです。

アンコール待ちの間にあちこちからウェーブが起こりかけてたけど、照明の加減でどこに波が行ってるのか見えなくて、不発に終わったみたいでした。
出てきたTERUさんが「今待ってる間にウェーブやった?」って聞いたのが可笑しかったです。さすがウェーブ・マスター!
JIRO君がバスタオルをぶんぶん廻して急に丸めそうに見えたので、結んでバック・ステージに投げるのかと思ったら、ぱっと広げてアンプの上に掛けたんです。それが洗濯物干すみたいに丁寧にひろげて、上の方をシュッ!シュッ!って。でも奥まで届かなかったら突然アンプの陰からスタッフ(たぶんローディーの人でしょう)が頭出して拡げるのを手伝ってました。綺麗にかけられて良かったね、と。さすがお家はいつもきちんと清潔のJIRO君です。

Winter again
アリーナには雪が降ってたみたいですが、上には来ず。
Morethan love
これも初体験。これは前から聞きたかったのでかなり嬉しかった。
曲の途中でHISA君がいなくなってまた出てきたので変だな?と思っていたらmuupontmさんからの情報。ギターの弦が切れたらしいです。「ゼマティス」から「シェル」に変わったとか。凄い!!
ACID HEAD
やったーーー!!これがないとLIVEに着た甲斐がない。以前封印するとか言ったので悲しかったのですが、やってくれた\(*^▽^*)ノ
このときかしら?めずらしくTAKUROさんがくるくる廻ってたのは。
HISA君が廻るのはいつもだけど、でも今回は「いつもより多めに廻ってます」みたいでした。
 
アンコール待ちの間に自然に「I'm in Love」が会場から沸き起こり、今度はウェーブもうまく行ってました。

そして最後のダブル・アンコール
I'm in Love
いつものように暖ったかいGLAY!の代表曲。
全身が愛とメロディーに包まれて幸せでした。と同時に「これで終わっちゃうんだ・・・」という悲しさと。
TERUさんの「もっと〜〜〜〜!!」という声に、もうこれ以上でないくらいの大きな声を張り上げて歌って来ました。

最後に両隣の人と手をつないで「イチ!ニ!サ〜ン!」でジャンプのはずが失敗。会場じゅうから「え〜〜〜?」のブーーイングに皆で大笑い。
もう一度やり直して大成功☆

あ〜〜、疲れた。今日はここまでです。肩凝り凝り。

| komichi | - | 20:59 | comments(6) | - |
目指せ38年振り武道館!!〜東海道一人旅〜
ライブ・レポをご希望されているみたいなのですが、↓のコメントにも書きましたように、それは不得意なので、まあ、私の日記だと思って下さい。

日本武道館には高校一年のときに初めて行きました。
THE BEATLESの映画「マジカル・ミステリー・ツアー」の上映会でした。
学校を早く抜け出して駅までの道を走ったのをよく覚えています。

相方のmuupontmさんの武道館デビューも、なんと高校生の時に某バンドのライブに学校の窓から抜け出して行ったのだとか\(◎o◎)/!
やっぱりよく似た経歴を持った者同士でした。

日本武道館があのような環境の中に建っていることも初めて認識しました。
hana☆さんは毎年春になると家族でお花見にくるそうな。

さて、会場はかなり急勾配なすり鉢状になっており、
私たちの座席BS(バック・ステージ)はステージの真後ろから見る事になります。普通は客席の後ろはつぶして、お客は入れないのですが
今回は360度全てお客さんを入れる形にしてありました。
こういうステージだと、やってる方は頭の上から声援が降り注ぐように感じるのだそうです。
で、私たちの席はもう殆どそのすり鉢の縁に近いところで、上から数えた方が早いかも。ステージ上のメンバーをほぼ真上から見る形でした。
でもそこはファンに優しいGLAYさん。上の方に各面にスクリーンが釣ってあって、よく見えました。
ただ、細かいところはスクリーンで見えても、やっぱり肉眼で見たい!とどうしても思ってしまうので、オペラグラスさえ私は殆ど使いません。レンズを通すとテレビと同じになってしまいますから。

開演まえに2004年のEXPOに一緒に行った相方であり友人のお嬢さんが彼氏を連れて会いにきてくれました。その彼氏とmuupontmさんが奇遇なことに色々繋がりがあることがわかって、かなり盛り上がりました。

なかなかLIVE始まりませんね(笑)
時間がないので、この後はまた食後にします。悪しからずm( _ _ )m
| komichi | - | 17:30 | comments(2) | - |
目指せ38年振り武道館!!〜東海道一人旅〜
ただいま〜〜\(*^▽^*)ノ
行って来ました、日本武道館!

いやはや沢山のアクシデントに見舞われつつ、やっとさっき帰宅しました。
LIVEは勿論最高!!でした。
が、そこに行きつくまでが・・・

まだ今頃ファイナル・ライブやっているので、ライブ・レポは明日にします。
今日はそこに行きつくまでのお話です。
昨日早めの9:30に家をでて梅田でお弁当を買ったのですが、
お財布を開けたら「ひぇ〜〜〜っ!!空っぽ」\(◎o◎)/!
どっと汗をかきつつも、お化粧ポーチに予備で入れていた1万円でなんとかしのぎ、慌ててATMを探したのですが、見つからず。
大阪駅の駅員さんに尋ねたら、今工事中なので3人で頭つき合わせて
「ふ〜〜ん、あそこはやっとるかな?あっちだったらたぶんある?」みたいな感じでやっと「あそこなら」という所を教えてもらって走る走る。
やっとお金をゲットして、新大阪へ。
友人達に買うつもりだったお土産など買う暇もなく、滑りこみセーフ。


↑緑のお財布は普段用。これを赤の軽い旅行用に入れ替えたのが間違いのもとでした。

新幹線に乗り込んでやっと一息ついてお弁当を食べ、口紅も食べちゃったので、塗りなおそうといつも持ってる小さいポーチを探っても、探っても見つからず!!
「は〜〜あ、忘れたみたい・・・」_| ̄|○
二重のパンチでした(T_T)

東京駅に着いて真っ先に、雑貨屋さんを見つけて小さい鏡を買いました。
口紅は大きいポーチに入れたのをだして、これで一件落着(^o^)

大手町に向かう地下鉄丸の内線(今は東京メトロと言うらしい)を捜し求めてうろうろ、うろうろ。やっと着いて大手町へ。
昔は丸の内線は御用達だったのに。

半蔵門線に乗り換えて3つ目。半蔵門で下車徒歩5分でホテルに到着!
となるはずだったのに、ごく簡単な地図がどっち向きにみたらいいのか全然解らず(>_<)
地図上の目印になるものも一つも当てはまらず、しばらくうろうろしてから
しかたなく親切そうな女性に尋ねたら「これは方向が逆だから、私もそっちに行きますから一緒にいきましょう」と言われ付いて行きました。

5分以上歩いてもまったくホテルの気配なし。
その女性も不安になったのか「この薬局のおばさん知ってますから聞いてみましょう」と中に入っておばさんに尋ねたら、にべもなく「あっ、それなくなった」
「へっ!!?なくなったって・・・」
「もうないよ。中華屋さんになってるわ」
「そ・そ・そんな・・・」(@_@;)
その女性は「すみません、私もう行かないと行けないので」と言うので
「あ、すみません、電話してみますから。ありがとうございました」
とうわべは冷静に内心はパニクッテ別れました。
電話をしてみると、あっさり繋がって「もうないって言われたんですけど!」というと「はい、2つ建物がありまして1店は閉めたのですがこちらは営業いたしております」
ということで、あの女性も薬局のおばさんも結局は間違っていたのです。
全然反対方向で、またまた歩くこと10分。
チェックインしたときは、もうへとへとでした。
荷物を放り出してベッドに倒れ込み、
「あ〜〜!!今日は何なんだ?仏滅か?大殺界か?」
と思ったところで「こんなことしてる暇はない」
まずホテルの部屋に入ったらしなくちゃいけないのが
.泪奪舛鰊曚辰読屋じゅうに硫黄の匂いを漂わせる。
◆屮ーラ・ソーマ」の「セピス・ベイ」という言って見れば「浄化」のポマンダーをシュッ!シュッ!とスプレーして廻ります。

と言うのもかく言う私、所謂霊媒体質、憑依体質で結構憑かれちゃうんです。なのでホテルはこれやらないと落ち着かなくて。
そしてやっとベッドに大の字になること10分。
ホテルまでhana☆さんが向かえに来てくれることになっていた時間がやってきました。


↑「ホテルにお泊まり4種の神器」マッチ、セラピス・ベイ、耳栓、眠れない時用のレメディー2種

という現実とは思えない悲惨な状況を乗り越えて、無事hana☆さんに会えて
昨年のドーム以来の再会です。しばらくおしゃべりしてから神保町の喫茶店でmuupontmさんを待ちました。
4:30にmuupontmさんがやってきて、初対面のご挨拶m( _ _ )m
周りにもGLAY仕様の服装の人が多数いて、ライブの気配が嫌が上にも高まった来ました。
5時に春名娘さんが、参加日は9日なのに仕事を早退して会いに来てくれました。
30代の春名娘さん、40台のmuupontmさん、50代の残るふたりで
楽しく楽しくGLAY話しをしてから、いざ武道館へ!!

駐車場で元OBAちゃんに会うためにうろうろしましたが
無事出逢えて、沢山の元OBAファのみなさんと初対面のご挨拶と名刺交換。
OBAちゃんに熱いハグハグをして貰って、胸が一杯になりました。
「いつも暖かい書き込みありがとう」と言われて握ってくれた手がとっても暖かかったです。
ネット上での書き込みで知っていた人達と実際に会うことができて
楽しい一時でした。この頃にはとっぷりと日が暮れていました。

↓暗くてよく見えないけど、武道館の正面入り口です。


さて、この続きはまた明日です。
| komichi | - | 21:34 | comments(3) | - |
行って来ま〜〜〜〜す\(*^▽^*)ノ
こういう時は早く起きられる小径です(~_~;)

と言ってもあと10分で出なくっちゃいけないんですけど。
今日の東京は全国的寒さの中、唯一12℃を誇っているようです。
これも、私の力かTERUさんの力かわからないけど(笑)

チョコさん>LIVE・レポは下手なんであまり期待しないで下さい。
陶酔するとあんまり覚えていないのです。

でわっ!!行って参りまっす!!!

| komichi | - | 09:22 | comments(2) | - |
一足早い「春」?

我が家のベランダですが、真冬にこんなに花が咲いていることは初めてです。以前ここにも書きましたが、ホメオパシーの植物用を使い初めて1ヶ月余り、やっぱり効果が出てきた感じです。

ブルーの線で囲んでいるのが「友禅菊」で、秋にはうどんこ病で真っ白でした。今までだったら絶対助からない状態だったのですが「はなっこ」といのを1週間に一度の割りでスプレーして、「どじょっこ」というのを水に薄めて与えました。
そしたら白くなってしまった葉は枯れ落ちて、新芽が出てきました。
新芽がだいぶ大きくなって来ました。
かなりな病状だったので、まわりの花にも染るんじゃないかと心配してたのですが、大丈夫です。

これからが楽しみです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
今日は朝からなにせ落ち着かなくて・・・
昨夜のLIVE後のTERUさんのMSへの書き込みをみたくて、
午前中からPC開けました。
そしたらhana☆さんから東京のお天気具合のメール、
muupontmさんからのはネタバレにならない程度のレポのメールが入っていました。ありがとう\(*^▽^*)ノ

昨日はこの冬一番の冷え込みだったそうで、会場内に入っても寒かったそうです。しかもやっぱり初日、30分押したそうです。
私はこれがいやだからできるだけ初日は行かないことにしてるんです。
メンバーも堅いし、時間的にも短かったりするし、
明後日はwowow生中継が入るので、明日が最高なんじゃないかしら?って思っていたら、TERUさんは明日もwowowが入ると言っていました。本当かな?
またTERU語録じゃないかと思いますが・・・

3日程前から持って行く荷物を準備しだしたのですが
忘れ物があるんじゃないしら?と、何度も点検。
ちょっとした遠足前のこども、ゴルフ前のおじさん、ですね(笑)

「バッグが大きいほど依存度が高い性格」だって何かに出てたのですが
当たって入る気がします。
それに引き換え娘の身軽さと言ったら\(◎o◎)/!
昨夜メールで「家に帰る時間なさそうやから真っ直ぐ会社に行く」と言って来ました。
お昼すぎに電話がかかってきて「○○まで仕事で行かなくちゃいけないから着替えを持って来て」と言われもより駅まで自転車で爆走。
「私は召使か?」とぶつぶつ言いながらも持って行ってやりました。

荷物を手渡し、向こうのバッグを渡されて「え?」と言ったら
「パンフ買ってきたから出してええから」だって。
私は頼んだつもりなかったんだけど、重たいのに気を利かせて買って来てくれたんだったら仕方ない(>_<)
「ひぇー!3000円倹約しようと思ったのに」とは娘には言いませんでした。

明日の朝、時間があったらPC開けますが、
なかったら・・・・・行って来ま〜〜〜〜す(@^^)/~~~
| komichi | - | 20:15 | comments(2) | - |
こんな新聞記事にも反応(~_~;)

GLAYファンであれば、色々反応してしまう言葉があるのですが
今日の夕刊の1面にこんな記事がありました。
愚令に深謀あったか」

「歴史のかたちをみる」というコラムで、
この写真は「犬公方の湯たんぽ」だそうです。
要するに、徳川五代将軍・綱吉の「生類憐みの令」のことを
「愚令」と言っているのですね。
GLAYを「愚麗」と書く事はよくあるのですが、「愚令」は初めての字です。

この犬の形の湯たんぽ、将軍様はとってもご愛用されたみたいで
背中の部分がだいぶ擦れているのだそうです。
向かって右の耳を廻すと蓋がとれて(写真では取れた耳が右下に置いてある)ここからお湯を入れるのだそうです。
なんだか少し悲しげな表情のお犬様ですね。

**********************************
今朝は二度寝して起きたら窓の外は物凄い雪でした。
積もりそうもない水分の多い雪でしたが、「ひっきりなしに降り注ぐ」
と言った感じの降り方でした。
午後には雨に変わって、寒かったので近くの歯医者に行くのに
車で行きました。「歩け歩け!」はどうなったんだ?と言われそうですが
雨の中を歩いて風邪を引くのも辛いので、と言い訳しますm( _ _ )m

東京で会う友人との折衝もだいたい終わり
今回お会いできる人と、また今度の人と決まりました。

気候の良い時期なら子どもの頃すんでいた場所や
転校して以来一度も行ったことのない高校にも足を運んでみたい
と思うのですが、なかなか実行できずにいます。

明後日、寒くないといいんだけどな〜〜
| komichi | - | 20:42 | comments(4) | - |
お仕事、お仕事

今日はマンションの理事会でした。
集会室で朝の10:00からでしたが、なかなか部屋が暖まらず
ほっかほっかの室内履きとひざ掛け持参で出向いたのですが
それでも冷えて寒かった(>_<)

今年の理事のメインの大仕事「鉄部塗装工事」は昨年中に無事終わったので
もうあとは総会に向けてのまとめだけです。

書記の私は理事会が終わってからが本番で、帰宅してメモをノートに清書して、それをまとめてからPCで1枚の「理事会だより」に仕上げます。
これは玄関の掲示板に貼られるので、ミスなく仕上げないといけないのです。

昼食終わってから早速仕事に取り掛かり、順調に進んでワードでほぼ打ち終わりそうになったところで、意味不明の「警告」のような表示がでて、あれよあれよ言う間に原稿が消えてしまいました。\(◎o◎)/!

「ぎゃーーー!!!」という私の叫び。
「消えちゃった〜〜(T_T)」に夫は一言「ちゃんとセイブしながらやらないとだめだよ」だって。
前にも同じことやったことがあって、「数行打つたびくらいにセイブして行ったほうがいい」と言われていたのに、忘れていました。

がっくり。1時間の作業が無駄に終わりました。

ということで、今からまたやり直しです。は〜〜あ。
| komichi | - | 21:23 | comments(2) | - |
「まんが パレスチナ問題」

これは夫が買って来て読んだ後に「読む?」と聞かれたので置いといて貰ってちびちび読んでいたものです。
一昨日美容院へ髪を染めに行ったときに読了しました。

面白い!というのではないのですが、長年解らなかったことが色々と解りました。「あ〜〜ぁ、そういうことだったのね」ということが結構ありました。
でも、ここまでこじれてしまったら、悲しいことだけど、
何をどうしたら解決するのか解らないですね。

今日はことし一番の冷え込みで、六甲山から風で飛ばされてきた粉雪が吹雪いたり、晴れたりの繰り返しでした。
灯油を買いに行ったら1リットルが77円でした。去年の2倍の高値ですね。でも、高い高いと言っても暖かい部屋でちゃんと食べて暮らしていることだけでも感謝ですね。

今日はちょっと殊勝な小径でした。
| komichi | - | 21:52 | comments(2) | - |
只今休刊中

これは「甲陽園だより」という名のフォルムの会の会報です。
2001年1月に第一号を発刊してから、年に3冊のペースで発行して来ました。メインの「甲陽園だより」は変わらないのですが、副題が毎回変わるというちょっと変わった趣向をこらしています。
NO.1「ノイモント」(ドイツ語で月の意味)
NO.2「えのぐばこ」
NO.3「Tea time」
NO.4「森と光」
NO.5「せせらぎ」
NO.6「オリオン」
NO.7「如月」
NO.8「おりひめ」
NO.9「ANGEL」
NO.10「のえる☆NOEL」
NO.11「セレスチャル・ブルー」
NO.12「あさぎ」

でした。
昨年から絵の先生が「こども時代通信」というフリー・ペイパーを発行しているので、こちらの方が忙しくなってしまった感じです。

先生がボランティアとしてやりがいを感じてしてらっしゃるので、
私もできるだけお手伝いしたいと思っています。
これにも原稿を書いています、というよりシュタイナーの人智学研究者のMさんと言う方と、先生と私の3人しか書いてない(笑)と言った方がいいかも(~_~;)

**********************************
今日はGLAY LIVE Zepp東京の2日目ですね。
セットリストは昨日と同じなのかな?それとも、2パターンあるのかしら?
心は東京に飛んでる感じです。

前回の「タモリ・クラブ」を今日見たら、「2006年の空耳アワード・後編」でした。先週見てないので惜しいことをしました。毎年楽しみに見てたのに。
司会はクリス・ペプラーでゲストにあの元メガデスのマーティが出てました。
この人「ヘビメタさん」で知ったのですが、アメリカ人の超有名なギタリストなのに歌舞伎町に住んでる変な外人で、日本語ぺらぺら。
でもさすがに「シェー!!」は知らなかったようで
みんな爆笑なのにひとりポカーンとして「シェーって何?」って聞いたのが可愛かったです。
でもハワイでレコーディングするからって「ヘビメタさん」が終わったはずなのに、こんな所で何してるの?と一人で突っ込んでしまいました。
| komichi | - | 20:57 | comments(2) | - |
「オーラの泉」

昨夜の「オーラの泉」を今朝見ました。ゲストは奥田英二さんでした。いつまでもカッコイイな〜とおもいましたが、人格的霊的にもかなり上ですね。
色々面白かったのですがとくに興味深かったのは、江原さんが「天職と適職の違い」について語った下りです。
「天職」とは己のなにものかを他者に与えることによって己が喜びを得ることができるもので、「適職」とはそれによって生きるため、食べるための収入をえる職業のこと、だと。
この両方の車輪を持ち、同じ大きさでないと前に転がらない。片方だけが大きいと同じ所をぐるぐる廻っているだけで進んでいかないのだそうです。

この喩えはよく解りましたね。
前回の「よゐこ」の浜口さん、その前の上原さくらさんのもかなり入れ込んでみてしまいました。いまはHDDに保存しているのでDVDに落として保存しておこうと思っています。


チョコさん、私がもっているシュタイナー教育関係の幼児向けのはこんなのですが、これは保母さん向けというより母親が我が子に対峙するときのものです。
でも、勉強にはなると思います。
学校でもしいくらかでもシュタイナーについて勉強されてたら、ご存知かもしれませんが、↓の「四つの気質」は知っておくと役にたつと思います。



子どもはだいたい4種類の生まれつきの気質にわかれていて、それぞれの特徴を親や教育者がわきまえておくと、お互いが無駄に怒ったり怒られたりしなくて済みますし、こどもをありのまま受け入れる手助けになります。

一般的には大人しくて人見知りの子は積極的な派手な子どもを隣に座らせたりしますが、シュタイナー教育の場合は逆で、同じ気質のこどもを一まとめにします。
こうすると、子どもが自分の気質をマイナスに受け取らなくてすみます。例えばゆっくりな子が「自分はどんくさいんだ」と思わなくてすむとかですね。
そして、自分の気質をそうやって充分満喫すると周りに目が行くようになって、そこで初めて自分と違う気質の人がいるんだ!!と気づいてそれに興味がいくようになり、自分にない物を取り入れようと自発的に働きかけるわけです。
こういう順序で成長すれば無駄な劣等感を持って苦しむ必要がなくなり、自尊の感覚がきっちり土台として植えられるわけですね。
というようなことがこれらの本でたぶん解ると思います。
まだまだ持ってますが、きょうは一応、このへんで。

**********************************
今日はGLAYのHISASHIさんの34歳のお誕生日です☆
( ^o)-o<パッパラッパ│~~~♪お♪め♪で♪と♪ー♪

今日はLIVE初日!!
今頃は、Zepp東京で盛り上がっていることでしょう。

来週会いに行きますからね〜〜〜\(*^▽^*)ノ
| komichi | - | 20:27 | comments(3) | - |
最近はまってます

震災のあとからアレルギーが酷くなったのでお酒は飲まないようにしていたのですが、
昨年寝込んだときに絵の先生が「これでも飲んで元気出してください」って、チョーヤの梅酒を持ってきてくれました。

それからほぼ毎晩、このガラスのお猪口にお湯割りで1杯だけ飲んでいます。
1本飲んでしまって近所の酒屋さんに買いに行ったら
そこはチョーヤを置いてなくて
「白鶴がはじめて梅酒だしたのがあるけどこれにしたら?」と言われてこれを買いました。
飲んでみたらチョーヤのほど甘くなくてさっぱりしていて
気に入ってしまいました。梅そのものが入ってないので値段もお手ごろ。

その時酒屋さんのおばちゃんが言っていたことですが、
最近は日本酒が売れないからあまり作ってなくて
酒かすが手に入りにくくなったのだそうです。
そう言えばここは「灘の生一本」で酒蔵が沢山あったのですが、
震災で随分減ってしまい、残っている「白雪酒造」や「白鹿酒造」「白鶴酒造」の
できたての酒かすが前はここの店頭にも並んでいたのに、
今年は1種類が少し置いてあるだけでした。
この地域の文化だったのに、残念だな〜って思いました。

####################################################
昨夜はOBAサイトの最後の日で、夜になったらやっぱり行ってしまって、
ちょっと覗くつもりだったのがまたチャットに入ってしまいました。

途中台所片付けとか歯を磨いたりして中断しながらも
結局11時過ぎまでおしゃべりしていました。
12時ジャストに閉鎖になるので最後の瞬間まで立会いたかったけど、
寝不足になるとすぐ体調壊すし、朝起きられないと困るので
後ろ髪ひかれながらさよならしました。
なんだか泣きそうでした。
ネットサイトという仮想空間で実態のないお付き合いのようですが
同じHPでも管理する人の人柄というのが、
こんなにも反映されるものなのかと驚きました。
全ての物は使う側の使いようで善にも悪にもなるのですね。
| komichi | - | 20:23 | comments(9) | - |


RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND  SELECTED ENTRIES RECENT COMMENTS
LINKS PROFILE OTHERS