小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << December 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
明けましておめでとうございます


今年も「小径あるけば」をよろしく
お願い 致しますm( _ _ )m
| komichi | - | 22:29 | comments(10) | - |
今ごろ幕張では・・・
今日はGLAYのカウントダウンLIVE初日。

本当のカウントダウンは明日ですけどね。

今日はケータイメールでお付き合いいただいてるグレ友さん達や
いつもここにコメントして下さってる
muupontmさん、hana☆さんも幕張メッセに行っています。

会場に入った後もずっとmuupontmさんとメールのやり取りしてましたが
臨場感があって、開演10分くらい前では
こちらまでドキドキしてました(笑)

オープニングの曲が何なのか?を推測しあったのですが
muupontmさんが「彼女のModern・・・」
私が「VERB」
さて、どちらか当たったかな?

娘は明日の参加だからこれから出かけるようです。

は〜〜〜あ、羨ましい・・・
| komichi | - | 20:00 | comments(4) | - |
トータス ミックにインタビュー
http://vids.myspace.com/index.cfm?fuseaction=vids.individual&videoid=48747117

昨日は別のグレ友さんがここを見て決めた・・・ということで
「SHINE A LIGHT」を見てきました〜〜\(⌒∇⌒)/と
メールくれました。

その中で「トータス松本を思い出した」という部分があって
実は私もトータスすきなのですが
これはhana☆さんといつも共感していること。

そのことをhana☆さんにメールしたら
こんな映像を教えてくれました。

トータスがイギリスまで行ってミックにインタビューしています。

トータスの緊張ぶりが伝わってきますね(笑)

ミックはリラックスして(当然かな?)大物ぶりを発揮していますが
質問に対する返事はとっても真摯で丁寧です。

見てみてください。

下のコメント欄に再度URL入れますね。
ここから飛んでください。
| komichi | - | 10:51 | comments(3) | - |
昨日・・・
怒涛の連休前日の昨日は
私にとっては休養日。

朝から、最低限度しないといけない仕事以外は
ほとんどテレビを見ていました。

録画しておいた番組を編集して
私の分、娘の分、姉に送る分
とそれぞれにダビングしました。

年末年始に向けてHDDを空にしておきたかったのです。

そして今日からは夫にテレビジャックされっぱなしになるわけです。

さて、昨夜、コーラスの仲間のおひとり
先日SMAPのドーム・ライブに一人で参加した76歳の人からメールがきて
「行って来ましたよ。薦めてくださった映画に」と書いてありました。
「あっという間の2時間でした。感動しました」って。

その映画はつまり・・・「SHINE A LIGHT」なんです!!
ストーンズなんて殆ど内容は知らないはず。
音楽を聴いたこともないであろうのに
「本物のLIVEというものを体験したかった」と言われていたので
私が映画に誘ったのですが
スケジュールが合わなくて、ご一緒はできませんでした。

でもまさか一人で行くとは予想もしてなかったので
その好奇心と行動力には脱帽ですm( _ _ )m

この方の息子さんが高校生のときに
クィーンが好きで、学校をサボってチケットを買いに行ってしまうので
お母さんであるこの方が代わりに
早朝からウドー音楽事務所まで並びに行った・・・と言っていました。

その息子さんと私はあまり歳が違わないから
私とその方とは殆ど親子に近い感じなんですけど
普段は全然そんな感じなしで
しっかりタメグチでやってます。
私とはとっても話があうし、凄く尊敬しています。

変に若ぶるのでなくて、本当に若くいられるのは
こういうところが原動力なのだろうな・・・と思います。
| komichi | - | 19:31 | comments(0) | - |
イブの日に2度目の「SHINE A LIGHT」
昨夜姉から電話があって
昨日、姉が一人で「SHINE A LIGHT 」見て来たと。

姉の仲間達はその中の一人の方のご主人の仕事関係で
九響のクリスマスコンサートに誘われていて
姉はそれを振り切って一人で映画に行ったわけで
強くそれを勧めた私としては
「面白くなかった・・・」とか言われたらどうしよう(><。)って
内心思っていたのですが
姉からはそれはそれは感動の嵐の電話でした。

「よかったわ〜〜!!カッコよかった!!
音がよかったわ〜!やっぱり家でDVD見るのとは
全然ちがうね〜。行ってよかった!!」と絶賛(⌒◇⌒)

ふたりであれこれ曲や場面の感想を言い合って
大盛り上がりでした。

それでやっぱりどうしても見たくなって
今日、私はかなりの多忙の隙を見計らって
神戸まで2度目を見に行ってきたのです。

それで1度見てるからかなり安心して見れて
1度目とは違う細部を観察しようとしたのですが
やはり自然に目が行くのは同じところかもしれないです。

「AS TEARS GO BY」ではやはり泣いてしまい
「FARAWAY EYES」のふたりのデゥエットにも心打たれました。

ああ、まだ書きたいことあるのに
そばで家人があれこれうるさいから今日はもう止めます。
| komichi | - | 20:24 | comments(2) | - |
気が早い!!

昨日、大きな小包が心の娘から届きました。

もうクリスマスプレゼントは貰ったのに「何かしら?」と
思いつつ開けてお手紙を読んでみたら
バースデイ・プレゼントでした!\(@o@)/!

まだ半月以上先なのですが・・・お嬢さん!(笑)
とつぶやきつつ大きな葛篭(つづら)の蓋をとってみたら
こんな具合☆☆☆☆☆

きれいにラッピングされた大小さまざまな箱や封筒などが入っていて
それぞれに日付のタグが付いてます。

どうやら25日から順番に毎日1個づつ開けていく
アドベント形式のよう。
だから合計15個のプレゼントが入ってるわけですヽ(´∀`)ノ

お手紙内の説明書によると最初の3日分は一緒に開けないと
意味不明だということで
そこはせっかちの私、2日くらいいいわよね、
どうせ早いついでだし・・・(笑)
ということで早速開封!!

すると、中からでてきたものは

どうやら「シーリング・ワックス」のシリーズらしい。

つまり日本語で言うと「封蝋」です。

きゃ〜〜〜!!!と喜びの雄たけびを上げる小径(*/∇\*) キャー!

昔から、ヨーロッパの映画など見るたびに
中世の王侯貴族が手紙やカードを認めた後に
棒状の蝋に火をつけてポタポタと垂らし
その上から指にはめた指輪を「クチャッ」と
押し付ける場面沢山沢山みて来ました。

一度あの「クチャッ」をやってみたかった!!

その道具一式がここにあるわけです。
初日の箱に重厚な金属でできたその印が入ってました。

それで早速試してみることに。
彼女は蝋を削って金属のスプーンにいれて
下から火で溶かしてやる・・・と書いてあって
そのスプーンまで入っていましたが
私は嘗て映画で見たやり方
蝋の芯にそのまま火をつけて
そのまま紙の上にポタポタ垂らして「えい!」「クチャッ!」
とやったのがこれ

3回目でやっと満足のいく仕上がりでした。

私のイニシャルの印です。

「指輪物語」でもガンダルフが指輪で封印する場面がありましたね。
あ〜〜〜!ファンタジーだわん(*´ー`*)ウットリ

これまでも沢山お互いプレゼントをし合ってきましたが
年齢は20歳も違うのに
一度もお互いのつぼをはずしたことがなくて
二人はいったいどういう縁なのだろう?と
毎回不思議に思います。

これから毎日箱をひとつずつ開けるのが
凄く楽しみです。
| komichi | - | 09:57 | comments(2) | - |
この花は何?

先日いつも通る道のそばのお家の中に
こんな花が咲いていました。

これ2階の窓のそばなのです。

だから凄く背丈の高い植物ですが
幹はそんなに太くない。

葉っぱはムクゲのような感じでしたけど
花はダリアみたいで
初めて目にした植物でした。

冬なのに、夏の花のようにここだけ華々しく
満開状態がちょっと不思議でした。
| komichi | - | 18:51 | comments(2) | - |
やっと買えた、替えた、炬燵布団

2〜3年まえからずっと探していました炬燵布団。

寒がり冷え性の小径といたしましては
冬は炬燵がないと過ごせません。

これまで使っていたお布団はざっと15年くらい経っていました。

肌に触る布が化学繊維はいやなので
前のは「人間国宝・芹沢げ陝廚箸い人の藍染でした。

別に「人間国宝」に惹かれて買ったわけでなく
その風合いと色がとっても気に入ったからです。

しまった、写真撮っておけばよかった(><)

それで新しいのついては、家で洗えることが
第一の条件で、しかも外側は綿。

ということで、あちこち探したり、カタログをくまなく見たりした結果
やっぱりいつも御用達の町のお布団屋さんに行くことにしました。

昔からお布団の打ち直しなどやってもらっている
震災前からある西北のお布団屋さん。

こういう小さいお店がどんどん消えていく中
ここはちゃんと跡継ぎの若旦那がいて
その方がとっても話しの理解が早く
的確に判断して品物を薦めてくれるので
今回は私の無理難題にちゃんと答えて
提案してくれたこの炬燵布団。

実は普通の掛け布団なんです。
しかもキングサイズ。

うちの炬燵は長方形だからぴったりでした。
中綿は「米国デュポン社が開発した新素材繊維」
と書いてあります。
繊維の1本1本の中に何本もの隙間が通っていて
レンコン状態の中空になっています。

アレルギーの人にもお勧めという商品です。

この同じ夏布団を昨年買ったのですが
「ポリエステル綿は暑い」という私の固定観念を破ってくれました。

炬燵用にしたこのお布団
外側の綿のカバーが中身と同じ位のお値段がします。
布の打ち込み具合が違うようです。
はずしてジャンジャン洗えます。

でも色柄が2食しかなくて、白と緑。
仕方なく緑を選びました。

上から私が縫ったキルト生地のカバーをかけてるから
あまり色柄は普段は気づきませんけどね。

こうやって見ると緑でもまあまあかな・・・
| komichi | - | 17:59 | comments(0) | - |
「くすりで脳症にならないために」
先日新聞の本の紹介欄に
「くすりで脳症にならないために」浜六郎 著 1200円
医薬ビジランスセンター 06-6771-6345

というのが掲載されていました。

その内容は

「子どもがインフルエンザにかかると怖いのは
意識障害や後遺症を伴う脳症だ。

薬の監視を続けるNPO法人医薬ビジランスセンター理事長で
内科医の著者は、
その原因の大半はウイルスではなく
強い解熱剤や治療薬タミフルだと指摘する。

薬の働きなどをQ&A形式でわかりやすく解説し
突然死の具体例や脳症が起きる仕組みを
詳しく説明している。

『子どもにかぜ薬はいらない。
安静と睡眠が一番』と訴える。
付録としてアセトアミノフェンなど代表的な
薬の効能や注意点なども整理している」


やっとこういうことを
正しく伝えてくれるお医者様が出てきたんですね〜(しみじみ)
感慨深いです。

私にはもう小さい子はいないので
この本を買って読もうとは思わないですけど
読んで欲しい人は沢山います。
| komichi | - | 17:10 | comments(0) | - |
JIROちゃん機嫌悪し・・・の答え
昨夜のZEPP大阪☆

参加した娘が帰宅と同時に
「JIROちゃん、めっちゃ機嫌悪かった。
HISASHI、めっちゃ機嫌よかった。
2曲目でTERUがステージから落ちた。
しばらくして上がってきて
『ここから先、ステージないのね』と言った」
という短いコメントを残して部屋に入りました。

リーダーについてのコメントがないのは
娘の目にはリーダーは存在しないらしいから。

さて、JIRO君がなぜ機嫌が悪かったのか?
MSのBBSにも同じ感想を持った人がいたようですので
間違いではなかったみたいですが
どうも、風邪をひいていたのではないか?
「シャッター・スピーズ」のときに
鼻声だった。
一言挨拶のときも声が小さかった・・・という説。

「以前LIVEハウスで酷い押し合いになって
危険なことがあったから
狭い箱ではあまり立ち位置から動かないようにしている」
という発言がどこかであったから
JIRO君はその言葉とおりのことをしたのではないか?
という説がありました。

まあ、どちらかはわかりませんが
HISA君はいつも変わらぬ機嫌のよさ。

そしてワインを飲んでいたという報告もありましたが
ある曲で右腕ブンブン廻してギターを弾いていたとか
飛ばしたピックがステージ前最前にも届かなかったけど
知らん顔して立ち位置に戻ったとか
いいですねぇ〜〜(〃▽〃)
この性格(爆)

そして何はともあれ
TERUさん、怪我しなくて本当によかったです。

足に激痛が走ったとかで後で病院に行ったそうですが
誰かさんと違って
本骨と助骨を一気に折ってしまうこともなくてよかったです(笑)
| komichi | - | 21:44 | comments(2) | - |
手作りアドベント・カレンダー

私の心の娘であるグレ友さんが送ってくれた
カレンダーです。

日付ごとにめくってみると
中に可愛い紙製のオーナメントが入っていて
それを上の絵の部分に貼り付けていくというものです。

しかもその絵の部分も立体的に浮き上がっているのですよ。

ぜ〜んぶ手作りで、驚いてしまいました。

とっても手先の細かい作業だし
根気も必要です。

毎日めくっていくのがとっても楽しみなんです。
24日に出来上がるわけですが
きっと豪華になっているでしょう。
| komichi | - | 20:35 | comments(4) | - |
GLAYさん、短いツアー始まり〜♪
昨日は初日仙台ZEPPでしたね。

明日は大阪!!・・・でも、
私ははずれ( ・_;)( ;_;)( ;_;)(>0<)ワ―ン

娘は行きます。
自力で獲得するあの子の運のよさには脱帽です。

某サイトで昨日のセットリストみつけました。

あんな曲やこんな曲。

今までLIVEで一度も聞いたことがない曲が1曲ありました。
今まで一杯聞いたけどまだまだ聞きたい曲もありました。

1曲目とアンコール最後がなかなかのものです。

カウントダウンはどうやら知人のご好意で見れそうなので
次のLIVEまではそれで乗り切ろう。

TERUさんが来年のことも言ってたようなのでね。

楽しみに待っていようと思います(*´ー`*)
| komichi | - | 17:36 | comments(6) | - |
今年最後のコーラス
遅刻常習犯の私
一年の最後くらい時間とおりに行かなくっちゃ・・・
ということで早めに到着しました。

お部屋に入ってみるといつもと雰囲気が違っていて
席には誰もついてなくて、ある場所に一塊になって
なにやらワイワイと歓声があがっていました。

もともとミーハーで物見高い私ですので
コートを脱ぐやいなや早速その人だかりの場所へGO!!

先生が真ん中でケータイの画面をみせていました。
それを目にするなりみんなが
「わ〜〜〜!!可愛い〜〜!!(⌒∇⌒)」を連発。

私も目にするなり同じ反応をしてしまいました。

昨日イタリアにて先生の初のお孫さんが誕生されたのです。

日本とイタリアの橋渡しの赤ちゃんですね。
生まれて間もないというのに凄く大きくてしっかりした顔立ち!
目はつぶっているけどその目の切れ長なこと!

男の子さんだそうで、きっとお父様に似て
イケメンになることでしょう。

さて、さて、世の中クリスマス・シーズンということで
今日の曲は「霧と話した」(これはクリスマスとは無関係)
モーツァルト「アヴェ・ベルム・コルプス」
賛美歌「オー!ホーリーナイト」

そして最後に先生が久々に独唱して下さいました。
グノー「アヴェマリア」
80年ほど前にサンレモ音楽祭で優勝したという
イタリアのカンツォーネ(題・・・不明)
アンコールに「霧と話した」

この先生の歌を聞きたくて
お客様も3名来ていました。

慌しい年末ですが
先生はこれからイタリアにいらっしゃるそうで
とっても嬉しそうヽ(´∀`)ノ

こんなおめでたいことで
一年を締めくくれて、私達もとっても暖かい気持ちでした。

また来年もよろしくお願いいたしますm( _ _ )m
| komichi | - | 20:09 | comments(2) | - |
HISA君またまた登場!!
MSよりの速報です。

2009年1月25日より、HISASHIのレギュラー番組がMUSIC ON! TV にてスタート決定!

『RX-72 〜HISASHI (GLAY) VS 茂木淳一〜』
2009年1月25日放送スタート!!
MUSIC ON! TV 毎月最終日曜日23:30〜24:00
(翌週金曜日14:30〜15:00、翌々週火曜日20:30〜21:00リピート放送)

幅広い趣味を持つことでも有名なHISASHI(GLAY)を中心に、"モノ"をテーマにお届けするプログラム。
「RX-72 〜 HISASHI(GLAY) VS 茂木淳一 〜」。
大手メーカーのモノから職人の手による一点モノまで、HISASHIが気になるモノを徹底分析!自らモノ作りの現場へも訪問します。番組オリジナルのモノも誕生するかも!?
お相手は、「スキージャンプ・ペア」シリーズのナレーションでもお馴染みの茂木淳一。
(プレスリリースより)


1月
1月25日(日) 23:30-24:00
1月30日(金) 14:30-15:00 リピート
2月3日(火) 20:30-21:00 リピート

2月(予定)
2月22日(日) 23:30-24:00
2月27日(金) 14:30-15:00 リピート
3月3日(火) 20:30-21:00 リピート


というものですが、これってCS放送ですよね。

見れな〜〜〜い(T_T)

何とかしなくっちゃ(°◇°;)
| komichi | - | 19:16 | comments(6) | - |
「必死のパッチ」
「必死のパッチ」 著者:桂 雀々  幻冬舎
です。

関西の人がときどき
「今日、遅刻しそうになったから必死のパッチで走ってきたわ」
とか言うのです。

関西出身でない者は笑いながら
「なに?そのパッチって?
必死はわかるけどパッチはいらないじゃない」と言ってしまいます。

でもそれは言っても仕方のないことで
ここら辺では昔からそう言うようなのです。

この本の著者は物凄い生い立ちをしている
という話はちょくちょく耳にしていました。

桂 雀々ですから桂 枝雀の弟子なんですけど
テレビに出ているところを見ても
全然そんな悲壮感などない面白い人です。

きっと麒麟の田村君が「ホームレス中学生」を書いてヒットしたから
周りから進められたのでしょうね。

この本の帯にその田村君本人が
「ホームレスの方がましだ」って書いてます。

まあ、一気に読んでしまえる本ですけど
世の中には本当にこんな話あるんだなぁ・・・と感心しました。

曲がらずによい大人になって
雀々さん、えらいわ!!
| komichi | - | 17:08 | comments(2) | - |
ブルーマン
もう10年以上も前から活躍してるらしい
「ブルーマン」という人たち。

全然しらなかったのですが
今回日本にやってきて公演したというのです。

しかもそのゲストに向こうからの名指しで
HISA君が選ばれて出演したと。

その動画がここでみれるのをmuupontmさんが教えてくれました。

http://www.barks.jp/watch/?id=1000023996

いつでも、どんなところでも、カッコイイのよねぇ〜〜(*´ー`*)ウットリ

何度もリピートして見てしまいました。

いつものようにしたのコメント欄にもう一度URLを入れますので
そこから飛んでください。
| komichi | - | 16:57 | comments(14) | - |
「薔薇十字会の神智学」
ネット上でK.Kさんとお知り合いになったのが
4年くらい前だったと思いますが
その時からこの「薔薇十字会の神智学」(シュタイナー講演録)を
薦められていました。

とっても興味はあったのですが
なぜか手に入らずに時が経ってしまったのです。
でもついに、このPCが壊れている間に読了しました。

翻訳が西川隆範さんで、読み易かったのはそのせいもあるのかも。

高橋巌さんの訳はちょっと古い感じがして読みにくいときが多いのです。

それで、この本はこれまで読んできた
シュタイナーの講演録の中では
ダントツに理解し易いと感じました。

これまで何度読んでも「???」だった
宇宙論が「お〜〜!!!そういうことだったのか!」と
すんなり頭の中に入ってくるではありませんか!!!\(@o@)/!

嬉しかったですね\(⌒∇⌒)/

大抵途中で放り出したくなるのがシュタイナー関連の本ですが
これはサササーーっと読めました。

でもきちんと内容を把握しているか?といわれると
それは多分、全然!!なのでしょうね。

きっと何度も何度も時間をおいて読み返すごとに
新たな発見があって身についていく内容なのだろうと思います。

一生ものの書籍です。
| komichi | - | 19:51 | comments(2) | - |
ミニ・マフラー

秋になってすぐ、手芸店の毛糸売り場で
素敵な色と手触りの毛糸玉をみつけました。

何を編むかという目的は何もないのに
手放すことができなくて、
1玉買って帰りました。

それがこの写真の中の上段真ん中の色です。

取り合えず12号の2本棒針で緩く20目つくり
ただただメリヤス編みで編みました。

そしたら調度アスコットタイのように
首の周りを1周できる長さに出来上がりました。

それが凄く使い勝手がよくて
コーラスにして行ったら
複数の人から「あら!素敵な色ね」って褒められて
とっても気分をよくしました。

それで1ヵ月後に会う予定だった「さくら会」のメンバーに
お土産ということで後4本編みました。

みんな喜んでくれたので
また気を良くして追加の毛糸を買ってきて
今度は来週で今年最後のコーラスのときに
仲間4人にプレゼントしようと思って今せっせと編んでいます。

その次には姉と母と、それから姉の友人達にプレゼントするため
あと5本編む予定です。

1本はだいたい1時間半あれば編めるし
ただ単純な編み方なので
音楽聴きながら編むのが
凄く楽しい今日この頃です。
| komichi | - | 19:31 | comments(6) | - |
ヒトカラ
私は赤ん坊の時から、一人遊びが得意だったらしいです。

母がよく言っていたのですが
赤ちゃんのときに柳行李の中に座らせて
腰紐1本与えてたら、
ひとりでそれをず〜〜っと、
もっちゃもっちゃとやっておとなしく遊んでいたと。

その性質は今も変わらないようで
今でも一人でよく遊ぶのですが
今日はわが人生でも初めての一人遊び経験。

K.Kさんの応援もあって、ひとりでカラオケに行って来ました。

恐る恐る「1時間」・・・と言って入ったのですが
他の部屋を外からちょっとのぞいたら
結構ひとりで来てるひと多いのです。

それで、これまで人と一緒だと歌いたいけど歌えなかった歌を中心に
あれこれと歌ってきました。
しかも30分延長して(笑)

それでも代金は300円!\(@o@)/!

これは病みつきになるかもしれないです。
| komichi | - | 20:01 | comments(6) | - |
怒涛の更新
先日アップしたJIRO君の本
メンバーズサイトからのニュースです。

『JIRO/GLAY』BASS MAGAZINE SPECIAL FEATURE SERIES

驚異のスピードで完売し大反響の為増刷中!
アーティストの本では滅多にないAmazon.co.jp 和書ランキング1位獲得!

内容はロング・インタビューでは学生時代や
アマチュア時代の思い出、これまでのGLAYの作品にまつわるエピソードや
苦悩した時期の話まで、JIROの言葉で振り返ってます。

少年期のから最新ライヴや撮りおろし等レアな写真も満載です。

ベース・マガジンが過去に行なったインタビューも再収録し、
JIROのこれまでの音楽制作の過程を振り返っています。

推薦アルバム・ガイドや本人厳選GLAY楽曲のベース・スコアを
コメント付きで掲載など、まさに完全保存版の1冊

JIROの魅力を様々な角度から紹介した解析本となっております。


さて昨日はジョン・レノンの命日でしたね。
何回目になるんだろう・・・
今朝のワイドショーでは武道館で開催された恒例のライブの様子が流れてました。

中心にいるのはヨーコ。
彼女を嫌いなわけではないけど
何だか違和感を感じる私。

ちょうど今の時期に新聞の書評で
「パティ・ボイド自伝」の記事を見ました。

モデルでジョージの奥さん
その後にはジョージの親友のエリック・クラプトンの奥さんになってしまった人です。でもその後も離婚。

「ア・ハード・デイズ・ナイト」の初めの方の場面
列車の中で演奏するシーンに
グルーピーの役で登場しています。

あの時ひと目みて「可愛いな〜〜」って思いましたね。
その後ジョージと結婚してよく雑誌にも写真がでてました。

その後のこととか、内情など知りたいけど
2940円は高い(>_<)ので
もう少し値下がりするまで待とうと思いました。
| komichi | - | 17:43 | comments(0) | - |
「第二回 さくら会 温泉旅行」〜2〜
宿でのことは殆ど割愛しますけど
昨年のイビキ押入れ事件に準じて
寝る場所争奪戦がありまして
主犯格ふたりをどこに寝かせるかでおおもめ。

縁側にして障子を閉めるとか
玄関の所トイレ前にして襖を閉めるとか
いろいろ案がでましたが
小径(55)は今年は耳栓を用意して参戦しましたので準備はバッチリ
v(^∀^) 

みんなお酒の量も控えたし、「今年は大丈夫よ!!」と
胸を張っていた主犯の一人が
やっぱり朝になってみると同じだったらしいのです。

今年の犠牲者は大阪(53)(T_T)
犯人は広島(54)だったとか。
来年はマラソンランナーが使っている呼吸が楽になるテープと
耳栓は必須アイテムだと決まりました。

朝風呂にはいりゆっくりチェックアウト。
花の道から手塚治虫館の前を通って宝塚南口へ。

北九州(46)の希望で三宮へ向かいました。
ここで広島(54)が「ちょっとお茶飲も〜〜〜」と駄々をこねるので
仕方なく「ケーニヒス・クローネ行く?」という小径(55)の言葉に
北九州(46)が激しく反応。
彼女ブランド好きなんです(笑)
「ケーニヒス・・・って何?」という者もいる中
生田ロードのお店へ。
凄くおいしいケーキなど食べたので写真撮ったのですが
なぜかここにアップできません。

その後お土産など漁りつつ
ワーワー・キャーキャー騒ぎつつ元町から南京町へ。
久しぶりの神戸に若い北九州(46)は(5人の中ではです)
大はしゃぎでした。

占めは今にも閉店に追い込まれそうな貧相なお店での
「明石焼き」でした。
めっちゃ無愛想なおばあちゃん一人で作ってましたが
予想に反して、凄くおいしかった\(^O^)/
みんな大満足して一路三宮駅へ。

来年の場所は尾道と決まったので
また1年後の再会を約して恒例の靴の写真撮ったけど
それもアップできず。

たった1泊2日とは思えない
充実した楽しい旅でした。
やっぱり旅は一緒に行くメンバーで決まるよね。
本当に幸せな時間でした。
| komichi | - | 11:51 | comments(0) | - |
「第二回 さくら会 温泉旅行」〜1〜
昨年、山口は湯田温泉に18年ぶりで結集しました
もと社宅仲良し5人組みの名前を
「さくら会」と命名して
今年は私が幹事に就任致しました。

参加者は当然のごとく1歳年をとり
長崎(61)北九州(46)広島(54)大阪(53)そして小径(55)であります。

今回は長崎(61)の「震災で大きく変わってしまった西宮北口周辺を
見てみたい」という希望により
小径(55)は家から30分足らずで行ける宝塚の温泉宿に宿泊しました。

当日は西から来る3人を出迎えに新神戸駅まで出向き
改札口で感動の再会。

早朝に家を出て長時間列車に揺られて来た人は
新幹線の熱気でなのか、それとも持参したカン○ューハイを消化するためか
すでにほんのり桜色でしたが
実は3人ですでに盛り上がってきたようでパワー全開!!

西北で大阪(53)と合流していざランチへ。
ランチの場所は懐かしい幼稚園のすぐ裏手のイタリアン。

駅を出てからそこまでの間も
周辺を見回しては口々に覚えているのいないと
変わったの変わらないのと
記憶を確かめながらワーワー言いながら歩きました。
でもこういうのが楽しいのよね。

午後はいよいよもと社宅があった場所へ。
阪急のガードをくぐった後の景色に小径(55)以外4人が一斉に
「え〜〜〜〜!!!!」!\(゜□゜*)/!
という叫び。
面影が残っているのは流れている川の両岸の柳のみ。

私達「さくら会」の名の元になったあの美しかった桜並木も
全て伐採された跡には巨大なマンション群。

「この辺が社宅の入り口だったね」
「そうそう、この横の道をいっつも掃除したよね。
 口うるさいあの人がいたもんね(笑)」
「あそこがタバコ屋さんがあったところ?」
など思い出話は尽きず。

どんどん歩き廻って前日にグランド・オープンした
西宮ガーデンズまで行き着きました。
阪急西宮スタジアムの跡地にできたものですが
沢山のミュージシャンがライブをした場所でもあり
家まで聞こえてきたリハーサルのこと
「この陸橋のここからサザン最後までみたよ」
「マイケルジャクソンのときは凄かったね」
「マドンナも渡辺美里も来たね」などなど。

ガーデンズは人でごった返していたので
ささっと1・2階を見ただけで
駅にもどり宿のある宝塚に向かいました。

                つづく

| komichi | - | 09:20 | comments(0) | - |
乗馬
もう3週間前のことになってしまいましたが
念願叶って、11月に体験乗馬に行きました。

生まれて初めてみる本物の馬場や乗馬の道具、
そしてお馬さん達\(⌒∇⌒)/

想像はしていたものの、やっぱり大きかった。

ひとり30分ということで
昔乗馬をやったことがあるという相方さんに先を譲って
まずは見学していました。

皮の脛当てとボディ・プロテクターと帽子を貸してもらっているので
普段とは全然違う姿でベンチで腰掛けていると
どんどん緊張が高まって来ました。

経験者である相方さんですが
鞍の前についてるもち手から手綱に替えた頃から
馬が言うことを聞いてくれなくなり
指導員が「馬が遊んでいる、こういう状態になったときは
毅然とした態度で言うことを聞くようにさせなくてはいけません」
と言われて、何度も何度も踵で腹を蹴るように指示されていて
見ていた私は「え〜〜!!あんなにお腹を蹴っていいの?
可哀想じゃないの?」と心配になりました。

でも、それは全然大丈夫なのだそうで
力一杯蹴っても馬にとっては
筆です〜っとなぞったくらいにしか感じないのだそうです。

私の番になって恐る恐る鐙に足をかけようとすると
「ヒェ〜〜〜!!高い〜!(@o@;)」と躊躇してしまったのですが
覚悟を決めて乗ってみると
「イヤ〜いい眺めじゃないの\(^O^)/」
とすっかり気に入ってしまって上機嫌。

しかもお馬さんがよく私の指示を受け入れてくれるのです。
これにすっかり気分をよくしてしまって
最後にはほんの少しですけど
駆け足もして貰いました。

怖かったらすぐに止めて貰えるということで
駆けたのですが、何と爽快なこと!!

すっかり乗馬の虜になりました。

どうして相方さんの言うことが馬に伝わらなかったのかは
ランチの時に話してわかったのですが
彼女は根本のところで大きな動物が怖いのだそうです。

大丈夫なのはウサギくらいの大きさまでで
犬でもちょっと大きいのは怖いのだとか。

そういえば乗馬クラブの受付で2匹の中型犬が放し飼いになってて
私は久々にワンちゃんに触れられて嬉しくて嬉しくて、
しかも2匹が私にまみれつくようにしてきのですが
彼女は離れて立っていて全然犬はそちらには行かなかったのです。

やっぱり動物は自分を怖いと感じている人のところには近づかないし
馬もそれが感じられて、
指示とおり動こうとしなかったのかな・・・と思いました。

自画自賛してるのでなく、
小さいときに犬に噛まれた経験がある人などのように
生き物が苦手な人はそれを払拭するのは
なかなかできないものなのだなぁ〜と感じたのでした。

これからもできれば乗馬をやりたいと思ったのですが
それには我が家の経済がついていかない(>_<)

春になったら4回コースという限定コースには
行ってみようと思ってはいますけど。

取り敢えず、新しい世界を垣間見た日でした。


| komichi | - | 20:25 | comments(0) | - |
見て来ました!!「SHINE A LIGHT」

阪急西宮ガーデンズにできた
できたてホヤホヤのTohoシネマで見てきました。
かの名監督、マーティン・スコセッシによる
THE ROLLING STONESのライブ映画です。

予想以上の感動、感動、大感動!!\(⌒∇⌒)/

ドキュメンタリーだから始まりはモノクロのライブを作り上げる場面からはいりますが
それが「いつまでこれ〜〜?早くライブを見たい!!」と
思わせる、じらされる、待たされる。

そして、いきなりカラーになったと思ったら
あの曲のイントロが始まってもう全身鳥肌でした⌒(o^▽^o)ノ

セットリストはこれから見る方のことを考えて控えます。

曲と曲の間にむか〜しむかしの映像がちょっとずつ入りますが
これがまた、可愛いのなんのって。

その昔、彼らがデビューした頃は
ここ日本でその動く姿を目にすることが皆無でした。

その頃私は殆どTHE BEATLESにしか関心は向いていませんでしたが
ストーンズだってすきでした。

中学3年のときに同じクラスの男の子が
ストーンズの「愛蔵盤」というLPを貸してくれて
ビートルズとは違った意味で「好き」・・・つまり
その頃はビートルズはある意味アイドルだったのです。

だけどミックの顔は雑誌の写真で見る限り
アイドルではありませんでした。

でも、今40年たってデビュー2年目の映像を見たら
ミック、可愛い顔してるじゃありませんか!!
キースも凄いイケメン!!

まあ、それはさておき
60歳を過ぎた今なお
全身を揺らして、跳んで、踊って、疾走するように歌うミック
もうカッコイイったらないのです(〃▽〃)

キースだって顔じゅう皺だらけなのに
どうしてこんなにもカッコイイの?
痺れっぱなし。

全19曲に全身浸りきってきました。

そうそう、キースのアコギで始まる懐かしい曲
「AS TEARS GO BY」自分で歌うの恥ずかしいから
他の人に歌わせた・・・って、
マリアンヌ・フェイスフルが歌ったのですよね、あの頃は。

今回のミックの歌は昔より練れて練れて、ちょっと粘りすぎ?
だけどキースのギターの音色が素晴らしくて
涙があふれました(そう日本語タイトルが「涙あふれて」でしたけど)

他にもまだまだ沢山の想いがありますが、この辺にしておきます。

お土産にポスター貰いました。
早速自室の壁に貼りました。
しばらくはストーンズ熱再燃です。

| komichi | - | 20:07 | comments(4) | - |
お休みしてる間のできごと
何から書いたらいいのかわからないくらい色々なことがありました。

だけど、パソコンが壊れただけでこの大変さ!!
だいぶ前から不調だったから慌ててあちこちリサーチして
バックアップだけはできるところとっていたのですが
アドレス帳やお気に入りは、メモ書きでノートに残しておいたのが精一杯でした。

それで修理が完了して帰ってきてからも
買ったときのインストールしたもののCD-Rを引っ張り出してきて
あれこれインストール。

だけど、どうしてもデジカメの分ができなくて
インストールできないだけでなく
今度はアンインストールもできなくなって
もう泣きたいくらい。

CD取り出してよく見たら、ディスク面に変なシミがついていて
どうもこれが原因かも・・・ということになりました。

夫はカメラは使わないから、
プリンターのインストールだけやっておしまいなんだけど
私はスキャナーもしなくちゃいけないし
電磁派防護のホメオパシー・ジャパンの
シューマンウェーブもやってから
本部に電話して開通してもらって、
それからプロバイダーにセキュリティの復活をお願いして
設定しなおして・・・って
もう毎日毎日、大汗かきながらやってました。

実は、このPCを修理にもっていった日に
娘のPCから書き込みしようと思って
使わせてもらってたら、娘のPCまでが
それまでなったことのない症状になって
勝手にカーソルが無限に下に落ちていくという
今思い出してもゾッとするようなことがおこり
終了にしようと思ったとたんに
勝手に終了して勝手に再起動して
出てきた画面が「再セットアップの方法」なんていう
恐ろしいものびっくり

もう腰が抜けそうになりました汗

でも幸いなことに日曜だったから
夫がその後を引き継いでくれたのですが
でも夫も何もしてないのです。

私が家じゅうを「どうしよう!どうしよう!」って
わめきながら駆けずり回っていた間
ただPCの前に座って画面をにらんでいたのですが
そのうち、じわ〜〜〜っと画面がでてきて
少しずつ元に戻りました。

私はもう死ぬかと思った 冷や汗
壊したり、消したりしたらあの娘にいったいなんと言って
ののしられるか 悲しい

まあ、壊れなくても結局はののしられましたけど・・・

「壊れてたら弁償するから」と言ったら
「そういうことと問題が違うやろ〜〜!!」って。

そうですけどね。

なぜにこんなことになるのか本気で悩みましたが
その直前に私がそばにいると勝手にテレビがついて消えたり
エアコンが勝手についたり
変な時間に、かけてもいない目覚まし時計がなったり
と、もうポルター・ガイストかと思いましたよ。

でも、原因はどうも私の体質。
つまり静電気が体に溜まりやすいかららしいです。
ホメの先生に相談したら、
体に充満した静電気が電化製品のそばにいると
なぜかそれにむかって放電してしまうのではないか?と。

これは推論ですけど
先生の指示でブッシュ・フラワーの「エレクトロ」を飲んでみたら
実際、体がス〜〜ッとしたのです。
2週間ほど飲みました。

これからますます静電気のシーズンなので
ときどき飲んだほうがよいみたいです。

大騒ぎな日々でした汗
| komichi | - | 19:56 | comments(2) | - |
読書ねた<供
去年の10月にジャケ買いで買った本「グレイのしっぽ」という本がありました。著者:いせひでこ 出版社・中公文庫

あのとき読み始めたら、グレイという主人公の犬はもはや死んでしまっていたところから話が始まり、
よくわからなかったのでそのままにしてました。

そしたら、先日、コーラスのピアノの先生が
「本棚の整理をしてたらこの本があったのでもってきました。
よかったら読んでください」と言って
「グレイがまってるから」と「気分はおすわりの日」という
最初の2冊を貸してくださったのです。出版社:理論社(すでに絶版)

先生ご自身がシベリアン・ハスキーを飼っていらっしゃるので
「ハスキーもの」には目がないとか。

私ももし環境が許すなら飼ってみたい憧れの犬でもあったので
喜んでお借りして、一気に読んでしまいました。

もともと画家であり絵本作家であるいせひでこさんが
生まれてすぐのハスキー犬をもらってくるところから
話は始まりますが、
スケッチ満載で、グレイの気質やとりまく家族模様も
とっても面白かったのですが
しだいに話は悲しみを帯びてきます。

グレイが紫外線アレルギーになったり
その後、てんかんの発作にくるしみ
最後は悪性の肉腫に犯されて
徐々に命の灯火が消えてしまうまでを
画家の宿命でもあり、手術の状態までも克明にスケッチしたありました。

犬と人との心、魂の交流が深く感じられる本でした。



| komichi | - | 17:41 | comments(10) | - |
読書ネタ<機
「ウニオ・ミスティカ」
写真がうまくとれないから
右端のアマゾンの本の欄、下段を見てください。

著者:遠藤真里 
出版社:鳥影社

なんとも凄かった((◎o◎))
でも、出だしからグイグイと引っ張られて一気に読んでしまったのです。

何をどう書いていいかわからないから
帯に書いてあった文章を書きますね。

「14世紀、ヨーロッパ中世の秋、
聖性と犯罪と性愛が紙一重の濃密な生活の中で、
正統と異端、神秘主義と唯名論、教皇派と皇帝派、
さまざまな葛藤、対立が熱い渦をなして
人びとの魂をのみこんでいく。
そういう時代を背景に、
神的合一を求める少女を中心にして
展開するスリラー仕立ての物語の奥深さには
ただただ圧倒されるばかり。
夢中で読み終えた」
          美学者 高橋 巌

本当に驚くのは、これを書いたのが
日本人だということです。

ヨーロッパの人の作品だと言われれば
難なくそう信じて疑わないでしょう。

それほど、きちんと歴史的検証もしてあるようです。

しばらくしてもう一度読みたいと思っています。

お薦めです。
          
| komichi | - | 18:01 | comments(5) | - |
話題たまってるけど、まずはこれから


しょっぱなからJIRO君です。

待ちに待ってやっと今朝私の手元に届きました。
まだ写真をさーっと見ただけですが
素晴らしい!!

昔の写真もたくさんあったし
メンバーへの印象とかも適切。

文章はこれからじっくり読みます。

下の写真は今日買ってきた「CO2シクラメン」という花です。
両脇を固めてるのは姉が送ってくれた
クリスマス・プレゼント。

サンタクロースは頭にバネがついてて
上からつるすとビヨ〜ンビヨ〜ンと上下します。

このシクラメンは新種だとかで
CO2をこれまでの品種のものよりたくさん吸ってくれるとか。

お花ひとつひとつが大きくて、色もすごく好き(*´ー`*)ウットリ
しかも長持ちするそうなので
一冬楽しめそうです。
| komichi | - | 17:50 | comments(0) | - |


RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND  SELECTED ENTRIES RECENT COMMENTS
LINKS PROFILE OTHERS