小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << August 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2日で読んだ

先週美容院に持って行って読み始めました。

いつもなら、担当のイケメン美容師さんと
ぺちゃくちゃおしゃべりするのですが
この時はページを開けた途端引き込まれて
ひたすら没頭してしまいました。

もともとこの美容師のSさんから東野圭吾を教えて貰ったので
「容疑者Xの献身」を見せたら、「いや、知りません」という返事。

この東野圭吾と言う人、とにかく多作で、
凄い数の作品があります。

その内容も多岐にわたっていて、ただ普通のサスペンスとしてだけみることはできません。

私はまだ「時夫」と「白夜行」しか読んでなくて
続編といわれている「幻夜」(げんや)は手元にありますが
手を付けていないのです。

この「容疑者Xの献身」は読み応えのある小説でした。

内容は書くとねたばれになるので、やめておきますが
お薦めです。

ずっと、同時進行で読んでいる「チボー家の人々」が
11巻目「1914年夏掘廚泙任たのですが
第一次世界大戦前夜のヨーロッパの政治情勢を延々と読んでいくのは
かなり辛いものがあって、
主人公達の個人的な風景のときはどんどん進んでいくのですが
インターナショナルの同士達の会話のやりとりは
読んでると、必ず眠くなります(笑)

これはやはり若い時に読んでおくものなのではないかしら・・・と
思ったりしています。

さて、結末にむかってどう進んで行くのか
やっとペースも速くなりそうです。
| komichi | - | 18:26 | comments(6) | - |


RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND  SELECTED ENTRIES RECENT COMMENTS
LINKS PROFILE OTHERS