小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
サイモントン療法

最近こちらにコメントくださるようになった
Tomoさんが年末に貸してくださった本です。

以前ここで書いた「グレイが待ってるから」シリーズからの続きとして
この本を薦めてくださったのです。

題名としてはガンの告知を受けた本人や家族、サポーターのための
心理的ケアについて書かれていますが
実際の内容はそれだけにとどまらず
他の病気や悲しみに陥ったときに
それをどう受け止めそこから生きていくか・・・についての療法です。

つまりこれは、どう生きて、どう死ぬかの問題であり
死後のことをどう受け止めているかによって
普通にでも、普通でない状態であっても
その人の今生きている人生の内容を変えることができる
という「認知療法」「行動療法」なのです。

サイモントン博士は放射線課の医師でしたが
切ったり張ったりばかりに目が行って
病人全体を、つまり人間には心がある、ということを
考えようとしない現代医学のやり方に
実際の臨床から疑問を持ち
心理的な方法でガンが消滅することもあるのを確信したところから
独自の道を歩き始めます。

「メッサンジャーとしてのガン」
「病気になることの意味」
「思い込みを変える」・・・
などはホメオパシーの考え方と非常に似ています。

これほど重大な病気でなくとも
私の場合でも、昔カウンセリングに長いこと行っていましたが
それによって何を獲得したか?というと
自分が従来から持っていた思考回路を変える、ということでした。

それぞれが持っている思考方法はいつも殆ど同じ経路をたどります。

たとえば「ガン=死」「ガン=痛み」「死=怖い」
などの通俗的な情報が回復をどれだけ妨げているか
回復はできなくとも、残された時間を
悲しみと苦しみと絶望の時間にしてしまうか
なのです。

そうでない生き方、死に方がある・・・という意味で
この本はとっても素晴らしいものを伝えてくれると感じました。

何かあったら、いえ、ある前にこれを知っておくのは
とっても良いことだと思いました。

Tomoさん、良い情報をありがとうございました。

そうそう、推薦文を書いておられるのは
日本におけるホリスティック医療の第一人者
帯津良一先生です。
| komichi | - | 11:24 | comments(8) | - |

コメント
こんにちは。

この本、書店にあるかしら?読みたくなりました。

自分だけはいつまでも元気・・そう思っていたけど、最近ついてないことばかりですし。

余計に落ち込みませんかね?
それこそ「気の持ちよう」って言われそうですね(笑)

↓のHISAクンにメロメロです。
昨日届いて、すぐに写メって、携帯の待ち受けに〜♪
この表紙、これまでの中で、一番好きだわ!
いつもは読んだらすぐに本棚にしまうけど、これは当分飾っておきます(^^)/
| チョコ | 2009/01/04 1:23 PM |

おお・・・またしてもシンクロ・・・
(ガンではありませんけど)

またまた図書館に予約です。
| muupontm | 2009/01/05 5:09 PM |

チョコさん>書店においてあるかどうかはわからないのですが、アマゾンにはありました。

私もそのうち購入しようと思っています。

人にはやはりバイオリズムもあるし
ツイてないときは続く感じがしますよね。

でも、そういうときは、大厄の代わりだと思うことに
しています。

五日市さんの本、ご存じないですか?
あれ読むとだいぶ気が軽くなりますよ。

| 小径 | 2009/01/05 7:44 PM |

muupontmさん>補足のケータイ・メールいただいたから
意味がわかりました(笑)

| 小径 | 2009/01/05 7:45 PM |

今回も、小径さんの見事に的確な表現に拍手!(^-^)//""ぱちぱち 流石です!!!

>何かあったら、いえ、ある前にこれを知っておくのは
>とっても良いことだと思いました。
そうなんです!
私も、そう思うのです。
セミナーでは、
悲しいときには、心から悲しんで良い。そこからどう本来の自分に戻るかが大切。
ということを、お話しされてました。
その、元の自分に戻る手がかりとして、この本の考え方を知っておくのは、とても良いと思います。
| Tomo | 2009/01/05 7:52 PM |

この場をお借りして・・・

Tomoさん>
(まだ読んでいませんが)良い本をご紹介いただきまして、ありがとうございます。
私事ですが、一昨年夏に最愛の祖母(育ての親=完全に母親代わり。「一卵性ババ子」と言われていた)を亡くし、直後よりむしろ一年後あたり(つまり昨年夏頃)から哀しみに襲われ、他にも身近で病気やその他の「マイナスな」出来事が相次ぎ、涙が止まらない日々もありました・・・
そんな時は我慢しないで思いっきり泣いて、新年に当たって「区切り」というか、「リセット感」があり、新たな気持ちで前へ進もうという気持ちになっています。

小径さんからお聞きかも知れませんが、「Tomo」さんというお名前に、信じられないくらいの御縁を感じています。
↑にも書きましたが、この本を図書館で借りて読もうと思っています。
| muupontm | 2009/01/05 8:38 PM |

小径さん、お先に失礼します。

muupontmさん、
きっと、この本の考え方はmuupontmさんのお力になれると思います。
私が、この著者のお話しを聴いたのは、一番辛いどん底から少し立ち直りかけた頃でしたが
大変共感し、救われました。と、同時に、沢山の人に知っていて欲しいと思いました。
ぜひ、読んでみてくださいね。

名前の件、小径さんからお聞きしていますよ〜o(^-^)o
| Tomo | 2009/01/05 10:39 PM |

Tomoさん>誉めていただいて、ありがとうございます。

>悲しいときには、心から悲しんで良い。そこからどう本来の自分に戻るかが大切。

きっとこれに時間がかかるのですよね。
悲しいときに心から悲しむ時間や余裕がなかったり
辺に明るく振舞ったりしてしまう人も多いですね。

この本の中に「ポジティヴすぎるのもいけない」と書いてあって、それには頷きました。

ネガティヴがいけないのなら、
ポジティブならいいのだろう・・・みたいに必死にポジティブになるのは自然でないのですね。

そんな当たり前なことも言われてみて
初めて気づくものですね。

本当に良い本を教えてくださって、ありがとうございます。
| 小径 | 2009/01/06 7:49 PM |

コメントする










RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECENT COMMENTS
LINKS PROFILE OTHERS