小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
「悪意 善意〜たましいの素顔」

美容院に忘れてきてしまった本です。
本来ならその日のうちに読了だったのですけど。

「悪意 善意〜たましいの素顔」 江原啓之著 小学館

江原さんの本は数冊読みましたけど
この本はその中でも上位に位置する内容だと思いました。

なぜこの世に「悪意」が存在するのか
人はなぜ生まれてくるのか
「悪意」とはなにか
「善意」とはなにか
「悪意」にどう打ち勝つか

など、目次をあげてみましたが
詳細に、難しく、複雑に書けばいくらでも書ける内容を
とってもわかり易く平易な言葉で説明してくれています。

シュタイナーはこれらのことを
大変詳細に詳細に書いたので
その講演録は300巻以上になってしまったわけですが
とてもこれを読破することは凡人にはできません。

この本に書いてあることをよく理解したからといって
明日からすぐその通りに生きていけるはずはないわけです。

それほどこの世の中は単純ではないから。
でも、これらを知ってるか知らないかで
苦しみの程度は随分変わってくると思います。

江原さん自身もマスコミにバッシングを受けたりしながらも
スピルチュアリズムを広めて行こうと
努力しているその裏側には
このようなしっかりとした想いがあるのだとわかりました。
| komichi | - | 21:15 | comments(4) | - |

コメント
図書館に予約しました。これは人気があるようで、すぐには借りれそうもない。グスン。

なぜこの世に「悪意」が存在するのか・・・という文で、すでに「読みたい!」と思いました。

「悼む人」は、スラスラ読み進むことの出来ない内容です。
ちょっと読んでは心の中を整理し、意味を噛み締め、時には涙して・・・人の「死」について深く考える、ちょうどそういうタイミングだったのかもしれません。

12月31日幕張の映像の、ムーポンならではのチェック箇所をお知らせします。
「南東風」と「BURST」の間で、メンバー全員が一言挨拶するシーンがありますよね。
そのちょっと前に、ステージTAKURO君側サイドに集まって「イエーイ」ってやってるところ。
TERU君のマイクがHISAの頭に当たり「ゴツン」と音がします。(笑
その後TERU君がHISAの頭をナデナデ。(笑

倒れても「生きてく強さ」を歌い続けるTERU君の姿には、思わず涙がこぼれました。
| muupontm | 2009/02/01 8:33 AM |

muupontmさん>この本は受け入れられる人とそうでない人がいると思います。

muupontmさんがどちらかはわからないので
がっかりされないといいのですけど・・・

幕張はまだこちらは見れていないのです。
早く見たいわ〜〜♪
| 小径 | 2009/02/02 8:37 AM |

図書館をキャンセルして、書店で立ち読みして来ました。
サ〜っと読んで心に残ってる箇所は・・・
「悪意のもとは弱さと無知」と
「幸せな人は意地悪をしない」です。

2年ほど前(もうそんなになりますか・・・)に、もの凄い悪意に晒されるという経験をし、今となっては「笑い話」兼「貴重な体験」かとも思えますが、だったら、どうしてそんな目に遭ったのかを知りたい、理屈で解明したいとも思い始め・・・

そう「なんとなく、は無い。理屈が有る」とも書いてありましたね。
「出る杭は打たれる」とも。
「恥」に関しても・・・もう「恥を知れ〜!」ですよ。(笑
今さらいいけどね・・・

本の内容で、自分で理解出来ない部分は飛ばして読んでしまいまいした。(笑

幕張映像に関しては、失礼しました。

さて、「悼む人」を読み終わりそうなので、続けて「さまよう刃」に突入します。
| muupontm | 2009/02/02 11:56 AM |

muupontmさん>あの時のmuupontmさんが晒された悪意は
私も理不尽だと思いますけど
それこそどんな意味があったのか?ですよね。

だけど、自分が体験したことがどんなことであれ
その体験から意味を掬い取れる人が
成長できる人だと私は思います。

ただ、不運だった・・・とだけいえることも
無きにしもあらずですけど
不運を嘆くだけでなくて
そこから立ち上がる力を自分に呼び覚ます練習だった
と思えるとか・・・いろいろ考え方はあるわけですよね。

こんなこと書いてる私がそう考えて割り切れてるか?
というと全然なのですけど(笑)
| 小径 | 2009/02/02 7:37 PM |

コメントする










RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECENT COMMENTS
LINKS PROFILE OTHERS