小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << April 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
春を呼ぶ・・・・・・・

今夜のおかずは「春を呼ぶ魚」=「鰆」の南蛮づけです。
本当は小鯵の南蛮づけが美味しいのですが、私はアレルギーがあるので
あまり青魚は食べないようにしているのです。
鰆でもさっぱりしていて十分美味しかったけど。

今日はホメオパシー勉強会の第2回目に高槻まで行って来ました。
Arg-nit(アージニット)・・・硝酸銀
Arnica(アーニカ)・・・うさぎ菊
Apis(エイピス)・・・蜂の毒
の3種類についてでしたが、物凄く応用範囲のひろいレメディーでした。

Apisは虫刺されやアレルギー反応に効果があるのですが、とくに「ヒスタミン遊離のようなものに」と書いてあったので、私に向いてるな、と思いました。
私はこどもの頃からアトピーで20歳すぎまでかなり酷かったのです。

それで抗ヒスタミンの静脈注射を毎週打ちに行っていたこともあって、
ホメオパシーを始めてから2年後の夏に物凄い好転反応が出て、
2ヶ月近く全身を冷やしながら寝ました。
昼間はなんとか我慢して保冷材を持ち歩き、
痒い時は冷やすようにしてしのぎましたが、
夜はパジャマの袖や裾がひらっと触れただけで、
猛烈な痒みで睡眠不足になり、無意識で掻いてしまって
朝おきたら血だらけでした。

でもホメオパスに色々レメディーを処方してもらい飲みながら
「アトピーの人は夏は辛いのよね。でもみんな頑張ってるから」と
励まされ、じっと我慢してそれを越えたら、綺麗さっぱり嘘のように治りました。
ただまだ完治ではないようで、ヒスタミンの多い食べ物を沢山食べると
喉が痒くなります。
日常生活には困らなくなったので、それだけでも有難いです。

前半はしっかり勉強、後半はお茶とお菓子しながら情報交換でした。
帰りに前回も一緒だった方ともう一人別な方とランチをしました。
メルアド交換したりして、これから仲良くなれそうです(^∀^)

**********************************
昨夜の「キャシャーン」を録画していて夕方見ました。
早送りすると見過ごすかもしれないので
ちゃんと見ていったのですが、映画としては???で(すみません)
随分たってからやっとTAKUROさんとHISASHIさん!!
見つけました\(*^▽^*)ノ
TAKUROさんの赤い服だけ色がついていて、
走ってくるHISASHIさん、最初は「あれ?宮迫さん?」なんて思ったのですが
何度もバックしてスローにして、10回以上「play back!play back!」でした。

「わーー!死んだとこ上手だわん」なんて変な感心の仕方ですが・・・
ストップ・モーションにしてじっくり眺めてから、映画を終わりにしました。
ここだけ保存しとくかな・・・


| komichi | - | 21:02 | comments(3) | - |

コメント
小径さん、昨日のコメントは説明不足だったようです。
「容疑者・・・」以下、タイトルを挙げた本は「購入して」読んだものです。さすがに「全部立ち読み」というわけには・・・(笑
それ以外に興味を持った本を、時にはパラパラ、時にはそれなりにジックリ、立ち読みして来ます。
ピンと来た本を全部買ってしまうと、置き場所に困って。
すでにマンションの1室は、私の本で占領されてて、本棚の板は重さでたわんでしまってるんです。恐い・・・

「月の癒し」は置いていませんでしたが、「ムーンヒーリング」という、秋月菜央さんという人の著書を発見。立ち読みして来ました。面白かったです。月の影響というものを今まで考えたこともなかったので、新鮮な驚きでした。

「東京タワー」は・・・多分名作なのだと思います。ミリオンセラーになったりするくらいだし。ただ私が個人的にちょっと・・・
帯によると、母親に対する子供の深い愛情がテーマみたいです。
こういうのが苦手で・・・私の方が珍しいのだと思います。
だから小径さんは、私の意見(というか偏見?)など気にせずに、読んでみてくださいね。そして感想を聞かせてください。

「キャシャーン」は、私も「映画としては・・・ウ〜ン・・・」という感想でした。でもHISAの演技はなかなかでしたね。(笑
さすが演技派ギタリスト。
| muupontm | 2006/02/15 5:05 PM |

2〜3週間前から風邪をひきそうだったのですが、GLAYライブが終わるまでは風邪をひくわけにはいかないと頑張ってきたのですが、ライブも終わり、日曜日に親戚の法事が終わったら、ほっとして一気に疲れが出たのでしょう。昨日、今日と会社を休んでしまいました。

「キャシャーン」は私も録画しながらちょこちょこ見ただけでは「???」でした。どうやら「反戦」がテーマらしいとわかっただけ。
昨日、風邪で休んだので、もう一度見直してみました。
それで判ったのは「戦争は無意味で、憎しみは憎しみしか生まない」ということ。あと、「誰か一人が正しくて、誰か一人が間違っている訳じゃない」。だから共存していく道を考えよう、という簡単には答えを出せない、難しいテーマだなと思いました。
最後のシーンが一番言いたかった事なのでしょう。
とにかく出演者に知らない人がいないくらいのキャティングでしたね。
あれだけの人を集められたのは、紀里谷さんのメッセージがそれだけ強かったからだと思います。
2回見ても、まだわからない部分があるので、もう一度見たら、もっと理解できるかも。

TAKUROさんとHISASHIさんはすぐわかりましたよ(^.^)v
後で2人の顔がアップになりましたよね。あれ、GLAYファンへのサービスだな、と思いました。
でもGLAYファンじゃないと、誰だかわかりませんね。

| hana☆ | 2006/02/15 7:35 PM |

muupontmさん>「立ち読みday」そういうことだったのですね(^o^)分かりました。
私も本を買ってばかりいると置き場に困るのと、金銭的に困っています(~_~;)
「東京タワー」はオセロの松島さんが「おお泣きした」と言っていたので読んでみたいなぁーと思ったのです。人それぞれ好みがありますからね。

hana☆さん>お風邪だったのですか?きっとほっとしてお疲れが出たのでしょうね。お大事にして下さい。

キャシャーン、最後まで見たのですか?偉い!!
私はその「ファンサービス(^o^)」をしっかり味あわせて戴いて、二人をじっくり見て、それで終わりにしてしまいましたが、そう!キャストが凄かったですね。
三橋達也さんとか、あれが最後の映画出演ではなかったのかしら?
| 小径 | 2006/02/15 8:40 PM |

コメントする










RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS PROFILE OTHERS