小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << April 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
久し振りに「水彩画」です

今日は絵の日でした。
これは1999年に描いたもので、裏に「菜の花や 月は東に 日は西に」
と書いてありました。
右上にかすかに登っている月、見えますかしら?

一面の菜の花畑で、モンシロチョウがあちこち飛んでいます。
でも部屋が暗かったですね。光が足りないみたいです。


これは今日描いた作品です。これも暗く写ってしまいました。
静物画はほとんど描けなくて、苦労してきました。
今日は自分の中でもかなりの満足度でしたので
アップしました。

シュタイナーの「にじみ絵」とも言われていますので
「にじみ」が命。
気持ち良くにじんでくれました。

**********************************
東京から帰ってから自転車で買い物に行くと
帰り道がとっても困難で、ペダルを踏んでも踏んでも進まない(>_<)
たいてい帰りは向かい風なので、そのせいかとも思ったのですが
やはり疲れが残っているのか?
それとも脚力がこんなに落ちたのか?
降りて押して行ったほうが速いのではないか?と思えるくらいでした。

それを何度か繰り返したあと、ふと気づいて
乗ったまま後ろの車輪を見てみると・・・何と!ペッタンコ\(◎o◎)/
要するにタイヤの空気が殆ど抜けていたのです。

そう言えば、夫が気づいたときは時々空気をいれてくれていたらしいのですが、
私は自分で入ることは殆どなくて、
前回入れたのがいつかも思い出せない。

乗っている、というよりほぼ引きずっている、といった感じで帰宅して
早速空気を入れてみました。
入るは、入るは!シューシューと気持ちいいくらいに。

その後試しに乗ってみたら「そうだった!最初はこんな感じだったわん」
まるで弾むように進むじゃないですか☆
自転車さんには悪いことをしてしまいました。
無理なことを強いていたのですね。
すみませんでしたm( _ _ )m以後気を付けます。
| komichi | - | 20:46 | comments(6) | - |

コメント
小径さん、こんばんは。添付ファイル、ちゃ〜んときてましたよ、ありがとうございます。

春の生命の息吹を感じさせる素敵な絵ですね(^O^)蝶は何となく白く見えてるのが、そうなのかしら^^;
バラは、今日、描かれたものなのですか、ふんわりとして、いい感じに仕上がってますね、心が落ち着きます。

自転車の空気がないのに走られてたのですか、それはそれは・・ペダルが重かったでしょう。
| チョコ | 2006/02/24 11:14 PM |

チョコさん>お仕事終わってから、お疲れのところいらして下さってありがとう(^_^)
今日は本当に春のような陽気で、気持ちも明るかったです。
思いペダルも軽い心でしのいで来ました(笑)
こんなドジですが今後とも宜しくd(*⌒▽⌒*)b
| 小径 | 2006/02/25 9:08 PM |

バラの花、とても素敵ですね。
対象をきちんと見て描いていらっしゃるのが良くわかります。
私も絵は大好きですが、自分で描くとなるとごまかしが多くなってしまいます。それが自己嫌悪に繋がるので最近はほとんど描かなくなってしまいました。
| ぷうやま | 2006/02/26 3:33 PM |

ぷうやまさん>褒めていただくほどの作品ではないのですが、絵を始めてからもう10年にもなるのに、全然上達しなかった自分にそれこそ自己嫌悪。
もともと人様に見せるために描くわけではなくて、自分が色に浸る体験を持つために始めたので、この自己嫌悪自体がおかしいわけなんですね。
だから、自分で「これはいい!」と思える作品はできではなくて、描く過程で気持ちがよかったどうか、が一番なんです。ただ、この絵の描き方はいっさいデッサンはしないので
それが苦心のしどころ。
見たとおりではなくて、一度自分の中に取り入れてから出す、自分が薔薇の花になりきる(笑)みたいなところからはじまるのです。もはや薔薇になるのは難しい(笑)
| 小径 | 2006/02/26 4:09 PM |

この絵を見たら、中学生の時先生が黒板に「いちめんの菜の花」という詩を書いて、
「この詩のイメージを絵に描きなさい」という課題を出されたことを思い出しました。
心のイメージを絵にするというのは、その時初めての経験だったので、とても印象深く覚えています。
絵を描くっていいですね。
最近83歳の母が「女学生の時のように、また絵を描きたい」
と言って、画材をそろえ始めました。
なんだか私の「絵を描きたい心」がムズムズして来ましたヨ。
| hana☆ | 2006/02/27 12:20 AM |

hana☆さん>私の祖母も歳をとってから色鉛筆で絵を描いていました。素朴なものだったけど、面白い絵でした。
自分が育った田舎の鶏とか、田植えの様子とか描いてました。きっといつもそういうものを思い出していたのでしょうね。
お母様も画材をそろえて楽しみが増えて良いですね。
| 小径 | 2006/02/27 9:58 AM |

コメントする










RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS PROFILE OTHERS