小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << April 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
父へのプレゼントに

co-opに買い物に行ったらこんなもの売っていました。
カセットは廣澤虎蔵の浪曲です。
以前、父がラジオから録音した浪曲を知人に貸したらあちこち廻っている間に行方不明になった、と言って嘆いていたのを思い出したので
見つけたのを幸いに買ってきました。
1本315円という格安です。もうカセット・テープの時代じゃないからでしょうね。でも父の年代の者にはこれが使いやすくていいようです。

DVDはテレビの通販でも宣伝している昔の名画です。
「雨に歌えば」と「オズの魔法使い」前から見てみたいと思っていたので
1本500円ならレンタルとあまり変わらないので買いました。
フレッド・アステアは晩年になってからしか見たことないので
絶頂期の踊りを見てみたかったのです。


muupontmさんが教えて下さった本2冊、見つけたので購入しました。
活字が大きいので持ち歩き用です。
あした出かけるので早速電車で読みます。
どちらも興味がそそられます。楽しみです。

**********************************
昨日TERUさんが歌詞を飛ばしたこと書いたら、そのあと思い出したのですが
まだ今ほどのファンでなかったとき、娘が留守の間にそっと娘のビデオを盗み見したことがあります(笑)
「Pure Soul」のドームツアーのでした。
ずっと見てアンコールのときのこと、軽快なリズムの初めて聞く曲の出だしでTERUさんがマイクに向かっても言葉が出ず、ニヤっと笑ってもじもじして
3回くらいイントロ繰り返したのに結局でなくて、JIRO君が
「ちゃんと仕事しようよ。給料減らすよ」って。
TERUさんは「びっくりした!!」と言ったあと「頭なんだっけ?」って会場に聞いたらみんなが「ジーザス!!」
「オーーー!ジーザス!!」
この「びっくりした!!」のときのTERUさんの顔がもうめちゃくちゃ可愛くてやられてしまいました。

それから気を取り直してイントロが始まり歌い始めたら、
さっき言葉が出なかったのが何だったの?って言うほどの怒涛のような言葉の洪水!!
物凄いスピードで爆走していくこの曲にすっかり魅了されてしまい
帰宅した娘に「あの曲なに?初めて聞いたんだけど。アルバムに入ってないよね」と尋ねたら
「cynical。基本的にGLAYはシングルのカップリング曲はアルバムに入れないから」という答えでした。
また一つ学んでしまいましたね(笑)

もう、それからは寝ても醒めても「cynical♪cynical♪」でした。
今も大好きよ(^_-)-☆
かなりどっぷり浸かったのはこの時からだと記憶しているのです。
| komichi | - | 20:13 | comments(6) | - |

コメント
そうそう、この時のTERUさん、かわいかったねー。
JIROくんのツッコミも良かったし(^o^)。
TERUさんって歌詞を頭で覚えてるんじゃなくて、メロディと一緒に体に染み込んでる気がしますね。歌い出したら、自然に体から歌詞が溢れてくるというか、、。だからあんなにあったかい、深い表現ができるのかな、とか思います。
それだけに、一度歌詞を飛ばすと真っ白になっちゃう?

あのCynicalのアレンジはすっごくのりがいいですね。
でもシングルのカップリングになってるのは、もっとクールな感じでHISASHIさんらしい気がするんですけどね。HISASHIさんの好みが変わったんでしょうか?家では次男と「Cynicalをあのアレンジにするのかぁ?」という話題になってたんですが‥(^_^;)
| hana☆ | 2006/02/28 2:18 PM |

小径さん うちの父も浪曲好きです。
人形浄瑠璃の太夫の歌なんかも聴いてますよ。渋すぎて・・・私には・・・^^;
そんな父もTV観ていて「GLAY」と「TERU」には反応するから大したもんです。(^-^)V

muuponさんおすすめの本、読んだことないです。
図書館にあるかなぁ。
最近「容疑者召慮タ函廚鯒磴い泙靴拭
推理物は好きです。
「マークスの山」「模倣犯」なんかも読みましたし、映画も観ました。
でも、映像になるとどれもイマイチですね。
賞をとると映画化されるから、これもなるのかな。
もう10年近く前に、現役の医者が書いた推理小説が賞をとったんですよ。もちろん舞台は病院です。(作者も題名も忘れちゃった)
私は入院中にはまってしまって読んでいたので、看護婦さんに「精神衛生上よろしくないよ!」と苦笑いされた記憶があります。
あの本、どこにしまったかな・・・また読みたくなりました。

| ヤマジュン | 2006/02/28 7:00 PM |

hana☆さん>頭にじゃなくてメロディーと一緒に体にしみこんでいる、というは本当にそうだと思います。
やっぱり「歌うために生まれて来た人」というのがぴったりの人ですね。
「Cynical」のライブでのアレンジは、何だかアメリカの50年代の映画にでも出て来そうな感じですね。でもやっぱり私はCDヴァージョンの方が好きかな?

ヤマジュンさん>うちの父は若かったときは、ガーシュインの「ラプソディー・イン・ブルー」とか聞いてた人なんです。
私たちがBEATLESを好きになったとき、世の中の大人が「何だあれは!!」と非難していたときも気に入っていました。だから今はGLAYや氣志團にも反応しているようです。

でもやっぱり70歳を過ぎた頃から演歌一辺倒になって、浪曲や落語のカセットをよく聞いているようです。
まあ、原点に戻るとこうなるんでしょうね。
| 小径 | 2006/02/28 8:11 PM |

ヤマジュンさん>
「容疑者召慮タ函彁笋眛匹澆泙靴拭「面白い」だけではなく、考えさせられるものもありました。
同じ東野圭吾の「白夜行」は読んだ?ドラマ化されて放映中ですが、原作は、また別のものという感じで、読んでみる価値があると私は思いました。主役の「雪穂」の描き方がかなり違います。

「現役の医者」・・・?誰だったでしょう?
10年近く前・・・すぐピンと来ませんが、考えておきます。

小径さん>
「やまない雨・・・」読み終わりました。こちらでも紹介してくれてありがとうございます。
「子供のいない夫婦で伴侶を亡くしたら」という、他人事ではない内容なので、読んでいて感情移入する部分がありました。

「包帯クラブ」購入しました。明日から読み始めます。
立ち読みで面白かったのが「なんで私、片付けられないの?」(桜井公子)。ADHDについて、日常生活を例にわかり易く書いてありました。

「cynical」に関しては・・・HISA楽曲について語り出すとキリがないので(笑)、また別の機会に・・・
| muupontm | 2006/02/28 8:19 PM |

小径さん>↑に書いた「なんで私・・・」は、正しくは「どうして私、片づけられないの?―毎日が気持ちいい!ADHDハッピーマニュアル」でした。

| muupontm | 2006/02/28 8:26 PM |

muupontmさん>「やまない雨・・・」あと少しで終わります。私も嘗て抑うつ状態だったことがあるし、もともとの性格は著者ににているところがあったので、あの気持ちはとってもよく解りました。
でも、やっぱり男性は妻に非常に甘えているという感じを受けますね。それは子どもがいてもいなくても殆ど変わりがないのでは無いでしょうか?
今日じゅうに読めたらいいのですが。
同時に昨夜から「裏庭」読み始めました。こちらも凄く面白そうでわくわくしています。

ADHDって何でしたっけ?
| 小径 | 2006/02/28 8:44 PM |

コメントする










RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS PROFILE OTHERS