小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << April 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
いんちき音響さん
昨夜から娘のGLAY・氣志團友達が泊まりに来ていて、さっき二人で出かけました。氣志團、今日は奈良で明日は大阪LIVEですって。私が東京に行っていたときは和歌山に行ってましたから、GLAYをいれたら1週間に4回のLIVEです。
たった1回で筋肉痛になる母に比べ、あの駅伝で鍛えた身体はこの日のためにあったのか?とさえ思ってしまうLIVE三昧の娘です。

さて、金曜日のことです。
フォルムの会に行くのに、やっぱり武道館の余韻が冷め遣らず、ぼーっとしていたのでしょうか電車を逆方向行きに乗ってしまいました。
慌てて引き返し、夙川駅で降りようとするとドアの向こうにコーラスのY先生が!!
お互い小さく手を振って「おはようございます」「おはよう!元気になった?メモ貰ったからお手紙書こうと思ってたのよ」とニコニコ顔でY先生は言って電車は発車しました。

「元気になった?メモ?お手紙?」何のことやら???先生何か間違ってない?と思ったのですが、はた!と気づいたのです。
先週のこと、まじかになったスッテージ発表会の「みんなの立ち位地を控えておいて」と先生に頼まれたので、それを紙に書いて他のメンバーに預けて来たのです。翌週は休むと解っていたから。
でも、それを渡された先生はやっぱり私が体調不良で休んだと思ったわけですね。
まさか東京で踊り狂っていようとは考えつきもするわけがない。

そんなこと考えながら「アトリエ・ソ」に到着。入り口に立った看板をみてびっくり
\(◎o◎)/!「○○○○○子 オカリナ演奏会2:00〜」
実は少し前にアトリエ・ソの持ち主でフォルムの会の仲間のSさんから電話でこの日午後からオカリナ演奏があるから残って欲しい、と言われたのですが、無理だから断って帰ろうと思っていたのです。
でも、まさかその奏者が○○さん、つまりさっきばったり会ったコーラスのY先生の友人で5〜6年前までコーラスでピアノを弾いて下っていたN先生だったのです。


↑ペンシル・ハウス「アトリエ・ソ」です。

なんだ、それなら残って聴かなくちゃね。ということでいらしたN先生も私の顔を見て「え〜?何で○○さんここにいるの?」
事情を説明してから私もいつも間にか主催者側にまわって、テーブルやイスのセッティングをしたり、N先生の音あわせをお手伝いしたり。
伴奏を録音してあるカセット・テープを廻したら、このラジカセが微妙に回転が遅くてオカリナとずれて気持ち悪いんです。
慌てて別の古い埃をかぶったようなラジカセをSさんが探してきたのですが
そこにいた人は使い方が解らない!というので、私が操作することになりました。
N先生が「あなたここに座って、私の合図でオン・オフして貰えない?」と言われ、音の強弱も曲によって変えたり、で少々打ち合わせして始まった演奏会。

お客さんは20人くらいで、お歳を召した方が多くて、
中にはずっと目を閉じて聴き入っているひと、
涙を流しているひともいました。

先生のめくばせや身振りを見ながらボリュームを上げ下げしたり、ボタンを押したり、とちょっとした「音響さん」ですね(#^.^#)
GLAYの音響さん「PAの高間さん」は有名ですが
「PAの低間さん?」くらいにはなれたかしら(笑)
40分程で終わり「機械に強い人がいて助かったわ〜〜!!」
なんて感謝されていい気になって帰って来たのですが
古いラジカセ動かしたくらいでこんなに感謝されてちょっと
恥ずかしかった(~_~;)
| komichi | - | 16:30 | comments(0) | - |

コメント
コメントする










RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS PROFILE OTHERS