小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << September 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
凄いイケメンでしょう?

私達のコーラスの先生のご子息です。

11月8日に兵庫県立芸術文化センター小ホールで
また、他の場所でもリサイタルがあります。

詳細はこちら↓

http://raregraph.air-nifty.com/r/2008/08/200811_0ff2.html

さて、今日はまたまた楽しいコーラスの日。

先週の「いつまでも美しい声で歌う方法」で
先生がおっしゃったことの中で
忘れていた重要なことがありました。

それは、いつまでも「恋心」と「ときめき」をわすれないこと。
若い異性に情熱を燃やすこと・・・だそうです。

でも、別に不倫をしなさい、ということではないですから(笑)

ジャニーズを愛する森光子さんのようにね。

しかし、この小径はその点にかけては、
充分すぎる程充分に情熱を注いでいますから大丈夫(笑)

GLAYは全くもって「ワ〜〜〜ッ!!キャ〜〜ッ!!」\(*^▽^*)ノ
の世界ですが
その他ではジョニー・デップを見るともうドキドキ☆
ときめいてしまって、
「いいわ〜〜、カッコイイ・・・」(〃∇〃) てれっ☆
となりますし、
オーランド・ブルームも好き。

杉浦太陽君もかわいいわ〜〜(^o^)
キムタクも勿論カッコイイ。
TOKIOの山口君もステキ。
ちょっと前まで豊悦も好きだった。
ま、若くはないけど、ミックもまだまだとってもセクシー。

なんてことで、話はそれましたが・・・歌のことです。

今日歌った「そんなおばあさんなら悪くない」
エイト・ビートの軽快な楽しい曲なのですが
言葉数が多くて、大変。

でも、これまでよりはテンポ良く歌えてたはずなのですが
先生もピアノの先生も笑い転げてた。
その原因は・・・みんな「大阪弁で歌ってた」ことなのです。

同じ歌詞を歌っても、大阪弁に聞えるのは
1音、1音にすべて母音がくっついてしまうからなのです。

「としのせいだか わすれもの〜♪」を標準語で歌うと
「とし」の「し」は殆ど子音のみに近いので「とし」は一組で発音。
「せいだか」の「せい」が一組、
「か」は小さく軽くで「だか」で一組。
「わすれもの」の「す」も子音のみに近いので「わす」で一組
「れも」で一組と考えたらよいのですが

これが大阪弁になると、
極端に言うと
「とお しい のお せー だあ かあ わあ すう れえ もお のお」
みたいになります。
強弱がなくて、全てが並列同列の強さで並びます。

だから下手すると「お経」になっちゃうんですよね。

みなさん、普段大阪というか関西弁で話しているのだから仕方ないのですが、
先生は歌詞だけ読む時はだいぶ関西弁のイントネーションですが
歌うときはきちんと標準語です、当然ですけど。

私は関東育ちだし、実家は九州、居住地は関西だから
イントネーションにはちょっとうるさいです(笑)
それぞれの違い、全部わかります。
だけど、私ひとりで頑張っても超微力です(*^o^*)

そして、先生が私達の真似をして歌われる時があまりにそっくりで
物凄く可笑しいのです。
真似されてる私達もずっと大笑いできる、
そんな場所でもあるコーラス。
本当に楽しいです。







| komichi | - | 17:38 | comments(4) | - |


RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND  SELECTED ENTRIES RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS PROFILE OTHERS