小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << January 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スカート その2

両サイドを見えるように内側に折ったところです。
中の裏生地がすっかりみえてしまっていますね(>_<)

暖かいウールの毛布のような生地なので、ポイントつけないとボワーっとした感じに見えます。
明日はこれをはいて出掛けてみます。
| komichi | - | 17:38 | comments(0) | - |
できました\(*^▽^*)ノ

数年クローゼットの奥で眠っていたスカートがみごと(?)復活☆
お腹のでっぱりもあまり目立たないかな?
玄関の鏡に写したのを撮影したので、よく見えないかもしれませんが、
左右のサイド、スリットの上に何かポイントを付けたくて、黒のベルベット・リボンを買いに手芸品店に行ったのですが、なくて諦めようかと店内をぶらぶらしていたら、「ファスナー飾り」というのに目がとまりました。

可愛いわん!!これに決定!!
と思ったのに同じものが2個なくて、仕方なく色違いか形違いかで迷ったのですが、色違いでやってみました。

次ぎの写真でもう少しよく見えるかな?
| komichi | - | 17:34 | comments(0) | - |
「博士の愛した数式」読了
5分程前に読み終わりましたが、まだ涙が止まりません。

数年前に「ビューティフル・マインド」という映画で実在するアメリカの数学者でノーベル賞を受賞した人の話しを見ました。
あのときも号泣に近く泣きましたが、今回も素晴らしいです。

「美しい」ということ、について考えます。
シュタイナーは「子どもにお題目として『命は大切だ』とか『盗んじゃいけない』とか、道徳の授業をするのでなく、学科、教科の中に必然的に有る真理を学べばおのずから道徳心は子どもの芯の部分に根付くものだ」と言っています。

この小説の博士の人格そのもの、存在そのものが数学と同じように美しく、
愛と静けさに満ち溢れている。子どもを教育することが許される人物とはこういう人であると思いました。

映画も観てみたくなりました。
| komichi | - | 17:10 | comments(4) | - |


RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND  SELECTED ENTRIES RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS PROFILE OTHERS