小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << September 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
旅のお供

あさってからしばしの間帰郷します。

それで書店に行って旅のお供を仕入れて来ました。

「死にぞこないの青」・・・みつけましたが「ホラー」とあったのでやめました。ちょっと怖そうだったので。

こちらも充分「ホラー」なんですが
佐藤愛子の「冥土のお客」文芸春秋文庫・・・「冥土の飛脚」のパロディーでしょうか?
以前読んだ「遺言」「あの世の話」につづくもののようですが
こちらは実際の話なので興味深々です。

やっとみつけた「ネグレクト」杉山春著 小学館文庫

池田あきこ著「ダヤンのスケッチ紀行」シリーズから
「英国とアイルランドの田舎へ行こう」中公文庫です。

表紙も綺麗だけど中にもふんだんにカラーのスケッチが入っています。
イギリスとはかなり深い縁のある私。
見てみたかった景色が沢山みれそうで、とってもわくわくです。

もう1冊「グレイのしっぽ」伊勢英子著 中公文庫です。
これはもう言わずとしれたジャケ買いです(笑)

でも内容も私の好きな大型犬のことだし
しかもシべりアン・ハスキー・・・好きです。

裏表紙に書いてあることが
「抱きしめても抱きしめても
指の間からこぼれていく
時間と生のかけら
「今こそ瞬間のグレイ」を
刻み付けたノートとスケッチを遺して
ほんもののグレイは風になってしまった。
最後の瞬間まで犬であろうとするグレイと
どこまでも絵描きであり続けなくてはいられない絵描きが
見つめた生と死。
犬が描かせたスケッチ帖、三部作完結篇」

これにも惹かれてしまいました。
三部作と言われても他の二部はみつけられませんでしたけど。

さあ・・・どれから読もうかしら。
| komichi | - | 14:56 | comments(7) | - |


RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND  SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS PROFILE OTHERS