小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << July 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
暑くてたまらな〜〜い(>_<)
今日はまじめに丁寧にお掃除をしました。
するとまるでシャワーでもかかったかのような汗が!!
ポタポタと滴りおちるのです。堪りませんね。

でも、でも、毎日嬉しいことが\(^∇^)/

GLAYファンクラブ「HAPPY SWING」から早くも
ツアーの先行予約のお知らせです。

こんなに沢山のLIVEから一人1箇所2枚までしか申し込めないとは(T_T)
どこにするか熟考しなくっちゃ。

さて、GLAYねたが続く毎日ですが、コメント欄にharumamaさんが
書いてくれたことから、GLAYと出会った日のことを思い出したので
書きたくなりました。

1998年の夏に西宮スタジアムにGLAYが来ました。
その頃娘はTRFのファンでそのチケットが取れなくて
仕方なく友達に誘われてGLAYの「スタジアム・ツアー」に行ったのです。
それまで、全く興味はなかったのですが、
帰宅したその日の興奮ぶりは凄かった。
「明日も行く!!」って、「チケットないのにどうするの?」
「外で音聴くだけでいい」と早くもこの時点で「音漏れ隊」宣言。
でも結局ダフ屋さんから買って入ったそうですけど。

それからというもの娘は即ファン・クラブに入会して
ドーム・ツアーに行き、幕張の20万人LIVEに行き
GLAY街道まっしぐらでした。
私にも「どうしても聞いて」といってアルバム2枚を持って来ました。
仕方ないのでカセットに入れて運転中に聞いていました。

洋楽派の私は、あまりこれと言って引っかかってこなかったのですが
何度も聞いていたはずの「SOUL LOVE」がかかっていたある日突然
つーーーっと涙が・・・\(◎o◎)/!
「え?なぜに?」と思ったとたん、歌詞の風景が、色が、臭いが、温度が
情景がまざまざと浮かんで、涙がポタポタと落ちたのです。

その日帰宅すると娘に「持ってるCD全部貸して!!」
そして、連日連夜、お出かけにはウォークマン必携、就寝時も
ずっとずっとGLAY一色でした。
持ってない曲をチェックしてツタヤに走り、
「これで全部網羅したわ\(^o^)/」と思ったのですが
「pure soul」のLIVEビデオみていたら、アンコールでやった曲
あの有名なTERUさんの出だしど忘れ事件の「cynical」に
一発でやられ、娘に詰め寄りました。
「あの曲はどこにあるの?どのアルバムに入ってるの?」
すると「生きてく強さ」のカップリングだとか。

それならそれを買おうじゃないの!!って、思ったら
あの有名な(こればっかり!)「廃盤事件」で
もはやどこにも売っていなかった(T_T)

そんなこんなでしたが、あの頃は震災の後で本当に体調は最悪でした。
入院したり、点滴したり、病院のはしごばかりしていて
160cmの身長38kgという、痩せ方をして
水を飲んでも下してしまうのに原因は全く不明。

お布団の中で泣いているしかできませんでした。
その後原因はわかっても、一生治る見込みはないし
薬を飲み続けないといけないとわかり、落ち込む一方でした。
そんな時に出会ったGLAY☆

辛い時、しんどい時、どこにも出られない時
只ひたすらLIVEビデオを見て「いつか絶対LIVEに行きたい!!」
だから何としてでも健康になりたい!その一心でした。

ラジオ番組での4人のトークの面白さ。
それを何度も何度も聞いて笑わせられ、彼らの愛情豊かな関係を
身近に感じると本当に心がほっこりするのです。
人間性の豊かさと温かさがその会話からじんじん伝わってくるんですね。

「愛されて育った人はこういう風に豊かでポジティブになれるんだ!」って心底思いましたね。

まだまだGLAYへの愛は書いてもきりがないので、この辺で止めますね。
長くなってしまいましたm( _ _ )m
| komichi | - | 20:38 | comments(5) | - |


RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND  SELECTED ENTRIES RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS PROFILE OTHERS