小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << May 2013 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
生ピー\(^o^)/

豊中の友人がチケットを確保してくれてました。
タイガースのドラムのピーこと瞳みのるさんの講演会に行きました。

豊中市・憲法記念市民のつどい2013というイベントで
なんと、無料!

6時に開場なのですが2時間前に会場の確認に行ってみると
入り口からずらっと
座り込んでの順番待ちの列が!!\(◎o◎)/!びっくり。
勿論私たちと同じくらいの年齢の淑女たちでしたが
友人と「へ〜〜!!こういうことになるんだ〜!」と驚きました。

まあ、私も友人もGS華やかなりし頃に
タイガースが大好きだった・・・っていう訳ではないので
こんな反応でしたが
あの青春時代に本気でファンだったおば様たちにとっては
まさにスターですから数時間並んでも
まじかで生で観れるこの機会を逃すわけないは行かないですよね。

前置きばかり長くなりましたが
講演というより対談でした。
肩書きは忘れましたが女性がインタビューする形で
それに答えるということで話は進んでいきました。

内容は私は「ロング・グッバイのあとで」という著書を読んでしまっていたので
知っていたのですが
やっぱり近くでみる生ピーは(笑)かっこよかったです。
実はこの方うちの夫と同じ歳なのですよ。
まあ、似ても似つかないこの現実。
自分の姿を考えれば人のことを言えた義理ではありませんが
やっぱりこうやって大勢の人様の前に立とうという人は
オーラというか華がありますね。

お話も面白かったし
感じのよい人でした。
今年の12月からかはしかつみも加えた
オリジナルメンバーでまた
タイガースが復活するらしいですから
活躍をおおいに期待したいところです。
| komichi | - | 19:57 | comments(2) | - |
田家秀樹さんのブログ
以下転載

ジョン・レノンの一番長い日。

 という本があるんですよ。書いた人は外人、本が手元にないんで名前は書けません。人の名前がどんどん憶えられなくなってるのに、今日読んだ本の外人の名前が言えるわけがない(笑)。西日本新聞の「ビートルズ連載」、いよいよ最後、エピローグです。

 最後のアーテイストはGLAYのTAKUROさん。その原稿はグアムに行く前に入れてます。エピローグで自分のことを少し書こうと思って、その本が参考になりそうだということで読んだんですが、泣けました。1980年12月8日のドキュメント。それぞれの人の出来事を時間軸に沿ってフラッシュバックのように連ねてます。

 一つ一つの話が短いんで読みやすい。テレビのドキュメンタリーみたいに読めます。ジョンが死んだ後のヨーコさんとポールのやりとりとか感動的でした。ジョンとポールの愛情を誰よりも理解していたのがヨーコさんで、死んだ直後にも、そういうやりとりがあった。いい話でした。

 でも、さすがに疲れてましたよ。昨日も帰ったら12時近くって、ここを書く気力もなかったです。2才の子のエネルギーというか、パワーに圧倒されるんでしょうね。そのくせまだテンションが高いままで夜も寝付けない。今日、机で寝てしまいました。オフクロのところに顔を出したりもしました。

 幸い、退院して自宅に戻れたんですが、身体は思うようにならないみたいで、これからが大変かなという感じでした。兄弟で色々やれることはやらないとということなんでしょうね。それにしても眠い(笑)。今日はGLAYが香港でライブをやってますし、AlfeeはNHKホールだし、ONE OK CROCKは横浜アリーナだし。でも、僕は原稿だし、ってまたその話だ(笑)。

 東京は気持ち良い一日でした。まさに風薫る5月。風が爽快。グアムよりも過ごしやすい一日でした。でも、珊瑚礁はありませんけどね(笑)。曲ですね。オフコースの「I LOVE YOU」。ジョンが死んだ時のニュースがフィーチャーされてます。じゃ、お休みなさい。



随分前から西日本新聞に連載されている
田家さんの文章。
是非読んでみたいのです。
私の実家では西日本新聞をとっていますので
昔だったら、親に電話して「切り取っておいて〜」って
頼めたのですが
もう今ではそんなこと負担でしょうから頼めませんでした。

最後がTAKUROさんとの対談のようで
是非本にして出版してほしいな・・・と思います。
| komichi | - | 19:29 | comments(0) | - |


RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND  SELECTED ENTRIES RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS PROFILE OTHERS