小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << March 2011 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「うたうひと」
「うたうひと」小路幸也(しょうじゆきや)著 祥伝社文庫

小路幸也さん・・・私が大ファンの「東京バンドワゴン」シリーズの著者です。

初めて「バンドワゴン」以外の小説を読んでみたのですが
この「うたうひと」・・・・とっても面白かったです。

7つの短編が微妙につながりを持ちながら進んでいく短編集なのですが
7つとも音楽に関係している話で
要はミュージシャンの話なのです。

1 クラプトンの涙
2 左側のボーカリスト
3 唇に愛を
4 バラードを
5 笑うライオン
6 その夜に歌う
7 明日を笑え
8 親父の唄

と、題名だけでも音楽好きとしてはワクワクしてしまいます。

しかも読んでいるうちに
「これってもしかしてあの実在のミュージシャンのこと?」
ととか思ったりして。
だけどドキュメンタリーではないから
やっぱり小説なんですけどね。

これを読んでいて
「あ〜〜私も何か楽器演奏ができたらよかったのに・・・(T_T)」と
痛切に感じました。

もしくは「やっぱり、目指すはボーカリストだわ〜(⌒∇⌒)」とか(笑)

「バンドワゴン・シリーズ」もそうですが
人の心のあたたかさを感じさせてもらい
読後感がとってもいいのが
小路幸也さんの特徴なのかもしれません。

それぞれにじんとくるお話集です。

| komichi | - | 10:01 | comments(2) | - |


RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND  SELECTED ENTRIES RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS PROFILE OTHERS