小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << May 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
飽きる人、飽きない人
私がコーラスを始めて17年目に入りました。

私が水彩画(みず絵)を始めて12年になりました。

私がGLAYファンになって9年が経ちました。

みんなに「よく飽きないねぇ〜〜」って言われます。

コーラスやみず絵はお稽古ですから、上達するし
趣味のことで続いている方は沢山いるでしょうから
それほど変わっているわけではないけど
こと、GLAYに関しては、一種変人扱い?(笑)

でも、先日のNHKの「プロフェッショナル」で脳科学者の茂木健一郎氏が
「飽きる人と飽きない人の違い」を説明していました。

それによると、
物事に飽き易い人は、ある意味依頼心の強い人で
自分以外の他のこと、他の人に自分の好奇心を満たして貰おうと思っている。

でも飽きない人は、自分が変化し、成長して行く種類の人である。
対象が変化しなくても、そこから新しいものを汲み取れる、
対象に変化して貰おうと思わず自分自身が変化することのできる人。

ということでした。

自画自賛・・・になってるかもしれないですけど
私はこれには納得できました。

だから、同じ本を何年かおきに読んだとしても
毎回面白い!しかも前に読んだときにはスルーしてしまっていた箇所を
新しく発見できたりして、新たに感動したりするんですね。

そういうとき、私は自分でも「あ〜、私も成長したんだな・・・」って
思っていましたから。

GLAYの曲にしたって、もう何百回聴いたかわからないのに
ある日突然、その曲を耳にして涙がこぼれたりすることがあるのです。

また、あるときはあまり好きな曲じゃなくて
それが始まると飛ばしてた曲を偶然聴いてしまったときに
「あれ?この曲ってこんなにいい曲だったの?」と感じて
その日からその曲ばっかりリピートすることとかあります。

ストーンズが40年以上たってもいまだに「サティスファクション」を
やるのは「最近やっとあのリフが上手く弾けるようになったんだ」って
言ったキースの冗談まじりの発言の意味がよく理解できますね。

茂木さんは「脳は変わることができるのです。
脳の才能をひとつだけ言え、と言われたら、それは変わることができることだ」とも言っていました。

面白いですね。

| komichi | - | 20:56 | comments(3) | - |


RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND  SELECTED ENTRIES RECENT COMMENTS
LINKS PROFILE OTHERS