小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
飽きる人、飽きない人
私がコーラスを始めて17年目に入りました。

私が水彩画(みず絵)を始めて12年になりました。

私がGLAYファンになって9年が経ちました。

みんなに「よく飽きないねぇ〜〜」って言われます。

コーラスやみず絵はお稽古ですから、上達するし
趣味のことで続いている方は沢山いるでしょうから
それほど変わっているわけではないけど
こと、GLAYに関しては、一種変人扱い?(笑)

でも、先日のNHKの「プロフェッショナル」で脳科学者の茂木健一郎氏が
「飽きる人と飽きない人の違い」を説明していました。

それによると、
物事に飽き易い人は、ある意味依頼心の強い人で
自分以外の他のこと、他の人に自分の好奇心を満たして貰おうと思っている。

でも飽きない人は、自分が変化し、成長して行く種類の人である。
対象が変化しなくても、そこから新しいものを汲み取れる、
対象に変化して貰おうと思わず自分自身が変化することのできる人。

ということでした。

自画自賛・・・になってるかもしれないですけど
私はこれには納得できました。

だから、同じ本を何年かおきに読んだとしても
毎回面白い!しかも前に読んだときにはスルーしてしまっていた箇所を
新しく発見できたりして、新たに感動したりするんですね。

そういうとき、私は自分でも「あ〜、私も成長したんだな・・・」って
思っていましたから。

GLAYの曲にしたって、もう何百回聴いたかわからないのに
ある日突然、その曲を耳にして涙がこぼれたりすることがあるのです。

また、あるときはあまり好きな曲じゃなくて
それが始まると飛ばしてた曲を偶然聴いてしまったときに
「あれ?この曲ってこんなにいい曲だったの?」と感じて
その日からその曲ばっかりリピートすることとかあります。

ストーンズが40年以上たってもいまだに「サティスファクション」を
やるのは「最近やっとあのリフが上手く弾けるようになったんだ」って
言ったキースの冗談まじりの発言の意味がよく理解できますね。

茂木さんは「脳は変わることができるのです。
脳の才能をひとつだけ言え、と言われたら、それは変わることができることだ」とも言っていました。

面白いですね。

| komichi | - | 20:56 | comments(3) | - |

コメント
読んで納得。
私も自画自賛になってしまうけれど「飽きない人」です。

ピアノは弾き始めて40年。
吹奏楽は10年。(これは「和音が出せない」ので、時間的物理的に仲間たちと集まれなくなった時点でフェイドアウトしましたが・・・)
手芸もまあ40年。創作意欲は衰えず。

そしてやっぱり読書ですね。
「チボー家」5回ですから。(笑
他にも「読み返し本」多数。
新たな発見、新たな感動!です。

そしてそして・・・GLAY♪
初めて耳にした95年夏。劇的な「再会」が97年12月9日・・・
10年と半年の月日が流れました。

変化し成長し続ける4人の魅力。
GLAYという人生の物語。

「飛ばしてたのに急にリピート」の曲があります。
「WORLD'S END」です。(笑
リリース当時は体調不良の時期で、この曲の「酔う感じ」がダメだったのですが、「LIB広島」DVDで観たら(聴いたら)突然クセになりました。

茂木さん、先日の「題名の無い音楽会」に出てましたね。
それまで知らない人でした。
主人と見てて「へ〜面白い人だね」と話してた矢先です。
「脳は変わることが出来る」は名言です。

逆に「変わらない」・・・「変われない人」もいますからね・・・


| muupontm | 2008/05/10 7:51 AM |

続けて・・・
突然ですがikariネタです。

あれから試してみた物の一覧と感想。
○梅ドレッシング・・・結構クセになる。ワカメサラダとの相性が良い。
○トマトジュース・・・無塩で、トマトの味がしっかりしてて美味しかった。
○リンゴジュース・・・果肉感(ネクター感)が、主人には不評。私はOK。
○冷凍ヒレカツ、クリームコロッケ・・・お弁当要員。カツは良いがコロッケは冷めるとイマイチ。揚げたては美味しかった。
○にゅうめんセット・・・「にゅうめん」というものを初めて食べた!これは関西独特の食文化?新鮮な驚きだった。
○皿ウドンセット・・・作るのが簡単で良い。でも主人には「麺が口に刺さった」と不評。単に食べ方が下手なだけ!?
○冷凍パスタ(ボンゴレロッソ、ジェノベーゼ)・・・冷凍にしては麺が美味しかった。ストックしておいて、急な悪天候などで買い物に出れない時に役立ちそう。
イカ墨、アラビア−タが冷凍庫に入ってます。
○ちらし寿司の具・・・なかなか美味しかった。最初ちょっと高いかな、と思ったけど、我家だと2回分なのでそうでもないことが判明。
○芦屋シュークリーム・・・クセがなく、地味に良い仕事をしてるって感じ。お値段的にもロングヒットになりそうな予感。少なくとも「タ○トラ」のよりは断然美味しかった。
○食パン(パンドミ)・・・やや塩分が強いかと思うが、食感は良い。サンドイッチ用に冷凍庫にストック。

以上です。
ikari研究家のムーポンでした。(笑

そうそう「このみちゃん」という商品を発見し、何?と思ったらお好み焼きセット!
さすが関西・・・こちらには無い発想です。

思うにikariの出店は、単に「新しい店がオープンした」ということではなく、「関西文化の流入」なんですね。
軽くカルチャーショックを味わってます。(笑
| muupontm | 2008/05/10 8:21 AM |

muupontmさん>同じく「自画自賛派」(笑)ですね。

でも、これは自分で自分を観察した結果浮かび出た事実ですからうぬぼれとかじゃないと思います。

「変化し成長し続ける4人の魅力。
GLAYという人生の物語。」
まさにその通りです。素敵な表現をありがとうございます。

GLAYの人生をなぞることにより
私という自分の人生に絡みながら進んでいく
もう一つの人生を体験してるような感覚がありますね。

私の時はGLAYととももに進んでいる・・・そんな感じです。これはmuupontmさんも同じだと推察します。

茂木さん、ご存知なかったんですか?
「Aha効果」という面白い脳の現象を広めている人で
最近あちこちのテレビにでたり
本を書いたリしてます。

夫が好きで何冊も本を買ってくるので
私もついでに読んでます。

イカリですが、上に書いて下さってる品々は
「ちらし寿司」以外食べたことないです。

麺類は基本的にセットになってるのは買わないし
ジュースは飲まないし、ドレッシングも殆ど使わないし、パスタは外食に限ってる感じだし・・・と言う事で、先ほどもイカリに行ってきましたが
たぬき庵のうどん玉とか、京都の壬生菜のお漬物とか、そんなものしか買ってません。

関西文化の流入ねぇ・・・そうも言えるみたいですね。



| 小径 | 2008/05/10 6:34 PM |

コメントする










RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECENT COMMENTS
LINKS PROFILE OTHERS