小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << December 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
心に残った言葉

これは姉が送ってくれたクリスマス・カードです。25日まで飾って楽しめます。綺麗です☆

さて、昨日絵のK先生とお話していて、株のことよりもっと大切な事がありました。

それは、先生の友人でもあり、シュタイナーの人智学研究者でもあるMさんという方の文章が載っている小冊子を読んでいてとっても感動したので、その事を話しました。

その文章は浅野晶子さんという哲学者の文章を引用した部分です。
「・・・・・・こういうことを考え認識していくことが、シュタイナーのいう『』であると思います。
 『・・・・・・わかろう』という意志、これは何か。言うまでもない、優しさである。わからないものをわかろう、自分ではない他人をわかろう、この想像的努力のまたの名は、ほかでもない、愛である。愛の無い人にはわからない、愛のない人が、わかっている以上のことをわかることはあり得ない。なぜなら、最初からわかる気がないからである。わかる気のない人に、なぜわかるわけがあるのか。愛していないものを、なぜわかる気になれるか。
 わかる力は愛である。えてして人は気づいていない、真の知力とは、愛する力である事を』」

この文章を先生に見せたら「あの人はこういう哲学好きですからねぇ・・・」と笑って、
「私が大学生の時、刑法の最初の講義で教授が言った言葉がですね
『理解することは許すこと。許すことは理解すること』でした。
これには参りましたね。素晴らしいでしょう?」

いつもそうなんですが、私が出した問いかけに先生はこのようにより深い言葉を返してくれます。

忘れないようにしっかり手帳に書き留めて帰りました。
| komichi | - | 20:27 | comments(0) | - |


RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND  SELECTED ENTRIES RECENT COMMENTS
LINKS PROFILE OTHERS