小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
「海馬 脳は疲れない」

東京大学薬学部助手の脳科学者 池谷裕二さんと
コピーライターの糸井重里さんの対談本です。

いつものようにまだ半分しか読んでないのですが
すっごく面白いです\(*^▽^*)ノ

文科系の糸井さんと理数系の池谷さんが
同じことを全く別の方面から表現しあう、
その噛み合った会話が面白い。

抜粋したい所は一杯あって、書いてると全文になってしまうので
初めの方で感心した箇所を。

糸井「赤ちゃんは実際に処理できる情報も手段もものすごく少ないんだけど
情報を増やそうという意志があるから輝いて見えるんじゃないかと。
・・・頭がいい、素敵だ、かっこいい・・・そうほめる時って、何か
『この人をとめないで起きたい』って思ってるような気がするんですよ。
・・・僕はいつも、ものごとを枠内に封じ込めて考えをとめようとしてる人を「頭がかたい」「わからずや」って言って憎んでいるような気がします。
・・・一緒にどこかおもしろいところに行けるかもしれない、と思えるような人が、頭がいい人なんじゃないかなぁ。ぼくとしては、『もっといいものなら取り入れる用意がある』っていう人と話していると、気がラクなんです。だから、成長しようとしている赤ん坊がヒントを与えてくれるわけだし、「刺激は要りません」な人がイヤなんですね。」

この糸井さんの考えに私も全面的に賛成です。

あと、なぜ歳をとると物忘れが多いようい思えるのか?とか、
脳が疲れたように感じるのは間違いで、
そのときは目が疲れているのであって、
基本的に脳は疲労しないのだとか
興味深いこと満載の本です。
| komichi | - | 20:45 | comments(0) | - |

コメント
コメントする










RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECENT COMMENTS
LINKS PROFILE OTHERS