小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << May 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
小林直生さんの講演会へのお誘い
「ルドルフ・シュタイナーの死生観」
〜死後の人間と生まれる前の人間はどこで何をしているのでしょうか〜

太古から「人はどこからきてどこへ行くのだろう?」という
根源的な問いとともに人々は生き
そして文化をつくり、文明を築いてきました。
しかし、この問いは現在あまり重要視さていないようです。
多くの人々が、経済優先の社会をつくり
文化と文明、時には宗教さえも
それに順応しているように思えます。
今こそ、この問いを生きることによって
日本をそして世界を活き活きとしたものに
しようではありませんか。
難しい専門知識は必要ありません。
どうをふるってご参加くださしますよう
お願いします。

講師:小林 直生
日時:2013年6月2日(日)pm.1:30開場
            pm.2:00〜4:30
会場:大阪 阿倍野集会場(阿倍野区天王寺町3−7−2 GOROIAN)
参加費:当日2500円 予約2000円
お申込み先:中西 真理 mukonokaze@i.softbank.jp 090-8528-7243

大阪 阿倍野集会所 
JR環状線 
地下鉄御堂筋線 天王寺駅下車 徒歩20分
JR環状線    寺田町 徒歩10分
近鉄南大阪線  河堀口駅 徒歩3分
 
★講師プロフィール★
1954年札幌生まれ。大学で美術史を専攻。1978年に渡独、キリスト者共同体自由大学全過程終了後1958-1999年ドイツで司祭として活動、同時にシュタイナー学校で宗教教育にあたる。1999年に帰国、2000年東京集会所創設時から日本のキリスト者共同体の司祭として活動。2010年8月に大阪府に転居、現在大阪阿倍野集会場にて活動中。
著書「宝石と四季のお祭り シュタイナーの鉱物論入門」「悪を救済するキリストの力」「生きることと死ぬこと」「シュタイナーの時代意識と原子力」他。

<キリスト者共同体>
1922年にルドルフ・シュタイナーの助力を得て創立された人智学を基盤とする宗教改新運動。あらゆる教義(ドグマ)を一切排除し、精神的な自由をもっとも大切にする。北欧諸国、フランス、イギリス、ドイツ、世界35か国に集会があり活動している。日本では2000年に日本東京集会所創設。2012年大阪阿倍野集会場創設。名古屋、札幌で準備会活動中。

主催:智の虹
| komichi | - | 21:32 | comments(0) | - |

コメント
コメントする










RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS PROFILE OTHERS