小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
「花の季節」= 「悲しき天使」
今コーラスで歌っている曲「花の季節」は
テレビ・コマーシャルなどでよく耳にします。

コーラスでもピアノの先生がメロディーを弾いて下さったら
殆どの人が口ずさめる曲でした。

一説にはロシア民謡とかジプシー民謡とか言われていましたが
調べてみたら
ウクライナの歌謡曲をジプシー的にアレンジしたもので
民謡ではないのだそうです。

実はこの曲
私は「悲しき天使」という題名で昔聞いた記憶がありました。
原題は「Those Were The Days」です。

私がたぶん中学生の時です。

メリー・ホプキンという女性が歌って
日本でもだいぶヒットしましたが
私の記憶に残っているのは
ビートルズのポール・マッカトニーが
メリー・ホプキンを見出して
あのアップル・レコードから
最初に出したシングル・レコードだったからです。

1968年だそうです。

今も彼女の甘く優しく、物悲しい声が耳に残っています。

こちらで聞いてみてください。
   ↓
http://www.youtube.com/watch?v=6e_5SaFui4M

| komichi | - | 19:58 | comments(0) | - |

コメント
コメントする










RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECENT COMMENTS
LINKS PROFILE OTHERS