小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << May 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
大阪じゃないけれど・・・
入院中のことです。

私がいたのは3人部屋ですが
半分個室的な部屋で
横長長方形の部屋にドアはひとつ。

入ったら壁で3つに区切られているのですが
こちら向きにはカーテンのみなので
患者同士は独立性は保たれています。

お互い姿は見えないけど音は聞こえます。

私は左側でした。
真ん中の人のところに移動式のレントゲンの機械を押して
技師さん二人とナース一人が入ってきました。

患者さんのレントゲン撮影をするためですが
若い男性の技師さんのひとりが何か大事なものを忘れて来たようで
「あ〜〜!!忘れたわ!しまった、しまった、島倉千代子」と言ったのです。

それを受けた女性看護士さん(中年)が
「ははあ〜〜・・・困った、困った、こまどり姉妹やな(笑)」と。

すると、男性
「え?なんやそれ?」
女性
「え?島倉千代子知っとって、こまどり姉妹知らんの?」
男性
「知らんわ、そんなん」
女性
「知らんの〜〜?そりゃもぐりやな」

などという会話が筒抜けで聞こえてくるわけですが
私としては「さすが大阪やなぁ〜〜(⌒∇⌒)」と感心したわけです。

新喜劇の島木譲二のネタですね。

ここは関西ではありますが大阪ではありません。
が、しかし
さすがの乗りと突っ込みの間の良さ。

気分がとっても明るくなりました。

| komichi | - | 19:42 | comments(2) | - |

コメント
思わず 聞いてて ぷっつ!って(*^。^*)ってわらってしまう会話です。

聴いてとくしちゃった♪ってヽ(^o^)丿

私もそんな楽しい豪快な人になりたいな〜。

まだまだ そんへん遊びがたりまへん です。
| hanamizuki | 2010/12/10 9:46 PM |

hanamizukiさん>私も同感なんです。

このときの看護士さん、本当に明るくて元気貰いました。
もうひとりの看護士さんと
私の腕に点滴の針を射しかえるときも
もう、まるで漫才でしたよ(⌒∇⌒)

関西人としては、もうちょっと修行を積まないといけないですね。
| | 2010/12/11 9:14 AM |

コメントする










RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS PROFILE OTHERS