小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << May 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
マイケルにごめんなさいm( _ _ )m
ちょっと前に放送された「世界仰天ニュース」の中で
皮膚が白くなっていく病気に犯された黒人少女のことをやっていました。

6歳くらいに発病して病院に行っても
原因も治療法もわからず
ただステロイドのクリームを塗るしかなかったそうです。

それから白い部分がどんどん増えていって
学校でもいじめられ、道を歩いていても汚いとか言われて
凄く悩んでいたときに
父親がマイケルの映像を見せて
「この人も同じ病気と闘っているんだよ」と言うのです。

マイケルが大人になって行くに従ってどんどん肌が白くなって行ったのは
調度顔の整形をしたときと同じような時期だったのか
私は白人コンプレックスがあるから
白人になりたくてブリーチしたんだとばかり思っていました。

でも、マイケルはちゃんとマスコミに
自分は「白斑病だ」と発表したそうなんですね。
それをメイクで隠してずっと仕事をしていたと。

そんなこと日本のマスコミは報道してくれたのかしら?
私が知らなかっただけで
もっとディープなファンは当然知っていたことなのかしら?

私はマイケルのことが報道されたら
殆どちゃんと見ていたと自分では思っていました。

だから、奇行ばかりがテレビで繰り返し映し出され
突然億万長者になったマイケルは、
頭が変になってしまったかのような
そんなことばかりが話題になって来ましたよね。

だけど、これも花水木さんが教えてくれて
日本語訳の歌詞がついた映像を見たら、
なんとメッセージ性の強いものが多くて
「この曲の内容がこんなことだったなんて・・・」とびっくりさせられたのです。

そしてその少女ですけど
成人した今の状態は誰が見ても白人としか見えない
全身真っ白な肌をしていました。

そしてこの病気の原因が強いストレスだというのがわかったのだそうです。

少女は黒子くらいの大きさで残っている元の肌の色の部分が
ストレスが減ると広がるのだと言っていました。

だとすると、マイケルがとんでもないストレスに曝されて
それでその病気になったのは充分考えられることですよね。

遠く離れた人のことで
私たちはマスコミを通してでしか知ることができないことと
いつも接して生きています。

だからそれを鵜呑みにするのは危険ですけど
判断の材料が与えられなければどうしようもありません。

人を持ち上げてはバッシングして叩き落す。
そんなことが日夜繰り返されていて
それでご飯を食べている人が大勢いるのだから仕方ないのでしょうけど
もう少し、報道する人は
ちゃんと自分の良心に聞いてみてから報道して欲しいです。
こんなこと言っても無理でしょうけど。

いなくなってしまってから
多くのことを誤解していたことを知って
マイケルに対して
本当にごめんなさいm( _ _ )m
| komichi | - | 17:15 | comments(6) | - |

コメント
私はマイケルの追悼本を読んで、皮膚の病気のことを知りました。

どれだけ多くの人々がマイケルのことを誤解していたのかと考えると胸が痛くなります。今でも皮膚の病気のことを知らない人たちもきっといるでしょう。

過去のマスコミのマイケル報道には激しい怒りを感じてしまいます・・・

生前応援できなかったことが、とても悔しいのですが、亡くなってしまった今、マイケルの残したメッセージ(歌)をしっかり理解して受け止めたいと思っています。



| ユーカリ | 2010/02/14 8:32 AM |

ユーカリさん>全く同感です。

何事も表面だけではわからないことが多いのですね。

そして、よく知りもせずに判断を下してしまうことの
恐ろしさを痛感しました。

高橋巌さんの著書に「反感を覚えることに対しては
『まだ私はこのことをよく知らないのだ』と考えたらいい」とありました。
これは「よく知ればきっと共感が持てるであろう・・・」に続いていくわけですね。

私も最近はマイケルをとってもよく聞いているし
DVDも見ています。
今更ながら惜しい人を亡くしましたね・・・

| 小径 | 2010/02/14 1:01 PM |

高橋巌さんの言葉、心に刻みたいと思います。
| ユーカリ | 2010/02/14 8:06 PM |

私もマイケルジャクソン と検索したら 
ウィキーペディアの辞書画面でマイケルの事が
いっぱい出てきました。

そんな病があるんだ〜って。。。おどろきました。
彼が亡くなってから 思うのは
あれだけの影響力のある人が
あれだけ強烈なメッセージ性のある
 
環境問題、人種問題、虐待、犯罪、について

赤裸々に歌ってしまうことは きっと

本当にそれが面白くない 人達で権力をもつ
人からみたら 邪魔な存在だったろうと。。。
思うのです。

だからああいう報道になって 彼がそれを
受けざるえなかったんだろうなって。。。

けれど 彼の歌声、ダンスで表すパフォーマンスや
メッセージに 直接触れた人には それを覆す程の魅力があって また本当の事を知る人は 彼がなくなった事で
いや!あれは違ったんだ!!って言える勇気を
もらって 今の亡くなってからの 人気になったんだろうな
って感じました。

真実ややってきたことって もし その時報われなくっても
絶対どこかで ちゃんと 形に残るのだろうと
思うとしっかり生きないとな〜って。。。
マザーテレサやマイケルほど すごくなくっても。。。
| hanamizuki | 2010/02/14 8:09 PM |

ユーカリさん>そうですね。

高橋さんからは多くのことを学んでいます。
| 小径 | 2010/02/15 9:58 AM |

hanamizukiさん>きっとそういうこともあるのでしょうね。

ジョン・レノンもずっとFBIに付け狙われてましたから。

自分達にとって不都合な存在を消すのは
その人を貶めるのが一番簡単な方法ですからね。

日本でもそうやって公の場から消えていった人が沢山いると思います。

だからよく気をつけてみていないと
私たちは簡単に騙されてしまうのだと
今回もそう感じました。
| 小径 | 2010/02/15 10:02 AM |

コメントする










RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS PROFILE OTHERS