小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << May 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「わが家の母は病気です」
このブログの右側にお薦めの本を上げていますが
一番下の本
「わが家の母は病気です」中村ユキ サンマーク出版

出かけるときに駅で手にとってみて興味を持ち
買ったのですが
マンガだったので軽い気持ちで読み始めたら
内容はとってもシビアなものでした。

でも、これは読んでよかったです。

統合失調症(昔は分裂病と呼んでいた)の母親を持つ
ユキさんという人が書いたもので
お母さんが結婚するあたりから始まったいるのですが
その過酷な状況には「これは病気になっても仕方がないなぁ〜」と感じました。

だけど、本人の苦しみは当然だけど
家族の苦しみも凄いものでした。

でも、この地獄のような状況にも救いに主は現れるもので
最後の方はハッピーになってくれてるのでよかったです。

日本人は「精神病」などを物凄く忌み嫌う民族だと思います。
昔からの偏見や間違った情報による差別などがまだまだ
脈々と受け継がれているのを感じます。

是非多くの人がこのような本を読んで
実情を知ったらいいなぁ・・・と思いました。
| komichi | - | 16:31 | comments(2) | - |

コメント
自分が偏見や差別の感覚を持っていることを
人は案外自覚していないように思います。
自分の考えが偏見だと気づくことが出来れば、
その偏見を捨てることができるのではないかしら・・・。
でも悲しいかな、人は日々、思いこみ(偏見)で
武装して自分を守っている。そんな気がします。
| アンズ | 2009/11/25 8:00 PM |

アンズさん>仰るとおりですね。

人は一般的に自分がどんな人間であるかを
把握していないで生きていると思います。

また、完全に把握などできるものでもないのですが
その努力はしないといけないでしょう。

自分が偏見を持っているか持っていないか
持っているならどんな偏見かなどを
知るところから始めないといけないですね。

それを知っているのと知らないのとでは
大きな違いだと思います。
| 小径 | 2009/11/26 10:22 AM |

コメントする










RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS PROFILE OTHERS