小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << July 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
一念発起
小学六年まで毛筆習字を習いに行ってました。

その頃まではまあまあそれなりの字を書いていたのですが
中学に入って少ししてから
とっても字が汚くなってしまい
担任だった国語の先生から
「何かあったのか?」と聞かれるくらいに荒れた字を書くようになってしまいました。

別に何があたわけでなく
ノートに必死に書いていると
早く書かないといけないから自然に汚くなっただけなのですが
それからというもの
この乱筆、悪筆がどうしても直らず
ずっとずっとコンプレックスでした。

社会人になってから会社帰りにペン習字を習い始めました。

ところが2ヶ月も通ったころに
先生が他界されてしまい頓挫。

その後も通信で練習してみたりしたのですが
結局これまでまるで子どもの字を書きなぐったようなもので
生きてきました。

でも、ここ半年、いろんなことがあって
つくづく自分を変えたいと思いました。

それには、小林司祭さんがおっしゃってた言葉
「自分を変えるには字体を変えたりするのもいいですよ」
というのを思い出しました。

それで書店にいって自分でできるペン字の練習本&ノートを買ってきて
始めてみました。

まずひら仮名から。

一文字づつ丁寧に丁寧に。

全然思うように手が動かず、
「あ」だけを何十回書いたことか。

初日「あ、い、う」だけで終わり。
翌日「あ、い、う、え」で終わり。
翌々日「あ、い、う、え、お、か」で終わり。
という風に必ず最初から書くことを自分で決めてやりました。

今、やっとカタカナがおわり
漢字にはいりましたが
ときどき最初の「あ」にもどるとまた忘れてる(><)

で、行きつ戻りつですが
少しづつ上達してきたことが実感できてきて
文字を書くのが楽しくて仕方ありません。

用もないのに友人にはがきを書いたりして
「昔の字より少しは上手になったでしょう?」って
褒めてください!!見え見えの文面です(笑)

数字もアルファベットも漢字も全て
綺麗に思うように書けるようになりたいと思っています。
| komichi | - | 14:02 | comments(10) | - |

コメント
僕も、人に言えない悪筆です。

でも、万年筆を買ってから、ちょっと意識してきれいに書こうと思うようになりました。
背筋が伸びるというか。

安いものもあります。「勝負万年筆」、いかがですか?
| まろ | 2009/10/12 3:01 PM |

字の練習を始められたとか、
とてもいいことだと思います。

子供達が習字教室に通っていた頃、
私も一緒に習っていました。
最初の何年かはペン習字、その後毛筆に転じ、
7、8年通ったと思いますが、
先生はいい方だったし、とにかく楽しかったですね。

最初は小径さんと一緒で、
字が上手になりたい一心でしたが、
教室に通い出して、ただ字を書くということが、
本当に楽しいと初めて知りました。

それとこれは経験上確信しているのですが、
全てのお稽古事の中で、
誰でも必ず上手になるもの、
そして、わりあい早く上達するのが字だと思います。 
ただ、これは大人の場合かもしれませんが、
稽古をやめると、あっと言う間に元に戻るのも
字ですね。
私も一時は、そこそこイケているのでは?
と思っていたのですが、
いつの間にか教室から足が遠のいてからというもの、
今では、元の木阿弥。
いや、前よりひどくなっています。

私も含めて現代人は、
字を書くにもパソコン等を使うことが多く、
先生も「手の筋肉が退化していくんでしょうね」
とおっしゃってました。

稽古をやめるとあっと言う間に元に戻るのは、
そういう理由もあるようです。

だから上手な字を書き続けたいと思ったら、
稽古を続けることですね。
ま、当たり前のことですけど。

| すま猫 | 2009/10/12 3:43 PM |

まろさん>勝負万年筆ですか?!

今はボールペンで書いているのですけど
万年筆という手もありますね。

機会があったらお店を覗いてみますね。
| 小径 | 2009/10/12 7:31 PM |

すま猫さん>昔お互いの悪筆を嘆きあったことが
ありましたね(笑)

あの後すま猫さんが習いに行き始めて
みるみる上達されたのは
記憶にありますよ。

でも、やめたら戻るんですか?!\(@o@)/!

それなら、やはり生涯練習・・・とでも思っておいたほうがいいですね。

いずれ、どこかに毛筆を習いに行きたいとも思っています。

夫の父が70歳を過ぎてから習字に通い始めて
現在91歳ですけど今でも2箇所に通っているそうです。

夜になると必ず毎晩
新聞の文字をノートに書き写して練習している姿は
結婚当時から見ていましたので
偉いな〜〜!と感心していました。

私もぼけ防止に続けようと思っています(笑)
| 小径 | 2009/10/12 7:36 PM |

習字をしていたとき、良かったと思うのは、
字が上手に書けるようになるということ以上に、
1週間に1回(1日)でも、
「非日常」の世界(時間)に
浸れるということでした。

字を書くという行為、
或いは上手な字を書くということは、
日常生活にどうしても必要なことではありません。
しかし、その一見不必要なことをする、
という、そこに意味があるのだと、
何年か通っているうちに気付きました。

これはお茶のお稽古等にも、
当てはまることだと思うのですが、
一見、日常生活に関係なさそうなことをするという、
その「時間」そのものに意味があるのですね。

(本当は茶道は日常生活生活に
大いに関わっていると思うのですが、
それはまた別の話です)

仕事に追われ、時間に追われる現代人は、
そういう「非日常」の時間を、
週に1回でも持つことによって、
後の「日常」との間にメリハリをつけられると
思うのですよ。
| すま猫 | 2009/10/12 8:33 PM |

小径さん、ペン習字をやり始めたんですね!
PCで何でもできる今でも、やっぱり美しく書かれている文章には感動しますね。
というか、こういう時代だからこそ、光るモノがあります。

私も小学校低学年から中学校2年まで毛筆を習っていました。中学からは崩した文字・・行書?でした。
が、これは実社会では全く役に立たず・・

ペン習字をやっておくべきだったと今さら思います。
しかも習字は、自分が習いたくて行ってたわけじゃないから楽しいと思ったことなどありませんでした。
習字と同じ曜日にピアノもあって、忙しかっただけのような記憶が(><)

習い事は自分から求めて初めて上達するものですよね、うちの親はそこらへんから違うのよね(笑)

小径さん、凝り性だから肩がこらない程度に楽しく進めてくださいね。
上手になったらお手紙くださ〜い!(^^)/
| チョコ | 2009/10/13 9:30 AM |

すま猫さん>「非日常」ですね。

おっしゃることよく分かります。

私の場合はそれはコーラスで堪能しています。
ただ、ひたすら歌うこと
音程やリズムや口の開け方のみを
延々練習し
ときには先生の素晴らしい声と
ピアノ先生の素晴らしい演奏を聴けて
それだけで、日常を忘れます。

茶道は私も昔習っていましたが
あれは私の性格にはあわない・・・せっかちですから(笑)

習字もいつか教室にいけたらいいなぁと思っています。
| 小径 | 2009/10/13 7:45 PM |

チョコさん>チョコさんはお稽古事だらけだったんですよね。
凄い教育ママのお母さんをお持ちで(笑)大変でしたね。

そう、何でも人から強制されると好きなものまでイヤになります。

だから、自分でやりたいと思うことを
するのが一番ですね。

どこまで続くかわからないけど
そのうち、「達筆」でお手紙書きます。

期待しないで待っていてください(爆)
| 小径 | 2009/10/13 7:48 PM |

わたしも小径さんと同じく会社帰りに通ってました。
小学校の時にも習ってましたが これはほとんど 効果なかったような。。。

昔は手紙間でしたが 今はバタバタしていて 書く時間をとれないのですが 手紙っていいですよね〜。

字を丁寧に書くって心に余裕がないとできないので
書くときを逆に利用して 心を落ち着かせたらいいんですね〜

色々気づきがありますね。

わたしも少しでも きれいにかいてみようっと。。。
(*^。^*)
| hanamizuki | 2009/10/16 8:10 AM |

hanamizukiさん>hanamizukiさんの字か可愛くてとっても綺麗ですよ。

読んでいて心があったかくなる字ですから
どんどんお手紙書いてください。

きっと貰った方は嬉しいと思います。

いつもメモをつけてくださる紙も可愛くて
「もしかしたら同類人間かな?」って期待していましたが、やはり同じでしたね。

女優の宮崎あおいさんも
手紙や絵葉書やシールなどが大好きで
いつも書いてお友達にだしていると
以前テレビで見ました。

メールが全盛でもこういう若い人もいるんですね。
| 小径 | 2009/10/16 5:29 PM |

コメントする










RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS PROFILE OTHERS