小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
TERUさんフルメイク?
HSSSのトップが変わりましたね。

新曲「I AM XXX」のPV。

この曲物凄く気に入ってます。

PVも久々にハードでいいですね。

あまりはっきり見えないけど
TERUさん、バッチリ、アイメイクしてませんか?

こういうの好きです〜〜(⌒▽⌒)/

「音楽と人」
昨日娘が買って来てくれました。

メンバーソロの写真はやっぱり変です(笑)
突っ込みどころ満載ですね。

記事はまだ読み中です。
| komichi | - | 19:35 | comments(5) | - |

コメント
「音楽と人」ゲットしたんですね。
面白い(!?)でしょう。(笑

記事の方も、なかなか面白いです。(違った意味で)
印象的だった言葉は・・・
TA「俺たちが賢かったのは、やりたくないことを好きになる努力をしたこと」
TE「バンドをやってなかったら、田舎で田んぼ耕してた」
HI「今だから言えるけど、このアルバムはやり過ぎた」(「ONE LOVE」に関して)
JI「明らかに俺が精神的におかしくなってて」(「HEAVY GAUGE」ツアーに関して)
全員インタビューのTE「ミュージック・ヴァケーション」

「I am xxx」は、久々に大当たりな感じです♪
こういうサウンドを待っていました。

読書ネタの続きです。
三浦綾子さんの「母」を読み終え、勢いで「塩狩峠」再読。
3分の2くらいまで読みました。
ええ〜?こんなに面白かったっけ・・・
確か高1の時に、国語の授業で感想文書かされた記憶があるんですが、「内容に関する記憶」は全然無いんですよ。
やはり提出期限があったり、自発的に読んだのではなかったからかな・・・
再読のきっかけを与えてくれた小径さんに感謝です。
| muupontm | 2009/05/16 7:52 AM |

muupontmさん>「音楽と人」読了です。

記事の内容も面白かったです。

他できいたことのないこともあって
それは上でmuupontmさんがピックアップしてくださっているところとほぼ同じですが
ひとつ、
私が「あれ?」と思ったのは
全員インタビューのところで
「EXPOは当時の会社の社長の夢であって
自分達がやりたかったことと違っていた」みたいなことあってでしょう?

その後にJIRO君が「今の自分達の会社の体力では
EXPOは無理」と言った言葉には納得できるけど
あのときには「これが自分達の一生涯のテーマだ!!」と
言い切っていたと思うのです。

これは大人の事情なのでしょうかね?

「塩狩峠」・・・凄いでしょう?
私は号泣した覚えがあるのです。

私も再読してみようかしら?

あと「泥流地帯」とかも面白かったような記憶があります。
| 小径 | 2009/05/16 5:47 PM |

EXPOに関しては私も引っかかるところで、「GLAY EXPO 2001 GLOBAL COMMUNICATION」ドキュメントDVDを、フルで見返してみました。(もう8年前・・・「お互い」いろいろあったねえと思いつつ)

新門司のラストシーンは、今でも泣けます。
本人達も、「本当に嫌なこと」だったらやらなかったと思うし、嫌々やってたら(「これも仕事」ってことで)こんなに感動を呼ぶシーンにはならなかったと思いました。

もともとの言い出しっぺがスタッフ側だったとしても、それに向けて動き出したら本人達もその気になって、「一生涯のテーマ」という発言も、あの時は「心から」の言葉だったのでは・・・と解釈しました。
若かったし。

4人とも顔が変わった・・・「老けた」(笑)っていうんじゃなくて、表情が「大人」になりました。
あの頃のキラキラしてた4人もモチロン大好きだけど、今の4人は本当にステキです。

| muupontm | 2009/05/17 8:06 AM |

追加です。
「塩狩峠」読み終わりました。
ラストを公の場所(ワインイベントのロビー)で読んでいて、涙をこらえるのが大変でした。

「泥流地帯」ですね。早速図書館でチェックしますね。

| muupontm | 2009/05/17 8:16 AM |

muupontmさん>そうですね。悪意にとることはなくて
あの時はやっぱりみんな一生懸命に同じところに
向かっていたのだろうと
私も思います。

久々のアー写いっぱいですけど
凄くいい写真ですよね・・・これは「音楽と人」だけじゃなくて他のも含めてです。

「泥流地帯」・・・内容は殆ど覚えていないのです、すみません。ただ感動した記憶が残るのみ(笑)

感想お待ちしています。

私は今はちょっと読書中断なので
また少ししたらあれこれ読んでみますね。
| 小径 | 2009/05/17 7:12 PM |

コメントする










RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECENT COMMENTS
LINKS PROFILE OTHERS