小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << July 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
イタリアでの結婚式の式次第

今日は3週間振りのコーラスでした。

本当は先週もコーラスのはずだったのですが
先生の息子さんでピアニストの吉川隆弘さんが
イタリアのミラノで結婚式を挙げられたので
お休みだったのです。

今日はその時のお写真もみせていただき
カトリック教会での厳かな結婚式で配られたという
式次第を私が戴いてしまいました。

中は全部イタリア語で(当然です)全然読めないのですが
表紙が綺麗で、さすが歴史の深い芸術の国だな・・・と関心しました。

先生の息子さんは本当に長身でハンサムなのですが
新婦がこれまた、女優さんかとみまごう綺麗な女性でした。
ただ美人だというだけでなく、ほんとに知的。
それもそのはず、心理学者なのだそうです。

そして、なにより、新郎の母である我らが先生が
とっても、素敵!!

お写真を拝見して、みんな声を揃えて
「せんせ〜〜、凄いすてき、すてき!!
日本代表でひときわ光ってる☆」って
喜んでしまいました。

別に競争してるわけじゃないけど
やっぱりね・・・そこは東洋人とは顔立ちが違う人々の間にはいって
全然負けてなくて、ばっちり互角に勝負できる人って
そうそうはいないじゃないですか?

新郎の父上、つまり先生の旦那様も長身でハンサム。
だから、日本代表親子3名!
イタリアで大健闘☆
勝利を挙げてきました〜〜\(*^▽^*)ノみたいな感覚ですかしら(笑)

お式の様子や、その後にこれは予期せぬ出来事で
新婦のおばあ様が翌日亡くなられて
そのお葬式にも参列してこられたそうで
日本とは全然ちがうその様子なども
お話を聞いて、とっても興味深かったです。

あちらは火葬しないので、棺のまま
大きな建物のようなお墓にどーん!と納めて
コンコンコンと扉を閉じて、はい、終わり!
三々五々解散なのだそうです。

そういう様子は映画で「ロミオとジュリエット」とか
「アマデウス」とかで見てはいましたが
現実の話として身近に聞くとまた違ったものがありました。

あ、時間がないので
続きはまた次の記事で書きますね。

| komichi | - | 17:42 | comments(4) | - |

コメント
興味深く読みました。
| eiko | 2008/07/10 12:36 PM |

eikoさん>いつも見て下さって、ありがとうございます。
| 小径 | 2008/07/10 5:57 PM |

え〜火葬しないのですか。。。知らなかった。

すごい沢山の場所がいりそうですね。読んでてびっくりです。
| harumama | 2008/07/11 10:54 PM |

harumamaさん>火葬はしないけど、土葬でもないんですよ。

それぞれの家に大きなお家のようなお墓があって
その中に保存するわけです。

あちらは凄く湿度が低いから自然にミイラ化していくみたいですね。
これは「ロミオとジュリエット」の映画でみました。

日本ではとっても真似できない方法ですけど。
| 小径 | 2008/07/12 7:44 PM |

コメントする










RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS PROFILE OTHERS