小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
白じゃないです、赤です

以前muupontmさんからのHISA君情報で
博多のお土産で「赤い恋人」が美味しい・・・と聞いたので
探してみました。

ありました、ありました。
「チューブ入りコンニャク辛子めんたい」なんですけど
3本入りで1050円。

ちょっと高いな・・・と思ったのですが買って帰って
実家でまず1本開けてみました。

魚肉ソーセージってあるでしょう?
あれの赤いコンニャク版で、1cmくらいに切ってそのまま食べたら
これが結構いけるんです。

辛子めんたい嫌いじゃないけど、
私はあまり辛いのは苦手で、
めんたい1cmあったらご飯半分くらいなくなってしまいます。

これはコンニャクで薄まっている感じだからめんたいの美味しさも
少しは薄まっているでしょうけど
これなら数切れはたべられる。

フライパンで焼いてもいいらしいので
明日はそうしてみます。

それにしても、このネイミング・・・凄い度胸ですね(笑)
| komichi | - | 18:30 | comments(6) | - |

コメント
出ました〜赤い恋人!
この「ふざけた感じ」がHISA好みかと・・・(笑
「白」の方にケチが付いた今となっては、こっちが主流に?・・・なんてことは無いか。(笑

CNCは、大真面目な音楽談義ギター談義の他に、こういうおバカネタ満載だったので、番組終了して2ヶ月近く経って、今さらながらすごく淋しいです〜

「百年の孤独」(byガルシア・マルケス)を、昨日から読み始めました。
最初の5ページで「飲み込まれる」感覚。
これは・・・アンケートで1位になっただけの事はあるかも。

解説を梨木香歩さんが書いてます。
梨木さんと言えば、「西の魔女」が映画化されますね。
「おばあさんが亡くなってしまう話」というのは、私にとってタブーだったので読めないでいたのですが、今なら読めそうなので図書館に予約。
「今年」映画化っていうのも、運命的な感じです。


| muupontm | 2008/05/23 8:35 AM |

muupontmさん>先ほど、我が家で「赤い恋人」を食べました。
夫にはあまり評判よくない感じ。
辛さが足りないそうで・・・
私はこれくらいで充分なので、私一人で食べてもいいです。

今度CNCが始まったら、私も300円払っても聞こうかな・・・と思っています。

無料で聞けるバギクラはLIVE後の生以外は聞いてないし、テルミーも時々でいいかな・・・って思います。

「百年の孤独」・・・これも要チェックですね。

「西の魔女」は映画化されたら見てみたい気もします。

「チボー家」やっと8巻目に入りました。
6巻目からグイグイと引き込まれ、これまでのある意味緩慢な話の進み具合が、全てプロローグであったことがはっきりして来ました。

7巻目の「父の死」これは面白かったです。
この著者の心理描写は凄いですね。
笑ってしまうくらい、凄かった。私、とっても心当たりがあるんですよ。この父親の心理に。

これからが益々楽しみです。
| 小径 | 2008/05/23 7:40 PM |

西の魔女 映画化されるんですか!!

妹の本だったのですが読んでとっても
面白かった。

魔女って素敵って思ってしまったのを思い出します。

それにしても赤い恋人 。。。
ネーミング本当にすごい度胸。

私も辛いのちょっと苦手です
カレーも甘口でもおいしいと食べてたら
子どもか〜って良く言われます。(^^;)
| harumama | 2008/05/23 9:00 PM |

harumamaさん>「西の魔女」おもしろかったですね。
日本の小説としてはちょっと違ったテイストで。

「魔女って素敵」・・・ほんと、素敵な魔女になりましょうね(笑)

harumamaさんも辛いの苦手組ですか?
私はカレーはさすがに中辛ですけど、唐辛子系がとくに弱いです。
| 小径 | 2008/05/23 10:14 PM |

http://nishimajo.com/top.html

↑貼り付けておきます。

さて「チボー家」。
いよいよ「1914年夏」に突入ですね。
「全てプロローグ」・・・そうですね。
パリの一家族の話が、フランスひいては全ヨーロッパの物語へと広がって行きます。
この「1914年夏」の前に、著者デュ・ガールは「出帆準備」という章を殆んど書き上げていたそうです。
それをテ〜イ!って(笑)破り捨てて、書き直したのが「1914年夏」ということ。
そしてノーベル文学賞受賞です。
本人の思い入れも、相当なものだったことでしょう。

話は変わって・・・
MARTYでキーホルダー作りました♪
ワンコの形でイニシャル付き♪
可愛いですよ。

もうひとつ。
昨年アップしてくれた「バラの小径」が、今年も見事に咲き誇っています。
| muupontm | 2008/05/24 7:51 AM |

muupontmさん。「西の魔女」のサイト、ありがとうございます。

これは是非見たいですね。
景色や建物のイメージが、結構いけてるじゃないですか。

楽しみです。

「チボー家」・・・これからいよいよ第一次世界大戦に突入していくわけですね。

わくわくしていますが、その前に今は「NANA」18巻をまた読んでいます(笑)
他にも面白そうな本をみつけちゃって、時間と目がもうワンセット欲しいです。

芦屋「MARTY」ですか?
キーホルダー、また見せてくださいね。
| 小径 | 2008/05/24 8:00 PM |

コメントする










RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECENT COMMENTS
LINKS PROFILE OTHERS