小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << July 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「ホルモー六景」

同時進行で読んでいたのでこの本
「ホルモー六景」万城目学著 角川書店
も今日読んでしまいました。

昨年の夏にジャケ買いした「鴨川ホルモー」の続編です。
「鴨川ホルモー」も「ホルモーっていったい何やねん?」だったのですが
読んでみたらそりゃあ面白かった\(*^▽^*)ノ

だからこれもかなり期待して読み始めたのです。
そしたら、短編みたいで「あ〜だから六景・・・つまり六編入ってるのね」
と思ってちょっとがっかりでした。

でも読み進むにつれて時間が今から過去に遡ったり
今と過去が絡み合ったりしてだんだん引き込まれ
ついに、最終編の「長持の恋」の終わりでは
自分でもびっくりするほどに泣いてしまいました。

これは私の個人的なこととも関連していたからかもしれないけど
殆ど嗚咽。涙がとめどなく流れしばし呆然。

ふ〜〜、面白かった・・・ということで
少ししたらもう一度読み返したいと思いました。
| komichi | - | 20:00 | comments(4) | - |

コメント
次々と読書ネタで嬉しいです。

「ホルモー」は立ち読みしかしてなくて、「面白い本」という印象しか無かったので、「嗚咽」は意外。
↑も手に取ってみます。
(気になる本がたくさん。大変〜)←嬉しい悲鳴

「陰日向」について。
私は原作は読んでなくて、HISAの話だと「原作の方が断然いい!」そうです。
映画とは別物・・・みたいです。
映画だけ観た感想は、そうですね〜無理に「感動話」に持って行こうとしてる?みたいな。
その割には泣けなかったです。
| muupontm | 2008/02/27 8:03 AM |

muupontmさん>「鴨川ホルモー」はただ面白い!という
以上になにか不思議な感じがしたのですが
それは場所が京都だということで
こちらに親しみがあったからかもしれないのですね。

時空を越える話はこのところ
あちこちで題材として使われているけど
私は「ときお」のように
単に時空を越えたところでおこる話というのは
ちょっとずるいと思うのです。

でもこの「鴨川・・・」はまたそれとはちょっと違う
時空を感じることができるようです。

そして今回はこの「鴨川・・」を読んでいないと
話の面白みが伝わらない思います。

すっとぼけた文章と内容の中にピリッと真実が光る☆
みたいなところが好きです。

前の登場人物があちこちに出没するので
その関連で面白い、というところもありますから。
| 小径 | 2008/02/27 10:14 AM |

「鴨川ホルモー」を図書館で検索したら、ナント303人待ち!
同じ作者の「鹿男・・・」がTV放映されてるためか、大人気みたいです。
まあ「いつかは」順番が廻って来るだろう・・・と、予約を入れてみました。
立ち読みではなく、ちゃんと読んでみます。
| muupontm | 2008/02/28 8:41 AM |

muupontmさん>303人待ちですか?\(◎o◎)/!

「鹿男・・・」ドラマ見てないので
次はこれの原作を読もうと思ってます。

「鴨川・・・」はmuupontmさんの趣味にあうかどうか
わからないので、あまり期待しないでくださいね。
| 小径 | 2008/02/28 7:49 PM |

コメントする










RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS PROFILE OTHERS