小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << May 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「愛なき世界」
前々回の「三年B組・金八先生」で
失恋した生徒をなぐさめるために
モンジャを食べながら金八さんが話した
自分の初恋のエピソードがありました。

その中に、自分が好きな女の子が別の男子と楽しそうにしている様を
目の当たりにした時に、ちょうどバックで鳴っていた曲が
ピーター&ゴードンの「愛なき世界(THE WORLD WITHOUT LOVE)」だった
という下りがありました。

金八さんはその曲の出だしを口ずさみます。
「Please lock me away
and don't allow the day
Here inside where I hide
With my lonelliness」

「先生、まだ覚えてるんだ!」と男子生徒はびっくりしますが
そういうことって何十年たっても忘れないものだと
同じ年代の私は思います。

別に私はこの曲と失恋が結びついてるわけじゃないですけど
この曲は好きでしたね〜〜。

レコードを持っていなかったので
ずっとずっと聞いてみたいと思っていました。

それで数年前にやっとCDを見つけて買いました。

金八さんを見終わった後にまた急に聞きたくなって
CDを引っ張り出して来ました。

実はこの曲の作者はビートルズのポール・マッカートニーなんです。

その当時のポールの恋人、ジェーン・アーシャーの
お兄さんがこの「ピーター&ゴードン」の
ピーター・アーシャーだったんです。

この事を知ったのはずっと後になってからでしたが
作者を知らなくても、やっぱり自分の好みっていうのは
変わらないんだな・・・と感じました。
| komichi | - | 20:29 | comments(2) | - |

コメント
ナニワのギタリスト、石田長生さんという人が、何年か前にカバーして録音してるんです。
『JUKE BOX』っていうCDでもう廃盤なんですけど、きっと何か強烈な思い出があるんじゃないかなって思いました。

音楽のすごいところは、その頃の匂いまで思い出させてくれることだと、常々思っています。
そのためには、プレイヤーの前で正座して、歌詞を読みながら何度も何度も聴く事が必要だと思うんですよね。
うちの子ども達はまだ、BGMみたいにして聴いています。それはそれでいいんですが、いつか正座して聴く曲にめぐり合って欲しいと思います。

| まろ | 2008/01/26 8:08 AM |

まろさん>本当にその通りです。
音楽の力は凄いですよね。
ちょっと耳にしただけで、あの時の情景も音も、そう、匂いも一瞬のうちに蘇らせます。

まろさんもプレイヤーの前で正座して聞いたのですね。

それこそ、レコードが擦り切れるまで
何度も何度も聞きましたね。

歌詞カードを自分のノートに書き写す!
これも楽しみのひとつでした。

今でも私達GLAYファンは
GLAYがテレビ出演するときは
テレビの前に正座して見ます(笑)

そして歌詞カードを見ながら何度も練習します。
だって、LIVEで歌わせれるんだもん。

まろさんの息子さんはとっても将来有望ですから
きっとそのうちBGMじゃなくなりますよ。
| 小径 | 2008/01/26 7:21 PM |

コメントする










RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS PROFILE OTHERS