小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << September 2013 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
「銀二貫」
最近いつになく時代もの小説に嵌っています。

「命もいらず名もいらず」山本兼一著 集英社文庫
名前だけ知っていた
山岡鉄舟という人の伝記小説でした。
上下2巻をあっと言う間に読みました。
幕末をこの人の側からみた状況はまた新鮮でした。
兎に角凄い人!!\(^o^)/

「清州会議」三谷幸喜著 幻冬舎文庫
これは戦国時代の話ですけど
現代語訳で書かれています。
三谷ワールド全開で面白かったです。
燃え盛る本能寺での信長の
「熱いな。だいぶ熱くなってきた」という
モノローグから始まり
全編がそれぞれの登場人物のモノローグです。
映画化されますね。
楽しみです。

そして「銀二貫」高田郁著 幻冬舎時代小説文庫
「大阪の本屋と問屋が選んだ
ほんまに読んでほしい本」という帯の文に惹かれました。
345ページを二日で読みました。
読みだしたら止められせんでした。
胸が熱くなる本当に「ええ話」でした。
とくにお奨めです\(^o^)/
| komichi | - | 09:57 | comments(1) | - |


RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND  SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS PROFILE OTHERS