小径あるけば

ROCK大好き、GLAY大好き、映画、読書大好きな小径が日々の生活の中で、興味を持った色々な物や出来事、感じたことをとりとめもなく書いてしまいます。ルドルフ・シュタイナーやホメオパシー、フラワー・エッセンスなどももっと勉強したいと思っています。スピリチュアルな世界にも興味津々。とにかく楽しく笑って生きて行こう!!よろしかったらコメントして下さいね(^v^)/

  << March 2013 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
来たれGLAY!
りょうこさんのブログで知りました。
函館のホテルニューオーテさんのブログ引用です。
     ↓

ホテルニューオーテ オーナーズブログ

函館の話題や観光情報、ホテルニューオーテのご紹介

2013年3月 1日 (金)

来たれGLAY!

今年の函館観光は、GLAYの凱旋ライブを筆頭に、JRA函館競馬開催日程倍増(札幌競馬場改修のため)など好材料に恵まれています。・・・が、経験則から好材料が見えているときほど意外と芳しくないものと、足元の状況などから少し不安な今日この頃・・・。

さて、そのGLAY凱旋ライブ。宿泊業は好調どころか既に予約で市内在庫なし。しかし、諦めることなかれ。間もなく主催者側から公式発表があると思いますが、ホテルは取れていても交通手段が確保できていなかったり、あるいはチケット以前にホテルを確保している向きもあるようで、想像を超える人気から会員でも落選がありうると聞くチケットの動向次第で、まだまだキャンセルが発生する可能性があります。公式発表前後にホテルへ問い合わせてみると、思わぬ朗報にありつけるかもしれません。

我々地元の観光業界も、ただ手薬煉を引いてGLAYファンを待っているわけではありません。先日、主催会社と事前打ち合わせを行いました。何せ、2万数千人が2日間に渡って当地を訪れる、函館観光史上最大ともいえるビッグイベント。これが成功すれば、これから隔年といわれている凱旋ライブが確定するだけではなく、ビックアーティストの野外ライブや様々な野外イベントの誘致に弾みがつくわけですから。業界のみならず、市をあげてサポート実行委員会を設立し、函館を訪れる多くのGLAYファンの皆様へ、心をこめておもてなししたいと思っています。私も当日、交通整理に誘導に、汗を流す所存です。

話では、GLAYファンは”聖地”函館を訪れるため、例年なら追いかけるアジアツアーを諦め、函館に向けてお金を貯めているのだとのこと。あおりで、アジアツアーの集客は芳しくないと聞きました。既に下見するファンもいます。メンバーのサインがある当ホテル1階テナントに、夏にまた来るというグループが訪れているのをこの目で確認しています。函館ブランドが国内のみならずアジアで輝くチャンスです。

来たれGLAY!
| komichi | - | 19:28 | comments(4) | - |


RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND RECOMMEND  SELECTED ENTRIES RECENT COMMENTS
LINKS PROFILE OTHERS